コピーエックス


「荒廃した世界から、人間を救った新たな伝説の英雄さ」

ロックマンゼロ』に登場。シエルによって解析された、オリジナルエックスのDNAデータを忠実にコピーすることで作られた存在。
ロックマンゼロ第一作のラスボスであり、存在そのものどころか名前の時点でネタバレである。声優は今井由香氏。

+コピーエックスについての詳細・ネタバレ
表向きは伝説の英雄エックス自身とされ、ネオ・アルカディアによる世界統治などの役を担っていた。
しかしその思考はオリジナルとは著しく異なり、悩むということを知らず、人間至上主義を掲げレプリロイドへ圧政を強いることに何の疑問も抱かない。
また、性格も自身がオリジナル以上の英雄であり正義であると断言する、傲慢なものとなっている。
アーマー装着能力も持っており画像のアーマー(設定資料に「アルテミットアーマー」と表記)を装着して戦う他、
「シャイニングトランスフォーム」を発動することで更に強力な戦闘形態(というかシグマチックな巨大変形)へ変形する。
『ロックマンゼロ』においてはラスボスとしてネオ・アルカディアでゼロと決戦、敗北して大破する。

『ロックマンゼロ3』ではバイルに修理・改造を施され、コピーエックスMk-II(- マークツー)として、再びネオ・アルカディアの指導者に君臨する。
非戦闘時の目の色がオリジナル同様青(以前は常に赤)になった一方で、喋る言葉には機械音が混じるようになる。
さらに「バイルを無条件に信頼する言動を繰り返す」「人間を危険に晒す様な作戦も厭わなくなっている」など、バイルに都合の良い傀儡と化していた。
そして再びゼロとの決戦に挑むも、バイルの策略によりコピーエックス自身も知らない内に内蔵されていた自爆装置が発動し、
コピーエックス自身も理解する間もなく大破してしまう。
(Wikipediaより、抜粋・一部改変)

人類にとっての理想郷を作ったのは確かであるし部下からの信頼も厚いのだが、話が進むにつれどんどん小物化が進んでいった。主にバイルのせいだが。
オリジナルのエックスとは最後の最後に出会うことができたが、結果はオリジナルの忠告も届かないままバイルにハメられて消滅……悲惨だ。
続編の『4』で、人間たちからは結構慕われていたことが描かれたのがせめてもの救いか。
ちなみに、彼を作ったのは当然ながらエックスを解析したシエルである。
要するにロックマンゼロとは、シエルが作ったレプリロイドをシエルが発掘したレプリロイドが倒しに行く物語である。
そのせいでシエルは腹黒とか黒幕とか言わrアカルイミライヲー

『ゼロコレクション』公式サイトの本人及びオリジナルのキャラ紹介によると、
エックスがダークエルフ(バイルの項等参照)を自らのボディに封印した際、彼のサイバーエルフ(魂)は弾き出された上に5つに分裂してしまう。
ネオ・アルカディアはこれを隠蔽するために、シエル(当時9歳)にエックスのボディを新造させ、
そこにエックスのサイバーエルフを入れようとしたが、エックスはこれを拒絶。結局、代替品として新たなサイバーエルフが組み込まれる。
5つに分かれたエックスのサイバーエルフの内、1つは失踪、残り4つが後の王である。

実は『ロックマンゼロ』開発当初は オリジナルのエックス本人がラスボスになる予定であった。
そのためエックス『4』や『5』に伏線らしきものがエンディングに存在していたが、
「進行中のシリーズの主人公をラスボスにするのはどうよ?(意訳)」というスタッフの見解により、
開発終了間際になって「ラスボスはエックスとは別人(コピー)」となった経緯がある。

つまり設定的にもメタ的にも、失踪した前任者(エックス)の仕事(ラスボス役)を押し付けられた無名の誰か、だったということになる。
そりゃ好き勝手しなきゃやってられんわな。



MUGENにおけるコピーエックス

海外の製作者によって作られている。
「アルテミットアーマー」を装備しており、原作通りの攻撃ができる。
また、イントロにおいてサイバーエルフXが現れる。

  • ARU氏製作
こちらは日本製。同作者のドクター・バイルと同じくアレンジ仕様。
アーマーの類は付いておらず、普通にガードが可能。
通常のパワーゲージとは別勘定の武器ゲージ(仮)があり、属性攻撃やガードキャンセルなどを使うのに消費する。
回復技の「レイジングエクスチャージ」は食らい中にも発動することが出来るが、
その場合武器ゲージを一気に5メモリ消費してしまうため使い所が重要となる。
また、1ゲージ技の「ジャスティス・タワー」は上下移動する2本の柱を発生させる技。
柱の攻撃は[中段]]判定で、加えて相手の行動をかなり制限できるため非常に強力。
AIも標準搭載されている。
参考動画(15:30~)

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル