イヅナ


ローグ系(不思議のダンジョン系)RPG『降魔霊符伝イヅナ』シリーズの主人公。飛び上がって鳥を落とす生き物ではない。
サクセス社のマスコットキャラ的な扱いを受けており、SRPG『偽りの輪舞曲』の他、
格闘ゲーム『ウィンディ×ウィンダム』にもゲスト出演している…というか、本稿ではこちらがメインと言うべきかもしれない。
担当声優は『ストライクウィッチーズ2』で もっさん 坂本美緒を演じた世戸さおり氏。

小さい頃に捨てられていたのを忍一族の長ゲンアンに拾われた少女。
ゲンアンや一族の皆から甘やかされて育ったため、ダメ人間になっている。
わがまま、強情、怠け者、気分屋、欲張りetc...と、おおよそとんでもない性格の持ち主。
太平の世で職を失った*1一族が解散する時、迷うことなくゲンアンについていく事を選んだ。
理由は考えるのが面倒くさいからと、甘えられるうちは甘えようと思ったから。
とはいえ祟られた仲間と財宝を天秤にかけて仲間を選ぶなど、仲間思いではあるようだ。

ミスした時や、立場の悪い時に「死んでお詫びを~!」と頭に銃を突きつけるが、
この銃には弾は入っておらず、周囲が止めてくれるのを待っている。
一応くノ一らしく色仕掛けもする。大抵は不発に終わるが。しかし上の画像を見て分かる通り、戦闘力自体は非常に高い。
問題は本人のテクニック…というよりもむしろ性格にあると言えよう。作中でも「胸がでかいだけで中身は子供」と言われている。
紳士諸君は公式サイトの販促画像で我慢するように。

どうでも良いが、同シリーズは登場キャラクターの平均年齢が無駄に高い。
若年組はイヅナやシノなど一部のみで、大半は見た目が年相応のオッサンや年寄りである。
原因は山奥の村にありがちな過疎化だとか。なんなんだこのゲーム

更に余談だが、リストラされる前に一族が仕えていた城の名は「ムゲン城」だったりする。


MUGENにおけるイヅナ

MUGENでは海外製作者のAkimoto氏制作とZero-Sennin氏制作が存在している。
両氏とも『ウィンディ×ウィンダム』のドットをベースに作られており、共に すごく揺れる

  • Akimoto氏製
現在は氏のHP閉鎖により入手不可。
刀での攻撃の他に、火球と地這うタイプの飛び道具、忍者らしい瞬間移動と超必殺技も搭載されているが、
sndファイルが公開されていないため 、非常に物足りなく感じてしまう。
外部AIが制作されていたが、こちらも無限ロダの閉鎖により入手不可に。

  • Zero-Sennin氏製
格ゲーしており簡易AIも入っているが、最近の更新で新MUGEN専用となった。
ボイスが搭載されているが、なぜかサクラのものとなっている。

出場大会

出演ストーリー



*1
ちなみに、北米版のタイトルは「無職忍者伝Izuna ~Legend of the Unemployed Ninja~」。
……確かに事実なのだが、こ れ は ひ ど い 。
国内版でも廉価版のパッケージには「リストラ忍者大安売り」と書かれていたりする。



添付ファイル