アティ


「報われなくても、誰かに笑われてもいい。

信じたいの!!」

バンプレストが発売したシミュレーションRPG『サモンナイト3』の女性主人公(選択制で、男版だと「レックス」になる)。
また、後の作品『5』にも登場する(同作の発売および出演はシリーズ開発元のフライト・プランが事実上倒産している中での発表だったため驚かれた)。
おっとりとした赤い髪の女性。基本的に敬語で礼儀正しく、しっかりした部分を持ちつつも無自覚にズレた言動を見せる。
軍人学校を 主席で 卒業した元帝国軍の士官だが、とある事件で軍を退役し家庭教師になった。
赤いニットのワンピースにオーバーニーの白い編み上げブーツを履いている。また授業時などは眼鏡もかける。
作中では「先生」と呼ばれ、ファンも大抵そのように呼ぶ。
レックスと区別する場合はそれぞれ「アティ先生」「レックス先生」と呼ぶのが一般的。
『3』では主人公の通例として会話ボイス無し、『5』での声優はセイバー四条雛子などを演じる川澄綾子氏。
ちなみにレックスのCVは櫻井孝宏氏でこっちはこっちで『Fate/prototype』の方のセイバーをやっている。

帝国の士官学校を主席で卒業するほどの才媛だが、初任務において起きた出来事により軍職を辞する。
その後、初任務の際に助けられたマルティーニ家の当主から請われて、
家庭教師としてパートナーとなる生徒と共に帝都の学校へと海路で向かう途中、海賊の襲撃と嵐で船が沈没。
海中に沈み行く最中、不思議な声を聞いたアティはそのまま生徒(と海賊達)と共に孤島に打ちあげられる。
はぐれ召喚獣の襲撃を受けた最中、再び声を聞いたアティはその声の命じるままに、
どこからとも無く現れた謎の魔剣を抜き放ち、姿形をも変化せる魔剣の強大な力ではぐれ召喚獣を退ける。
そして海賊達や島の住民と共に、島の謎を巡る陰謀に立ち向かう事になる。
ちなみに、覚醒状態は髪の一部が逆立ち獣耳のようになるが、地毛です。
+ 魔剣について
戦闘での性能だが、最初に得意属性を決め、戦闘前の選択肢で戦士または召喚師かの戦闘スタイルを決めることができる。
召喚師タイプを選ぶとメッセージが増えるため、こちらがおそらくデフォルトなのだろう。戦士タイプでも召喚ランクSに成長するし。
実際に優秀な魔法攻撃力にトップクラスのMPを持ち、
(デメリットもあるが)抜剣覚醒を使用することで MPが最大値まで回復する ためかなりの実力となる。
戦士タイプでも、反撃を受けにくい横切りタイプで最終的に貴重な横移動も上がり、MPもそこそこあるため、武器攻撃以外に回復や異常を撒くこともできる。
ただしどちらのタイプも多少打たれ弱いため、攻撃を受けないように立ち回る必要がある。

PSPリメイク版では全体の仕様変更によって自力ではSランク召喚術を撃てなくなり、新システムの「サモンアシスト」が必須となった。
またスキルシステムによって自由にスキルを覚えられるようになり全体的に強化された。
そして傀儡システム(ブレイブメダルを払うことで敵キャラや番外編キャラを使用可能になる新システム)によって
レックスとアティダブル主人公で本編プレイも可能となった。
また傀儡キャラの主人公は抜剣覚醒のデメリットがないので 抜剣先生拝み放題 使い放題で超強力だが、
アティが主人公だとアティの傀儡は使えないので、アティで抜剣覚醒しまくれるのはレックスを主人公にしたときか番外編限定になる。
ちなみにフリーバトルで2人を出撃させた場合、互いにレックスが兄でアティが妹と認識する(学友のアズリアは天然が増えて頭を抱えていたが)。
『2』や『4』の主人公ズは自分が年長だと主張するので割と珍しい。

趣味は釣りなのか、釣りのミニゲームがあるのに別のミニゲームである蓮ジャンプで一定時間同じ場所に留まると釣りを始める。
また、『5』のPVではレックス先生の登場シーンは彼が釣りをしているところである。
本編でも釣りのミニゲームで初登場となる。

天然巨乳眼鏡女教師という男心にクリティカルなデザインから、非常に人気が高い。色々な意味で。
イラスト担当の絵師からもエロいとお墨付きであり、後に発売された小説版でもアティ先生が主人公だった。
お気に入りのあの子と「夜会話」で親交を深めていくのもサモンナイトの醍醐味の一つだが、
アティ先生は主人公=攻略する側なので攻略しようがない点を悔やむプレイヤーも少なくない。
『5』ではNPCとなったがやっぱり攻略できず涙を飲むプレイヤーが続出した。
ちなみに『5』で新たに描き起こされたアティ先生は動きやすそうなホットパンツ装備となっている。こちらも必見。
…言っておくけど、アティ先生が人気すぎるだけで、レックス先生も人気はある方だからね? ティンコガードって言うな。
ちなみにレックス先生は攻略対象の関係で未亡人キラーやら人外キラー扱いされてる。未亡人の1人とはEDで結婚するし。

『サモンナイト』シリーズは基本的に主人公以外のキャラクターは日常パートも戦闘パートもフルボイスであり、
更に本編で声が無かった主人公キャラクターも続編や外伝にゲスト出演した際ボイスが付くようになっているが、
アティやレックスは『5』まで外部出演の機会がなく、長らく特定のボイスはなかった。
実のところ、『サモンナイト3』はシリーズ時系列では『1』や『2』、『4』より十数年程前の物語であり、
加えて舞台である孤島がとある原因で時間の流れが本大陸と違う上、
『3』の主人公やそのパートナーである生徒は島の守護者にして住民のまとめ役になるため、
おいそれと島の外に出ることが出来る立場でないという事情もある。
そのため、『4』に『3』のキャラクターが全く出ていないというわけではないが、先生達については扱いが難しく
出し辛かったのかもしれない。
一応、『4』のギャラリーで見れるおまけの設定文にて、『2』の時期に国と旧友の危機に『3』の主人公が悪魔の軍団と抜剣覚醒をして
戦ったと思しき記述や、『4』で特定の条件を満たしていると、先生なのか生徒のことなのかは不明ながら、
魔剣の使い手である『抜剣者(セイバー)』が舞台となる街に救援に駆けつける。

http://www.nicovideo.jp/watch/nm5242014
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5648655 http://www.nicovideo.jp/watch/nm8494832

『4』と『5』の間の話である公式小説『U:X(ユークロス)』では
本編主人公は基本的に男(ハヤト、マグナ、レックス、ライ)が出ているため今のところ出番はないが、
選択されなかった主人公達も別の形で登場で登場しているため今後なんらかの形で登場すると思われる。

+ 『PROJECT X ZONE 2』での活躍


MUGENにおけるアティ先生

楠木あくと氏が製作した手描きのものが存在していたが、2017年1月18日に艦これ2次創作フリーゲーム公開を以て公開休止。
「ホームぺージの容量確保までの暫定的な処置」との事。
前述の様に原作にボイスが無く、以前は廿楽冴姫のものが、現在は別作品のアティ先生に似てる人のボイスが使われている(CV川澄ではない。ボイスなし版もある)。
通常時の構えも変更されており、初期は片手に教科書を、もう片方の手に指揮棒を持っていたが更新後は教科書を抱きかかえたポーズになった。
各種召喚獣や魔剣を駆使して戦い、カイ=キスクみたいな対空技やおもむろに背を向けて本を読み始める当身「教師の片鱗」、
飛び道具、突進、コマンド投げなど技のバリエーションはかなり豊富。
リーチのある通常技やゲージ溜めも有り、なかなか器用である。
ただし旧バージョンにあったワープはなくなっているので注意。

なおパンチラを全く自重していないため、そういうものが嫌いな人は注意。
まああんな服で格闘すれば普通は見えないほうがおかしいわけだが……。
以前は特殊やられ等を使用した動画を動画サイト等に投稿するのはご遠慮ください、との注意書きがあったが、
末期は動画使用に耐えられない特殊やられは削除されており特に制限は無い模様。

『5』登場に伴ってかボイスも変更された模様。デフォルトでAIも搭載されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10959674
また、silvan氏による外部AIが作成された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15345126

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー