地底戦車ベルシダー

円谷プロの特撮番組『ウルトラマン』第29話「地底への挑戦」に登場した、科学特捜隊の地底戦車。
イデ・ミツヒロ隊員が設計し、科学センターで開発された機体で、スペックは以下の通り。
全長:7m
全幅:1.2m
重量:1.6t
最高時速:20km(地中)
乗員:3名
先端に削岩用ドリルを備えており、それ以外にもビーム砲と地底魚雷といった武装を持つ。
原作では地底怪獣ゴルドンに対抗する為に出撃し、ゴルドンと戦うも操縦系統を破壊されてしまう。
しかし、最後に残った地底魚雷によって、ゴルドンを地上へと追いやることには成功した。
映像作品以外では、小説『ウルトラマン VOL.1 ゴールドラッシュ作戦』にも登場している。

名前の元ネタはエドガー・ライズ・バローズのSF小説『地底世界ペルシダー(Pellicider)』。
実は円谷プロの公式ネームは「ルシダー」であり、英字表記も「Bellucider」である。
本編でも「ベルシダー」と呼ばれているのだが、バローズの小説に引きずられて「ペルシダー」と誤記されることが多く、
勘違いしたまま記憶している人も多いようである。
というかムラマツキャップがうっかり「ペルシダー」と言っちゃってたりするのだが。

ちなみに『ウルトラマンタロウ』に、これの後継機らしいドリル戦車「ベルミダーII世」というのが登場するが、
こちらも名前の表記は「べ(BE)ルミダー」である。
(なお「シダー」が「ミダー」になっている理由は不明。シとミは乱雑に書くと似たような字になりやすいので誤記か?)
余談だがこのベルミダーII世、ドリルユニットとして『サンダーバード』の「ジェットモグラ」(のプラモ)を2台そのままの形でくっつけている。
ばれないとでも思ったのか?
また、『ウルトラセブン』以降の防衛隊の基地や装備の描写はサンダーバードの影響を受けまくっている。
セブンの企画書では名指しまでされていたとか。
(ウルトラマンが影響を受けていないのは、日本でのサンダーバードの放映がウルトラマンと同年だから)


MUGENにおける地底戦車ベルシダー

科学特捜隊も製作した、鋼鉄隊†定春氏による地底戦車ベルシダーがニコロダで公開されていたが、同所の閉鎖で入手不可。
現在はカーベィ氏のサイトで代理公開されている。
ワンボタンで攻撃ができるが、ジャンプは不可となっている。
2014年2月9日に小ポトレが追加された。

出場大会

  • 「[大会] [地底戦車ベルシダー]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル