The Kid


海外のPC用フリーアクションゲーム「I wanna be the guy」(アイワナビーザガイと読む。略称はIWBTGやアイワナ)の主人公。
The Guy」を倒して自らが「The Guy」になるべく、
「Grandfather The Guy」から受け継いだ銃を片手に「The Kid」は危険と栄光に満ちた旅に出る・・・
というのが彼のストーリーである。

「I wanna be the guy」の解説


アメリカ人のプログラマーであるkayin氏が「理不尽に難しい2ちゃんねるのフラッシュゲーム『人生オワタの大冒険』をプレイしてみて、
「自分ならあれよりもっと良い物が作れると思った」ことが開発の動機であると公式サイトのFAQに記載されている。
ちなみに『オワタ』の作者が逆にIWBTGを逆輸入したバージョンを公開し、作者間でメールのやり取りもされているなど交流があったりする。

近頃のヌルいゲームとは対極を成し、数百回死んでようやく光明を見出すほどの超理不尽な難易度である。
難易度設定はあるが、セーブポイントの数以外に調整は無い。(最高難易度はセーブポイント無し)

要はスペランカーコンボイの謎の様な死にゲーである。
とは言っても、スペランカー先生とは違って高所から落ちても死亡しない。二段ジャンプも出来るし。
でも死に方がグロい(と言っても、海外ではよくあること)。
あとも多く、プレイヤーが最も多く聴くであろうゲームオーバー時の曲も『GUILTY GEAR ISUKA』のものなのだが、こちらは元ネタがマイナーなせいであまり知られてない。

一通りのプレイ動画


このゲームの主な死因は初見殺しである。
例えばリンゴは下に近づくと落ちてきて即死させようとするが、上に飛んだり横に飛んだりする重力仕事しろ。
下に落ちないリンゴに対し、公式のQ&Aにこんなやり取りがある。
Q: APPLES DO NOT FALL UP(リンゴは上に落ちない)
A: They're more like giant cherries....(それリンゴっていうか、でっかいサクランボみたいなものだから…)
あんなデカいサクランボがあるか
あとサクランボも上に落ちない。

また、ドラキュララスボスである父親との戦闘前には会話シーンがあるが、
ドラキュラ戦ではスキップして直ぐにキッドを操作しないと 死ぬ ドラキュラがイントロで投げるワイングラスがKidに直撃するため)。ありえん(笑)
ラスボス戦では飛ばさなくても死なない。あと、前のマップにいるメデューサヘッドに飛ばされて
ドラキュラのいる部屋に来た場合は普通に避けれる(でも会話中にワイングラスに触れると、やっぱり死ぬ)。
ちなみに本当の避け方はワイングラスが投げられる直前に動けるようになるので移動して避ける。

最新版ではエンディングの最後でリンゴが落下するが、 それを避けないと死ぬ。
もちろんクリアした事にはならない。

ちなみに、二次創作作品も意外と多い。
どの作品でも一発でゲームオーバーなのは共通。

余談だが「Battle Kid」というアイワナ似なアクションゲームの存在が確認されている。
大多数の人はこの作品のパロディでアイワナが作られたと思われるだろうがアイワナを商用化してバトルキッドができたためその逆である、2010年発売。

MUGENにおけるキッド

MUGENでは3種類のキッドが存在している。
+ fhqwhgads7氏製作
+ 闇脳氏製作
+ ryu氏制作 キッド君
他にも、MegaMariゲットだぜ!の技の一つだったりの召喚キャラとしても登場している。

+ 大会ネタバレ

出場大会




添付ファイル