キングコング


1933年に公開されたアメリカのRKO製作の映画『キング・コング』に登場する巨大なゴリラ

本作は人形を使ったストップモーションによる世界初の怪獣映画であり、
ゴジラ』『ウルトラマン』で有名な円谷英二が特撮監督を志すきっかけとなった作品でもある。
キングコングの存在なくして日本お馴染みの怪獣モノ文化は生まれなかったといえるだろう。

「巨大なゴリラが当時の最新鋭兵器である機銃を積んだ飛行機と戦う」という画期的な特撮、リアルなゴリラの造形、
世界初のトーキー(音声と映像が同期した作品)怪獣映画作品であること等、様々な点で映画史に残る作品である。
この映画のヒットにより経営が火の車であったRKOは一気に持ち直し、20世紀FOX、ワーナーマイカルブラザーズ等と並ぶ
映画業界の5大トップ企業である「ビッグファイブ」の一角を担うこととなった。

本作において巨大ゴリラの「キングコング」が与えた影響は非常に大きく、正規ライセンスかそうでないかを問わず
類似したキャラクターが後に多数の映像作品等に登場することとなる。

また、このモンスターに名付けられた「コング(KONG)」という造語は日米などでは広く「ゴリラ」の意と勘違いされる程に認知されており、
「気は優しくて力持ち」のキャラクターに対して付けられる典型的な名前としても定着している。
(例:映画『特攻野郎Aチーム』のコング、ドンキーコング、テイルズオブデスティニーシリーズのマイティ・コングマンetc)

概要など

南洋のドクロ島にすむ巨大なゴリラで原住民には神として恐れ、崇められている。
キング・オブ・コングではなくキング・コング である。(「コングの中の王」ではなく「王であるコング」である.
エリザベス女王がクイーン・エリザベスなのと同じ. キングギドラは「ギドラという名の王」ではなく「ギドラの中の王」じゃないかって?何のことやら
身長は
  • ドクロ島では5.4メートル
  • NYでは7.2メートル
という設定になっている。 大きさが違う?特撮ものにはよくあることだから気にするな

なおドクロ島にはキングコング以外にも様々が生息しており、
中でもティラノサウルスはキングコングと激しい戦いを繰り広げた。
当時の人形アニメーションで表現されたこの死闘の迫力は凄まじく、
後の多くのストップモーションでの怪獣、恐竜の戦闘シーンや、
先述のように『ゴジラ』など初期の日本の怪獣映画に影響を与えた。

+ 大まかなあらすじ

+ リメイク版について


また、日本国内においては東宝が権利を得たことで『キングコング対ゴジラ』と『キングコングの逆襲』の2作が製作された。
特に前者はゴジラシリーズ三作目にして、コングとゴジラというのはまさに日米を代表する怪獣同士の夢の対決、なんとも贅沢である。

『対ゴジラ』ではゴジラにあわせるため50メートルという巨大怪獣になっており、
生息地もドクロ島ではなくファロ島という島で、原住民からは魔神として恐れられているという設定。
初戦ではゴジラの放射熱線に恐れをなして退散するが再戦時は100万ボルトの電流を受けて帯電体質になっていた為、
ゴジラと互角の戦いを繰り広げた。
『逆襲』でも同じ着ぐるみを使用しているものの、こちらは別の個体で身長も20メートルと小さめ。
ヒロインに従順な態度を示したり、敵としてモンド島の恐竜「ゴロザウルス」や
悪の科学者ドクター・フー(演:天本英世)が作った「メカニコング」が登場するなど“正義の味方”として描かれている。
コングとゴロザウルスの戦いや、最終決戦で東京タワーによじ登るなどオリジナルのコングを強く意識した場面が多い。
この時コングを演じたのは昭和シリーズでゴジラを演じていた中島春雄氏。ゴジラとコング両方を演じた数少ない人物の元祖である。

後に『行け!グリーンマン』にも登場。この時には権利が切れてた為ゴリラ名義で出演している(着ぐるみは同じ)。
なお、東宝作品のコングの容姿は「原典とは違う顔にして欲しい」という申し出があった故に
ゴリラというよりは日本の猿のようにアレンジされているのだが、本国のファンからはあまりいい評価を得ていない。


ゲームにおいては、コナミから発売されたファミコンゲーム『キングコング2 怒りのメガトンパンチ』の知名度が高い。
非常にシンプルかつ豪快さと爽快感を全面に押し出したトップビューのアクションゲームで、BGMも今なお名曲と数えられる物が多く存在する。
このコングは『コナミワイワイワールド』にもプレイヤーキャラの一人として出演。
他のキャラクターより一回り体格が大きく攻撃力が高いキャラになっており、シモンゴエモン、月風魔など並み居るコナミのヒーローたちの中でも
満を持して終盤に加入する強豪キャラという優遇されたポジションを得て、『怒りのメガトンパンチ』をプレイしていない子も、その勇姿とBGMは強く印象に残った。
残念ながら版権の都合のため、携帯アプリ移植版では『けっきょく南極大冒険』のペン太に差し替えられており、
コング並の体格に無理矢理当てはめられたペン太は異様にでかいペンギンになってしまった。
また、MSX2では同じくコナミから『キングコング2 蘇る伝説』が発売されている。
こちらは映画「キングコング2」のストーリーのうち、コングを復活させるまでの部分をゲーム化した作品で、プレイヤーはミッチェルという人間。
コングが操作キャラでは無いのでファミコン版『怒りのメガトンパンチ』ほどの知名度は無いものの、隠れた名作・名曲を持つゲームとして挙げるファンも多い。
コナミMSXに外れ無し 一部例外あり である。

ちなみに、アクセル・ホークのテーマ曲の曲名が「キンクコンク」と、明らかにモチーフにしていることが分かる。

+ 2017年、巨神降臨。


MUGENにおけるキングコング

特撮系の怪獣やヒーローを多く製作しているmuu氏によるものが存在。
さらにmuu氏製作版の性能をなだげつ氏が調整したものも公開された。

+ muu氏製作版
+ なだげつ氏改変版

また、ますけんぷくん氏のゴリラの改変で『キングコング2 怒りのメガトンパンチ』に登場するキングコングが
Borewood氏によりパッチとして公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22310061

出場大会