霧ヶ峰斬子

     

「この程度で出しゃばるんじゃねえぜ!」

斬紅郎氏が制作したフリー格闘ゲーム『アイ・舞・ミー』の登場人物。「きりがみね・きりこ」と読む。
版権キャラも多いこの作品だが、彼女はオリジナルキャラである。

真面目そうな忍者少女だが、妹の瑠璃葉を溺愛しており
コスプレ写真や隠し撮り写真をアルバムに保管しているほど。

性能

忍者キャラのご多分に漏れず、素早い動きと変則的な攻撃が得意。
飛び道具「烈光斬」での牽制が強く、近距離でも「百舌落とし」で立ち回れるので、
中距離から牽制しつつ一気に接近する戦い方になる。
距離をとった場合でも、超必殺技の「ハイパー烈光斬」「乱れ霞」で弾幕を張れる。
超乙女技の「鼻血メモリアル」はアルバムの瑠璃葉の写真を見て鼻血で攻撃するというカオス技。ダメだこいつ……早くなんとかしないと…
選ばれる写真はランダムで複数種類ある。
発動には5ゲージ必要だが、体力が20%以下の時のみ3ゲージで発動可能。

MUGENでは

緋錬氏が制作したものが公開されている。
ブリスなどが追加されており、いろいろと楽しめる。
AIも調整可能なものが搭載されていたが、2013年11月10日の更新で削除された。後に2016年4月1日の更新で再搭載された。


また影縫氏によって強化パッチ(汚い忍者パッチ)が公開されている。忍者繋がりということから半蔵をオマージュした性能になり、そのオマージュ元の半蔵(本当に汚いモード)と互角に戦える。
狂キャラになるので、適用時には注意。
さらには「鼻血メモリアル」が一定確率で 敵味方構わず即死になる。 当然自分も含まれるので相手がステート抜けした場合・・・

こうして彼女も汚い忍者として仲間入りとなった。「汚いなさすが忍者(ry」と言われる日が待ち遠しい限りである

出場大会

「はぅ~。瑠璃葉た~ん、待っててね~」