ミキサー大帝


「火事場のクソ力のないキン肉マンを破ることなど
            赤子の手をひねるよりたやすいぜーっ!!」

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場した超人の一人で、機械超人に分類される。超人強度は700万パワー。*1
その名の通りミキサーの姿をした超人で、キン肉星王位争奪編にてマリポーサチームの中堅として登場。
ちなみに日本出身(東京湾岸にある夢の島出身)。アニメ版での声優は川津泰彦氏。

必殺技は超人のパワーを本体から分離させてしまう「パワー分離機」。
(ミキサーなのに「分離機」なのは、作者が遠心分離機と混同していた為らしい)
試合開始直後にキン肉マンにパワー分離器を仕掛けるも、火事場のクソ力のあまりのパワーに失敗しそうになる。
しかし運命の5王子の力を借りた「邪悪友情パワー」*2によりパワー分離に成功、火事場のクソ力を肉体から分離させ
天界の邪悪大神殿に封印したばかりか本体までも超人墓場に吹っ飛ばし、キン肉マンを事実上即死させてしまった*3
(火事場のクソ力は7000万パワーという設定だが、封印できたのは6905万パワーであり、
 キン肉マン本来の95万パワーが超人墓場に送られたという内容である)
その後超人墓場でのウォーズマンの助けもあってなんとか現世に戻ってきたキン肉マンにキン肉ドライバーを仕掛けられるが、
ミスター・VTRの「状況予想装置」の編集機能によりキン肉ドライバー破りに成功、返り討ちにして勝利を収めた。

ところが、キン肉マンを破るという大金星を挙げ、さらに残りが大将のミート君ただ一人という状況に慢心していた彼は
試合中キン肉マンに身体のネジを一本抜かれていた事に気付かず、ミート君のバックドロップ一発でバラバラになり敗北した。


キン肉マンにシングルマッチで黒星をつけた数少ない超人の一人である。
他はキング・トーン、プリンス・カメハメ、シシカバ・ブーの三人。
ただし、この三人は物語全体で言えばかなりの序盤での話で、当時キン肉マンは「ダメ超人」「ブタ超人」と
観客からののしられる程度の扱いだった。その後、悪魔超人や完璧超人との戦いを経て大きく成長していくのだが、
(その成果は「火事場のクソ力の増大」という形で数字的に証明されている)
数々の死闘を経て成長を遂げた王位争奪編のキン肉マンを破ったミキサー大帝はかなり凄い。
…ハズなのだが、彼の勝利が額面通りの評価をされる事は少ない。

これはミキサー大帝戦がザ・ホークマン戦、ミスター・VTR戦に続く三連戦目でキン肉マンがヘトヘトであった事、
さらに試合中でありながらリング外からの邪悪の神々やミスター・VTRのサポートを受けての勝利だった事、
(邪悪の神々のサポートがなければ、キン肉マンの火事場のクソ力を分離させることはできず、
 またミスター・VTRのサポートがなければ、火事場のクソ力なしでもキン肉ドライバーでKOされていた
そして何よりも体重差675kgのミート君(しかも初試合)にバックドロップ一発で粉砕された事などが原因と思われる。
まだ子供のミート君の閉門クラッシュで胴体が簡単にヒビ割れたり、ネジ一本抜かれただけで簡単にバラバラになるなど
普通の超人と比べても、その肉体的脆弱さが突出していると思わざるを得ない点も大きい。

とは言え、火事場のクソ力を封印した功績は、ある意味キン肉マンに勝利したことよりも大きい。
これにより、キン肉マンは王位争奪戦の最終戦の最終局面まで火事場のクソ力抜きでの戦いを強いられることになってしまった。
争奪編中のキン肉マンは「フェイス・フラッシュ」や「マッスル・スパーク」等、火事場のクソ力が無いなりに善戦してるせいか、
ミキサー大帝の快挙については印象が薄れがちだが、やはり王位争奪編の中である意味キン肉マンを最も苦しめた超人だと言えるだろう。

+ 新作ネタバレ

「邪悪友情パワー全開!!」

なお、モバイルサイト「週プレモバイル」で配信されている小説『ディープオブマッスル!! キン肉マンリアルノベルズ』にて
ミキサー大帝の誕生秘話を描いたエピソード「夢の島のミキサー大帝」が公開されている。


MUGENにおけるミキサー大帝

現時点で3種類のミキサー大帝が存在しており、いずれも作者はカナディアンマン等も製作した牛鬼氏。
ドットは氏の他の超人同様、フリーゲーム『マッスルファイト』のものを参考にして全て手描きで製作したものである。

+ ミキサー大帝
+ 極寒(ゴッサム)
+ 永琳ちゃん開発・ミキサー大帝1969号

出場大会

【ミキサー大帝】
【永琳ちゃん開発・ミキサー大帝1969号】

出演ストーリー




*1
……え? マリポーサチームは全員5000万パワー以上だって話はどうしたんだって? さぁ。

*2
一部ファンからは1億パワーあったマリポーサが96万パワーのロビンマスクに負けたのはこれで使い過ぎたからとか、
同じくソルジャーも使い過ぎてキン肉アタルに敗れて取って代わられたという冗談まじりの憶測もあった。
ビックボディに至ってはあそこで殆どのパワーを使い過ぎて瞬殺されたとかと言われる始末。

*3
ちなみに、キン肉マンを 事実上「殺した」 というのであれば、
黒星ながらも「火事場のクソ力」状態のキン肉マンを死に追いやった悪魔六騎士の「スニゲーター」がよく話題に上がる。
こちらはミキサー大帝とは違い、キン肉マンを「火事場のクソ力」状態のまま、試合終了後に過労死させるという、
他の大ボス達が 真に成し遂げられなかった ことをやってのけた超人。
試合自体はキン肉マンが勝ちだが、もしその後にウルフマンに超人パワーを分け与えられなければ、
事実上、悪魔六騎士の勝利が確定するところだったのだ。
スニゲーターは悪魔六騎士の中で最初に戦ったキャラなのだが、いまだにこのキン肉マン殺しは語り草になっている。
また、スニゲーターは悪魔将軍の1500万パワーを遥かに上回る超人強度4000万パワーを持ち
これは当時のキン肉マンの火事場のクソ力を上回る数字だったのだ……とも語られたが、
実は400万パワーの誤植だった。説得力のある話だったのに……。