キュアブロッサム


「大地に咲く一輪の花! キュアブロッサム!」


キャラクターの概要です!


大人気 大きな 子供向けハートフル変身 ギガヴァイオレンス ヒロインアニメ「プリキュアシリーズ」の
5代目にあたる7作目『ハートキャッチプリキュア!』のメイン主人公。
本名は「花咲つぼみ」。私立明堂学園中等部2年生に転入学してきた14歳。声は水樹奈々氏。

キュアムーンライト(後述)が「砂漠の使徒」に敗れる夢を何度も見ており、転校早々その使いである妖精「シプレ」と「コフレ」に出会う。
砂漠の使徒によって怪人「デザトリアン」にされた来海えりか(キュアマリン)の「こころの花」を取り戻すためプリキュアとなり、砂漠の使徒と戦うことになる。

素直で礼儀正しく、誰に対しても丁寧な口調で話す。
幼い頃、仕事で忙しい両親の代わりに育ててくれた祖母の影響で、ことわざや四字熟語が妙に得意でもある。
戦闘中でも「その手は桑名の焼きハマグリです」など、時々古い言い回しが出る。

初戦の身体能力に驚いてばかりの情けない戦いぶりから、初期は敵や妖精達からも「史上最弱のプリキュア」と呼ばれてしまっていた。
以降、初変身時に高く跳びあがりすぎて慌てるのは「顔面キャッチ」と並んでほぼ恒例行事となっている。
一方、「史上最強のプリキュア」と言われるキュアハートは初変身直後で幹部2人を同時に余裕で相手にし、高く跳び過ぎても冷静であった。

とはいっても、足りない才能を努力で補うタイプのキャラであり、
第一線を退いた先輩に最後まで励ます忍耐強さや一生懸命さは作中の多くの人間を引っ張っている。
夢中になるとすべての弱点を克服し決めるときはキチンと決めるためリーダーとしての素質は高い。

砂漠の使徒との決着より2年後は明堂学園高等部に無事進学、宇宙に行く夢を叶えるために米国NASAへの就職を目指して
英語の勉強と高所恐怖症の克服に勤しむ日々を送っている模様。


戦闘ではプリキュアの伝統に従ってオーソドックスな徒手格闘がメインだが、技名は奇抜であり、
ネーミングセンスに関しては翌年の某魔法少女とどっこいである。
おしりパンチ」は敵キャラにも突っ込まれた(技自体はなんのことはない単なるヒップアタックだが)。
後には「ぜんぶパンチ」や「からだパンチ」)なんてのも出てきた。見た目はただの体当たりで 敵が羨ましく思えてくる やっぱり普通なんだけど。
一応「ブロッサム・フラワーストーム」などの普通なセンスの技名もちゃんとある。
そもそも肉弾戦が主体のプリキュアシリーズでは必殺技以外の技に名前が付くこと自体が結構異例であり、
格ゲー的にはありがたいところではある。
必殺技は個人武器「フラワータクト」から放つ浄化光線「プリキュア・ピンクフォルテウェイブ」。

+MUGENシルエット

「くらえ… この愛! プリキュア! こぶしパーンチッ!!」


ニコMUGENで活躍著しい最中、テレビ放送最終回で 「ハートキャッチプリキュア 無限シルエット」 に合身を果たした。
ネーミングセンスがぶっ飛んでるだけで別にMUGEN進出祝いではない、あしからず。

「プリキュアハートキャッチオーケストラ」(後述)で召喚した女神様がおおむねキュアムーンライトをベースにした容姿だったのに対し、
無限シルエットではキュアブロッサムを基調とした容姿へと変化している。
最終局面では心が折れそうになるムーンライトをブロッサムが叱咤する先輩越えの場面もあり、
かつては最弱と呼ばれたブロッサムがメンバー最強の心を持つプリキュアとして覚醒したことを
印象付ける最高の最終回となっている。

「私……堪忍袋の尾が切れました!」


+他の3名+1名について
本作のプリキュア共通の力として、変身アイテムである香水瓶ココロパフュームにこころの種をセットし吹き付けることで特殊能力を使用できる。
作中では加速能力を発動するレッドの種や、戦意を上げるマゼンダの種が使用された。
また、変身前・変身後共に妖精が変化したマントを着けることで自在に空を飛ぶことができる。
なお、これらの能力はムーンライトとフラワーに関しては変則的となっている。
以下の記述の内、ストライカーとしての行動はmarisya氏作のキャラクターによる。
+キュアマリン

「海風に揺れる一輪の花!キュアマリン!」


つぼみの相方にして準主人公…なのか?。
CVは水沢史絵氏。
mugenではマリンダイブで突撃後、敵の起き上がりにマリンシュートを重ねる。
ブロッサムは相手がダウンしている間に追い打ちを掛けるかマリンシュートと挟み撃ちを掛けるかを選べる。

本名、来海えりか(くるみ-)。
母は元世界的モデルで現注文服店のオーナーデザイナー、父も数々の賞に輝いたカメラマン。
その血を引いてか服飾(コーディネートも裁縫も)が趣味。学校でもファッション部の部長だが廃部寸前であり、あらゆる手段でつぼみやいつきを引き込んだ。
つぼみとは学校で席が隣、家が隣、部活も一緒。学園生活の1から10までつぼみをリードするしっかり者。
当初こそ低身長や空気読めないなどが原因で、高校生モデルである姉・ももかへのコンプレックスの塊になっており、
積極的だが自分勝手な面が目立つ性格だったが、つぼみと過ごすうちに徐々に思いやりや協調性を身に付けていった。
実は勉強(やればできるもののそこまで好きではない)、運動、料理なんでもござれの完璧超人。
いち早く姉へのコンプレックスを克服したとあって、シリアスな背景を持つゆりや、武道家兼生徒会長故かやや固めのキャラのいつき、
自身の成長というテーマを抱えるつぼみに囲まれながらマイペースを崩さず、
最終決戦では地球が砂漠化される緊迫した状況の中で
「笑っちゃうよね。たった14歳の美少女がデューンと戦うなんて」「ちょっくら地球を守ってこよう!」
とのたまうなど、最後までオレ節を貫いたのであった。
コラそこ、「地球が砂漠化したのはあんたが 『だいたい砂漠の王って言ったって全然迫力無いじゃん!なのになーんか偉そうに喋っちゃってさあ!』 とデューン様ディスったからだろ」とか言わない。

「スマイルプリキュア!」で「ファッションデザイナー」の「来海先生」という人物が会話の中でのみ登場するが、えりかの母のことかは不明。

プリキュアのことは夢でしか知らなかったが、自分が変身するイメトレで特訓していた。
そのためプリキュアとしてのセンスは最初からクライマックスで、水や衝撃波を用いた打撃攻撃をメインに暴れまくる。
「プリキュア大爆発」「プリキュアインパクト」「シャイニングフォルティシモ」などの協力技のキーパーソンでもある。
必殺技はフラワータクトから放つ「ブルーフォルテウェイブ」。

「海より広いあたしの心も、ここらが我慢の限界よ!」

+キュアサンシャイン

「陽の光浴びる一輪の花!キュアサンシャイン!」


追加戦士その1。
変身前は男装僕っ娘生徒会長、変身後は金髪ツインテへそ出しとこれでもかと属性をつぎ込んだ夏のテコ入れ要員。
CVは桑島法子氏。
mugenでは攻撃判定のある反射盾を構える。

本名、明堂院いつき(みょうどういん-)。
プリキュアメンバーが通う中高一貫校・明堂学園のオーナーにして明堂院流古武道宗家の一族。
病弱の兄・さつきに代わって明堂院家を継ぐ決意を固めており、男装もその気持ちの現れと言える。
その反面、人のいないところで可愛い人形や妖精に頬ずりするなど年頃の女の子らしい一面もあり、
家門の重みと「普通の女の子でありたい」という素の自分との間でのジレンマを抱えていた。
しかし道場破りに卑劣な手で敗れた出来事をきっかけに、学園理事長でもある祖父・厳太郎から「自分の気持ちに素直になれ」と諭され、
武道も可愛い物も好きという本心を確認。えりかから勧誘されていたファッション部に入部する。
そして手術を控えていたさつきがデサトリアンにされた事件でプリキュアになる事を決断する。
後に彼女のお付きとなる妖精「ポプリ」からプリキュアになるよう勧められた際に一度断っているが、
その理由も「兄を守れない自分にプリキュアの資格はない」というものであった。

戦闘ではディフェンダー色が強く、ひまわり状の巨大シールド「サンフラワー・イージス」、
ドーム型バリア「サンフラワー・プロテクション」などを駆使して他の3人をサポートするが、武道を駆使した体術もこなす。
必殺技は「ゴールドフォルテバースト」。
他の3人のフォルテウェイブと異なり、 無数の誘導ビーム弾幕 大量のヒマワリで敵を拘束・浄化する。
唯一個人武器がフラワータクトではなく、防御・浄化に特化した「シャイニータンバリン」となっている。
初登場時は明らかにブロマリいらないんじゃね?ってくらい強かったが、いつの間にか大して変わらない強さになった。
まあ新戦士が初登場で活躍するのはお約束みたいなもんだし、もともと武道家だけに戦闘能力が向上した印象が薄いとも言える。
能力が守り重視のため、強化されていく敵に対して戦闘が受身になりやすく、仲間との連係が中心になっていったのもそう見える要因だろう。
あと放送時間と太陽モチーフと東映ということから太陽の子とコラボしたネタが量産された。

「その心の闇、私の光で照らしてみせる!」

+キュアムーンライト

「月光に冴える一輪の花!キュアムーンライト!」


作中追加戦士その2で、影の主人公というべき存在。史上初の女子高校生プリキュアである。
本名は 月影ゆり (つきかげ-)。明堂学園高等部2年生。
hatya氏により個別にキャラが作成された為、詳細は該当項目にて。

+キュアフラワー

「聖なる光に輝く一輪の花!キュアフラワー!」

シリーズ終盤の44-45話に登場した大先輩プリキュア。
CVは古くは某美女盗賊三姉妹の三女、現在は某どんぶり三兄弟の片割れとして知られるベテラン・坂本千夏氏。
MUGENには今のところ実装されていないので簡単に。

本名、五代薫子(ごだい かおるこ)。
つぼみの父方の祖母であり、50年前に砂漠の使徒の真のボス「デューン」をたったひとりで退けた伝説の戦士。
それ故、つぼみがプリキュアとなったのもある意味運命なのかも知れない。
一線を退いた今はつぼみたち現代のプリキュア4人の後見人的存在である。
プリキュアになる前から 史上最年少で全日本空手大会優勝を決めた ほどの猛者であり、
クリスマスに砂漠の使徒が植物園を襲撃した際、数十年ぶりに変身。年齢による衰えから単体必殺技「フォルテウェーブ」こそ撃てなかったものの、
分身打撃技「超級覇王電影弾フラワーカーニバル」や、敵のいる地面を円盤状にして回転させる撹乱技「フラワーキャンドル」で、
幹部たちの乗る巨大デザトリアンを翻弄した。

口癖、キメ台詞は特にない。


(以上、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」より一部加筆改訂)



MUGENの力とMUGENの愛を持つキュアブロッサムです!

marisya氏製作のD4手描きキャラが、qzak氏のサイトで代理公開中。
原作の雰囲気を尊重するためアニメ本編のキャプチャー画像をトレスするという手間隙がかけられている。
制作過程で作画枚数が増え、今ではぬるぬる動く。

飛び道具「ブロッサムシャワー」や、空中で急速突進する2種類の必殺技で相手を翻弄する。
ゲージ技も「ピンクフォルテウェイブ」「ブロッサムスクリューパンチ」「レッドの種(今の私はイナズマ気分)」~「おしりパンチ」と豊富で
「ブロッサムインパクト」で相手を吹っ飛ばしてはほとんどの必殺技がコンボとして繋がり、何度でも吹っ飛ばす爽快感溢れる仕上がりはまさしくプリキュア。
体力減少時には堪忍袋の緒が切れ、攻撃防御ともに20%UPする。

そしてストライカーとして登場する3人との連携技も搭載、極めつけは強化フォーム「スーパーシルエット」状態で繰り出す「プリキュアハートキャッチオーケストラ」。

+これがPHCOだ!!
ご覧の通り、右手にバンテージを巻きメリケンサックを装着した殺る気満々の女神様(全長は100mとも3kmとも)を召喚してぶん殴るというもの。
当然、ガード不能の全画面攻撃である。
まず全員がスーパーシルエット(純白のドレスの為、俗にお嫁入りフォームとも呼ばれる)に変身し、女神様を召喚。
それをムーンライトが巨大化させ、サンシャインがパワーを集め、 マリンがメリケンサックを装着し、ブロッサムが殴りつける。
どうしてこうなったかは明白だが、どこがハートキャッチでオーケストラなのか(ry
なんかもう東映アニメーションだから仕方ない気はする。去年はゴレンジャーハリケーン→ジャッカーコバックだったし。

一応、原作ではこのあとそっと両掌で包み込んで癒してあげます。ぽわわわぁ~♪
おかんの拳骨と優しい抱擁というコンセプトなのであろうか…。

また、女神様の容姿はプリキュア四人の特徴を併せ持っているようにも見えるため、
四人の力を結集した必殺技としての説得力もしっかり持っている。
プリキュア5GoGo!最終回の決め技の発展形と言える。
(05:00あたりから)

2012年2月11日に、次回作『スイートプリキュア』完結記念のストライカーとしてキュアメロディとキュアリズムが追加された。
(02:00あたりから)
また、幾つかの技の演出が強化された他、バグの修正も行われた。

現在、つづら氏によるAIが公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16296161


出場大会


削除済み
更新停止中

+インド版ってなんですか?


*1
『ハートキャッチプリキュア!』の世界観においては、歴代のプリキュアはプリキュアパレスにて2つの試練を受ける。
第一の試練はハートキャッチミラージュを授かるためのもので、当代のプリキュアは先代のプリキュアと対戦しなければならない。
先代に勝って認められることで当代はハートキャッチミラージュを得る。
ただし、この試練が行われた32話では、先代であるキュアフラワー=薫子は変身できる状態でなかったため、
フラワーのお付きの妖精「コッペ」のアバター(公式名称「謎の青年」。薫子の亡き夫(つぼみの祖父)・花咲空の青年時代に似た姿をしている)がブロッサムらと対戦した。
ハートキャッチミラージュは砂漠の使徒との戦いが終わった後、プリキュアパレスに返還されている。
第二の試練はスーパーシルエットへの変身能力を授かるためのもの。
ここでプリキュア達は自身の心のマイナス面が実体化した分身(公式名称「ミラージュプリキュア」)と戦う。
だが、自身の負を否定するのではなく、それを受け入れることがこの試練の真意である。
プリキュアパレスの庭園やホール内に据えられている過去のプリキュアたちの石像は、この第二の試練を越えた証だが、
マリン、サンシャイン、ムーンライトが次々と試練をクリアしていく中、
ブロッサムだけは「自分を変えること」を潜在意識下で「過去の自分を否定すること」と考えていたことから石像が建つのが遅れている。

*2
サバーク博士が創り上げたホムンクルス。
サバーク博士の正体はこころの大樹の研究者であったゆりの父であり、ある意味ムーンライトのクローン、あるいはゆりの妹とも言える。
ムーンライトが『テッカマンブレード』と絡めてネタにされる一因はこの辺の設定だろう。
CVが高山みなみ氏であるため、一部には「キュアバーロー」と言われたとか言われてないとか。