ウルトラマンティガ


「これが…これが光なんだ…!」

1996年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマンティガ』の主役ヒーロー。
地球平和連合TPCの特捜チームGUTSのマドカ・ダイゴ隊員が変身する。*1
ウルトラシリーズでは平成期最初のTV作品の主人公であり、ティガ以降の作品は平成ウルトラシリーズと呼ばれる。
声は一部の劇場作品などを除けば主に真地勇志氏が担当している。

+ 基本状態のスペック

+ 『ウルトラマンティガ』本編ストーリー

ティガは「タイプチェンジ」の概念を初めてウルトラシリーズに持ち込んだ作品であり、
状況や戦法に応じて姿や能力を切り替える戦法は以降の作品にも受け継がれていくことになる。

+ ティガの各形態

ティガはこれまでのウルトラマンとは違い宇宙人ではなく(大元はそうであった可能性もあるが)、
ダイゴ隊員が『光』となって石像に宿ることで誕生するという存在であり、変身しても意識はダイゴのままである。
故にダイゴはシリーズでも初の、宇宙人としてのメンタリティを一切持たない純粋な地球人ウルトラマンとして描かれている。
ウルトラマンとて決して地球人を導いてくれる絶対的な神のような存在ではなく、周囲のティガへの信頼からの重圧や
変身できること以外に突出した能力がないことに人として迷い悩みながら成長していく姿が描写されている。

また『光』を石像に与えればウルトラマンになるという性質を利用し、人工的に石像や『光』を作り自身が
ウルトラマンになろうとした人物や防衛兵器として利用しようとするTPCの一派もシリーズに登場し、
心無き力の危険性を問う物語が度々展開されている。

+ 輝けるものたちへ


作品の概略

主人公であるダイゴに人気アイドルグループV6の長野博氏を起用し、主題歌もV6が歌うという
シリーズ初めての出来事は当時話題となり、しかも単なる話題集めに留まらず、ダイゴとティガは人気を獲得することに成功した。
+ ちなみにこちらが主題歌

当時の長野氏はV6としての活動が忙しくてスケジュール調整が難しかったそうで、
作中でもダイゴ以外のGUTS隊員が中心になるエピソードが多いが、
それがかえって、今までの作品ではただいるだけの存在であることが多かった各隊員の境遇や内面を深く描き、
物語に広がりを持たせる結果となった。
また、昭和シリーズの放送時期に比べて女性の社会進出が進んでいたこともあって、
ダイゴの恋人であるレナ隊員はエースパイロットであり、GUTS隊長のイルマはシリーズ初の女性隊長(しかも子持ち)である。

ティガの戦う敵はウルトラシリーズらしく、怪獣・宇宙人・異次元人・妖怪などバラエティに富み、
  • 自分達こそが人類を導くのにふさわしい存在だと豪語し、ティガに激しい対抗意識を燃やす謎の精神生命体・キリエル人
  • 映像作品ではシリーズで初めて「暗黒面に堕ちたウルトラマン」を描いたイーヴィルティガ
  • 上述のゴルザ・メルバを始めとした「超古代怪獣」と称される怪獣達とその総元締めとされる邪神ガタノゾーア
など、人気の高いキャラクターも多い。
一方、重いテーマを題材とした回やレギュラー陣の関連人物を始めとしたゲストキャラの死亡など
全体的にシリアスなエピソードが多く、暗い結末になることも多い。

他にも、その後の平成ウルトラシリーズの基礎を築いたばかりではなく、
『ウルトラマン80』の放送終了から10年以上のブランクがあるにもかかわらず高い完成度を見せつけ、
ウルトラシリーズの完全復活を印象付けた傑作であると、本作を支持するファンも多い。*2
そして長いブランク故にこの作品が初めて見たウルトラマンという人が多く、それも高い評価の一因となっている。

+ シリーズ毎の作品世界について

+ 派生作品、客演作品での活躍


MUGENにおけるウルトラマンティガ

muu氏により『対決!ウルトラヒーロー』のドットを用いたキャラが製作され、
『対決!』版のマンセブンダイナと同時に公開されている。
muu氏おなじみのネビュラコンボやスピリッツシステム、防衛チームによる支援攻撃(ティガはガッツウイング1号)を搭載している。

原作同様にタイプチェンジ能力を持ち、ティガとダイナではYボタンはタイプチェンジ専用ボタンに割り振られている。
投げ技などでステートを奪われると強制的にマルチタイプに戻ってしまうが、
復帰時に自動的にタイプチェンジし直すので手間はかからない。
だが、タイプチェンジ中は無敵だが前後の隙が大きいため、タイプチェンジのタイミングを間違えると
一方的に叩きのめされる恐れもある。

パワータイプはジャンプの飛距離や高さが落ちるなど動作が重くなる代わりに、
一部の技へのアーマーの付加や攻撃力の上昇などが見られる。
スカイタイプは攻撃力が低下する代わりに相手の動きを封じ込めるティガフリーザーや
隙が小さく2ゲージ以上あると連発することができる超必殺技「ランバルト光弾」が使える。
マルチタイプはヒット数が多く攻撃範囲も割と広い1ゲージ技のゼペリオン光線のほか、
3ゲージ技として即死攻撃のタイマーフラッシュスペシャルを持つが、
この技は原作再現を優先したのか攻撃範囲は画面全体となっているかわりに発生がかなり遅く、素早いキャラ相手だとまず潰される。

一定の条件を満たしていると使えるもう一つの3ゲージ技「グリッターティガ」も暫定的ではあるが搭載されている。
muu氏によれば、最終的にはガタノゾーアの12Pカラーにも対応できる技になるらしい。どうなるか非常に気になる所である。
また、12Pカラーを選択すると最初からグリッターティガとして戦える。

自分の体力が少なくなるとカラータイマーの点滅が始まり、敵の体力を半分以下にするとOPのインスト版が流れる。

AIもデフォルトで搭載されており、ワープ技を多用するのでそれなりに強いが
タイプチェンジを無駄に繰り返すことが多いのが欠点。
各種光線技はタッグでは有効なのだが肝心な時にタイプチェンジを繰り返して
そこにつけこまれてやられる事も多くあまり安定しない。
MUGENには膨大な数のキャラ数が存在するうえ、AIには形態変化による技の違いをうまく生かせないこともあるため
「相手によってタイプを使い分ける」という原作風の戦い方をしたいならプレイヤー操作のほうがお勧め。

2010年6月12日の更新で、技が追加する他スピリッツ見直し、ガードキャンセル攻撃追加等、
システムが『ウルトラマン Fighting Evolution 0 』仕様になった。
他のFEキャラも同じく更新されたので確認が必要。

またbakisimu氏による性能改変パッチが存在する。火力が高めになっている代わりに空中戦は若干苦手(スカイタイプ除く)な性能になっている。
通常攻撃などの性能が強化される代わりに、スピリッツを含む他の部分の性能が抑えられているため弱体化気味の調整となっている。SEの変更やカットインの追加など演出面でも強化される。
2015年1月17日の更新で改変パッチから単独のキャラとして動作するようになった。
また2016年4月10日の更新で演出調整などが行われている。

mugenで天の道を行くでも確認できる。
出番は、8:32から。

出場大会

更新停止中

その他


*1
ダイゴのフルネームはTV版の時点ではまだ設定されていなかったらしく、TV版でフルネームで呼ばれたシーンは無い。
ダイゴのフルネームは後の『ティガ』劇場版で公開された。

*2
ファンからの支持が高いエピソードの例としては、
  • 今まで実戦経験がなく「怪獣が出てくるなら武装を強化すればいい」と現実味のない主張をしていたヤズミ隊員が
    初めての実戦で戦いの痛さと不毛さを自覚して成長していく様子や、自分がティガとして戦う理由を見出せずに
    悩んでいたダイゴの姿を「人間の正義とは何か」という問題提起と並行して描いた第28話「うたかたの…」
  • 桜の舞う歌舞伎舞台での戦いなど、メガホンを取った実相寺昭雄の独特の映像表現が高く評価されている第37話「花」
  • 「特撮テレビドラマ『ウルトラマン』の誕生」を題材とした異色作、第49話「ウルトラの星」
などが挙げられる。

*3
なぜカミーラの肩書きが「愛憎」を含んでいるのかというと、ティガが闇の巨人だったころの恋人がカミーラだったからである。
作品中ではティガが闇の巨人であることを止めたのはユザレの説得で心を動かされたことがきっかけらしい。
カミーラの台詞によれば、当時のティガもダイゴと同じくかつての仲間たちの力を吸収してマルチタイプの姿になったそうだ。
ダイゴがトルネードやブラストなどの不完全な状態で倒していた巨人たちをあえて殺さず封印するのに留めておいたのは、
もしかしたら超古代のティガにも彼らを裏切ったことへの負い目があったからなのかもしれないが、詳細は語られていない。
どっちにしろ、闇の巨人たちはティガの裏切りを相当根に持っていたらしく、
特にティガがマルチタイプになった直後のカミーラの台詞は一度は聞いてみる価値があるだろう。