りゅーたん

「私の~誘いを~ジョークにしないで~♪」

オンラインゲーム『FINAL FANTASY XI』より、タルタル族の竜騎士がMUGENキャラ化。
リューサン」より可愛く平仮名で「りゅーたん」。
別にこれといってネタ元があるわけでない、真面目なFF11キャラクターである。

タルタル族と竜騎士の相性

タルタル族はHP(体力)・STR(攻撃力)及びVIT(防御力)・MND(精神力)が低い。
AGI(器用さ)は高めであり、INT(知性)・MP(魔力)も高く設定されている。
このためMPを有効活用できるジョブに適性があると言える。
瞬間的に大量にMPを消費しなければいけない局面においても、他種族を遥かに凌駕する活躍を見せられる。
魔法を使うと必然的に敵からの敵対心を集めるため、敵に狙われ倒されやすいという難点もある。
逆にMPを持たないジョブでは、種族による優位性が発揮し辛い傾向にある。
ガルカ族と同様に、非常に尖った種族特性を持っていると言える。

そして竜騎士というジョブであるが、このジョブはこれらタルタル族の短所が露骨に表れる。
言うなれば茨の道という奴であり、紙装甲と低火力、そして生かせぬ膨大なMP&INT。
竜騎士でタルタルというのはかなり死に易く、ジョブに輪をかけてパーティーに誘ってもらえない。
生半可な覚悟ではそのタルタル族特有のプリケツを晒してうつ伏せに死ぬことになる。
INTとMPが絶望的に足りないエルヴァーン族が黒魔道士をやるのとどっちが辛いの?とは稀に話題になる。


MUGENにおけるりゅーたん

ヘッポコ氏がニコニコ動画において製作を発表し、この度完成にこぎつけた。AIは標準搭載。
実際よりワイバーンが小さかったり、原作と違ってワイバーンに乗って飛べたりしているが、
基本はギャグなしのガチキャラである。可愛ければ何でも許されるんだよ。
原作の両手槍ウェポンスキルを一通り搭載(「大車輪」は当身技となっている)、ジャンプも使用可能。
ワイバーンをオプションに従え、ちょろちょろ攻撃をしてくれる。尚ワイバーンにも喰らい判定・体力が設定されている。
ワールドヒーローズよろしくワイバーンが思った事を吹き出しで喋るが、この機能はON/OFF可能。
破滅のブラストスクリームだかドラゴンブレスだかの如くバハムートを呼び広範囲ブレスを吐かせる技もある。

関連項目


出場大会

削除済み