マオ



「勝ちにいきます!」


かすみあやねなどでおなじみのakkin氏が製作したオリジナルキャラ。野生児の妹とかミスリルのウルズ2とかギアス使いとか中華包丁とは無関係。
氏曰く、「萌えザンギを目指して制作した投げキャラ」とのこと。
他の制作キャラ同様、けっこう見えてしまうので要注意(まぁパンツというよりアンスコであるが)。

プロフィール

名前:マオ
年齢:17歳
職業:現役女子高生レスラー
過去にチアリーディングをやっていたが、偶然見たロシアの赤い巨体レスラーに惹かれてプロレスの世界に入る。
元々才能もあった上に努力を惜しまなかったので頭角を現してきたが、本人としてはまだまだらしい。

ぶっちゃけ、「春日野さくらが出会ったのがリュウじゃなくてザンギエフだったら」というIFキャラのイメージ。
レインボー・ミカとも共通点が見受けられるが、こっちは覆面は付けない普通のレスラーである。

性能

上記の通り、投げ技が豊富。
ただし、体があまり大きくないので、間合いや攻撃力はそれほど高性能ではない。
その分機動力はあり、スーパーアーマー付きで短距離ダッシュする「アーマーダッシュ」があるので間合いは詰めやすい。

投げ技も、空中からの投げ技はもとより、攻撃をつかんで投げ返したり
ダウン中の相手に関節技をかけたりとバリエーションがかなり多い。
力任せにつかんで投げるザンギエフと異なり、技の多彩さで立ち回るタイプと言える。

本体も2種類あり、その違いは動画での使用が禁止されている特殊やられモーションの有無。
AIもデフォルトで搭載されているため、今後が期待される。
なお、脱衣KOも二種類搭載されているが、一つは動画での使用が禁止されている。

そして、2012年7月に、同作者のかすみ同様D4化されたものが公開された。
最新版は2013年1月1日更新のver1.0b。
ドットの描き直しの他にも3ゲージ技が追加されている。

FUSHIGIDA氏がエフェクトを『スーパーマッスルボマー』風に変える演出追加パッチを製作し、OneDriveにて公開している。
D0版・D4版それぞれに対応したものがあるので、導入の際はきちんと確認されたし。

出場大会


プレイヤー操作