キュアブロッサム


「大地に咲く一輪の花! キュアブロッサム!」


キャラクターの概要です!


大人気 大きな 子供向けハートフル変身 ギガヴァイオレンス ヒロインアニメ「プリキュアシリーズ」の
5代目にあたる7作目『ハートキャッチプリキュア!』のメイン主人公。
本名は「花咲つぼみ」。私立明堂学園中等部2年生に転入学してきた14歳。声は水樹奈々氏。

キュアムーンライト(後述)が「砂漠の使徒」に敗れる夢を何度も見ており、転校早々その使いである妖精「シプレ」と「コフレ」に出会う。
砂漠の使徒によって怪人「デザトリアン」にされた来海えりか(キュアマリン)の「こころの花」を取り戻すためプリキュアとなり、砂漠の使徒と戦うことになる。

素直で礼儀正しく、誰に対しても丁寧な口調で話す。
幼い頃、仕事で忙しい両親の代わりに育ててくれた祖母の影響で、ことわざや四字熟語が妙に得意でもある。
戦闘中でも「その手は桑名の焼きハマグリです」など、時々古い言い回しが出る。

初戦の身体能力に驚いてばかりの情けない戦いぶりから、初期は敵や妖精達からも「史上最弱のプリキュア」と呼ばれてしまっていた。
以降、初変身時に高く跳びあがりすぎて慌てるのは「顔面キャッチ」と並んでほぼ恒例行事となっている。
一方、「史上最強のプリキュア」と言われるキュアハートは初変身直後で幹部2人を同時に余裕で相手にし、高く跳び過ぎても冷静であった。

とはいっても、足りない才能を努力で補うタイプのキャラであり、
第一線を退いた先輩に最後まで励ます忍耐強さや一生懸命さは作中の多くの人間を引っ張っている。
夢中になるとすべての弱点を克服し決めるときはキチンと決めるためリーダーとしての素質は高い。

砂漠の使徒との決着より2年後は明堂学園高等部に無事進学、宇宙に行く夢を叶えるために米国NASAへの就職を目指して
英語の勉強と高所恐怖症の克服に勤しむ日々を送っている模様。


戦闘ではプリキュアの伝統に従ってオーソドックスな徒手格闘がメインだが、技名は奇抜であり、
ネーミングセンスに関しては翌年の某魔法少女とどっこいである。
おしりパンチ」は敵キャラにも突っ込まれた(技自体はなんのことはない単なるヒップアタックだが)。
後には「ぜんぶパンチ」や「からだパンチ」)なんてのも出てきた。見た目はただの体当たりで 敵が羨ましく思えてくる やっぱり普通なんだけど。
一応「ブロッサム・フラワーストーム」などの普通なセンスの技名もちゃんとある。
そもそも肉弾戦が主体のプリキュアシリーズでは必殺技以外の技に名前が付くこと自体が結構異例であり、
格ゲー的にはありがたいところではある。
必殺技は個人武器「フラワータクト」から放つ浄化光線「プリキュア・ピンクフォルテウェイブ」。

+ MUGENシルエット

「私……堪忍袋の尾が切れました!」


+ 他の3名+1名について


(以上、フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」より一部加筆改訂)



MUGENの力とMUGENの愛を持つキュアブロッサムです!

marisya氏製作のD4手描きキャラが、qzak氏のサイトで代理公開中。
原作の雰囲気を尊重するためアニメ本編のキャプチャー画像をトレスするという手間隙がかけられている。
制作過程で作画枚数が増え、今ではぬるぬる動く。

飛び道具「ブロッサムシャワー」や、空中で急速突進する2種類の必殺技で相手を翻弄する。
ゲージ技も「ピンクフォルテウェイブ」「ブロッサムスクリューパンチ」「レッドの種(今の私はイナズマ気分)」~「おしりパンチ」と豊富で
「ブロッサムインパクト」で相手を吹っ飛ばしてはほとんどの必殺技がコンボとして繋がり、何度でも吹っ飛ばす爽快感溢れる仕上がりはまさしくプリキュア。
体力減少時には堪忍袋の緒が切れ、攻撃防御ともに20%UPする。

そしてストライカーとして登場する3人との連携技も搭載、極めつけは強化フォーム「スーパーシルエット」状態で繰り出す「プリキュアハートキャッチオーケストラ」。

+ これがPHCOだ!!

2012年2月11日に、次回作『スイートプリキュア』完結記念のストライカーとしてキュアメロディとキュアリズムが追加された。
(02:00あたりから)
また、幾つかの技の演出が強化された他、バグの修正も行われた。

現在、つづら氏によるAIが公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16296161


出場大会


削除済み
更新停止中

+ インド版ってなんですか?


*1
『ハートキャッチプリキュア!』の世界観においては、歴代のプリキュアはプリキュアパレスにて2つの試練を受ける。
第一の試練はハートキャッチミラージュを授かるためのもので、当代のプリキュアは先代のプリキュアと対戦しなければならない。
先代に勝って認められることで当代はハートキャッチミラージュを得る。
ただし、この試練が行われた32話では、先代であるキュアフラワー=薫子は変身できる状態でなかったため、
フラワーのお付きの妖精「コッペ」のアバター(公式名称「謎の青年」。薫子の亡き夫(つぼみの祖父)・花咲空の青年時代に似た姿をしている)がブロッサムらと対戦した。
ハートキャッチミラージュは砂漠の使徒との戦いが終わった後、プリキュアパレスに返還されている。
第二の試練はスーパーシルエットへの変身能力を授かるためのもの。
ここでプリキュア達は自身の心のマイナス面が実体化した分身(公式名称「ミラージュプリキュア」)と戦う。
だが、自身の負を否定するのではなく、それを受け入れることがこの試練の真意である。
プリキュアパレスの庭園やホール内に据えられている過去のプリキュアたちの石像は、この第二の試練を越えた証だが、
マリン、サンシャイン、ムーンライトが次々と試練をクリアしていく中、
ブロッサムだけは「自分を変えること」を潜在意識下で「過去の自分を否定すること」と考えていたことから石像が建つのが遅れている。

*2
サバーク博士が創り上げたホムンクルス。
サバーク博士の正体はこころの大樹の研究者であったゆりの父であり、ある意味ムーンライトのクローン、あるいはゆりの妹とも言える。
ムーンライトが『テッカマンブレード』と絡めてネタにされる一因はこの辺の設定だろう。
CVが高山みなみ氏であるため、一部には「キュアバーロー」と言われたとか言われてないとか。