音無小夜

「わたし、頑張る。みんなが明日を笑って迎えられるように」

Production I.G製作のアニメ「BLOOD+」の主人公。読みは「おとなし さや」。「さよ」ではなく「さや」。
声優はスパIVハン・ジュリ、まどマギの美樹「さや」かを演じる喜多村英梨氏。

本作は同社製作の映像作品「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の「少女が怪物を刀で斬る」
というコンセプトを元に設定や登場人物を一新して作成されたアニメである。

コザ商業高校に通う女子高校生で陸上部に所属。
養父である元米軍の兵士・宮城(みやぐすく)ジョージ、義兄・宮城カイ、そして義弟・宮城リクの三人と共に暮らし、
1年以上前の記憶を失っている以外はごく普通の高校生だった。
しかしとあることから人を襲う謎の怪物「翼手」と遭遇し、以後何故か自分の血を翼手の血と混ぜることで
翼手が結晶化するという体質を武器に、謎のチェロ弾きの青年ハジと謎の組織「赤い盾」と共に
翼手と最終目標である小夜の双子の妹「ディーヴァ」を捕えるため、戦いの中へと身を投じていくことになる。

戦闘方法は自分の血を日本刀に染み込ませて相手を斬り、相手の血と混ぜることで結晶化させて殺すというもの。
翼手はほぼ不死身で拳銃や爆弾程度ではすぐに傷を再生させるため、
小夜のこの固有の体質は対翼手戦の切り札であった。
また小夜本人も通常の人間では達しえないほどの高い身体能力を備えており、
日本刀で巨大な体の翼手を真っ二つにしたり、数メートルはありそうな高いところから飛びおりたりすることも可能である。
また戦闘時には普段の黒い瞳が真紅に変わる描写がなされた。

+ 原作ネタバレ注意


MUGENでの音無小夜

リック氏による手書きのものが存在している。現在のバージョンは0.1。

まず目を引くのが 31種類 もある通常技。
あらゆる状況に対処できるように作ったとのこと。
逆に必殺技はたったの2種類であり、しかもそれらが移動技である。
移動技には投げと超必殺技以外への無敵が付いているが、超必殺技にも無敵が一切無いため、切り返しには乏しい。
その代わり通常技は判定が強く隙が小さいものが多いので、それらを駆使して戦うことになるだろう。
玄人向けのキャラかもしれない。

+ システム等

デフォルトでAIも付属しており、作者曰く「コンボをするだけのカンタンなAI」らしいが、
中々のガン攻めでそれなりにコンボを決めてくるため油断はできない。


出場大会




添付ファイル