ガイガン


東宝映画の『ゴジラ』シリーズに幾度か登場した怪獣
1972年の『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』を初め、映画作品には3作品に登場している。
昭和のガイガンは身長65m、体重2万5千t。別名「サイボーグ怪獣」 または「未来怪獣」 または「宇宙怪獣」。
間違ってもどっかの軍人が使う必殺技ではない。

頭部に備えたゴーグルの様な単眼と大きな角、肘から先にある大きな鎌状の両腕が特徴。
「サイボーグ怪獣」という別名の通り、腹部の回転鋸と額の光線砲、背中には翼状の鰭を3枚持ち、
手足の付け根や胴部にあるプロテクターらしき物など、東宝怪獣の中でも特異なデザインをしている。

昭和シリーズに登場した敵怪獣のなかではキングギドラに並ぶ人気を誇り、現在でもファンが多い。
鳴き声も特徴的であり、後に『ウルトラマンメビウス』に登場する怪獣・ディノゾールの声に流用されている。

各シリーズでの設定、活躍

昭和シリーズでのガイガン

M宇宙ハンター星雲人によって宇宙恐竜がサイボーグ改造を施された怪獣。
星雲人がアトラクションに偽装して設置した「ゴジラタワー」と言う司令基地から放たれる特殊な磁気テープの信号で操られ
キングギドラと共に東京を襲撃。その後、世界子供ランド(宇宙人の本拠地)でゴジラアンギラスと戦った。
鎌状の両手や腹部の回転カッターでゴジラ、アンギラスに傷を負わせるなどして苦しめたが
人類の手でゴジラタワーが破壊されると形勢逆転され、キングギドラと共に宇宙へ撤退した。

続編の『ゴジラ対メガロ』ではシートピア海底王国の応援要請を受けてM宇宙ハンター星雲から送り込まれる。
メガロとのタッグでジェットジャガーを苦しめたが、ゴジラとジェットジャガーのタッグの前に敗走する。

なお、格好良さで定評を得ているガイガンのデザインは、少年誌のイラスト等で活躍していた水氣隆義氏によるもの。
しかし2008年になって本人から公表されるまでは「ガイガンは『講談社のミズキ』がデザインした」という情報しかなく、
"水木"しげるがデザインしたなど諸説あった。
興味のある人は水氣氏のサイトにデザインについての話があるので行ってみて損は無いと思われる。

+ その他の説明や活躍

平成シリーズでのガイガン


「ガイガァアアアアアアアン!!!!
  起動ぉおおおおおおおおお!!!!」

『GODZILLA FINAL WARS』に登場。本作ではX星人によって操られる。
こちらのガイガンは他の怪獣同様、身長120m、体重6万tと大分スケールアップしている。
デザインがアンデッドワームイマジンをデザインした韮沢靖氏によって
非常にカッコよくリファインされており、ソフビの初版が出来の良さも相まって即座に完売したほどの人気を誇っている。

モノアイから放つ拡散光線「ギガリューム・クラスター」と両手の鎌「ブラッディ・トリガー」が武器。
胸部からは小型の丸鋸状の武器「ブラデッド・スライサー」を発射できる。
かつてX星人が地球に収穫に訪れた際にモスラと戦って勝利し、古代文明を滅ぼした後ミイラとなって眠っていた。
地球防衛軍本部の地下に収容されたが、X星人の再襲来時に統制官の指令で再起動した。

+ 『GODZILLA FINAL WARS』での活躍の詳細


ゲームにおけるガイガン

ゴジラ 怪獣大決戦』にも登場。ゴジラの本来のライバルであるはずのキングギドラを差し置いて2Pの初期カーソル位置という座にいる。
このゲームで唯一の昇龍コマンド対空技「バックジャンプカッター」を持っており、レーザー光線や熱線といった飛び道具も持っているので
バランスのいい波動昇龍系キャラのように思えるがレーザーや熱線は硬直や隙が大きいため使いにくく
基本的にはしゃがみ強パンチや威力が高い投げ技のジェットカッターなどを主体に攻める近接戦が得意。

また、体力が一定以下で使用できる必殺技として流星人間ゾーン登場時に披露した「ガイガン忍法生き返りの術」を持っている。
コマンドが成立すると一瞬硬直状態になり、この時攻撃をうけるとKOされたかのようにスローがかかってダウンするが
すぐに起き上がって少しの間無敵状態になる…という、格闘ゲーム史上でもかなり珍しい性能である。
なお、この技を使って死ぬわけではないので自爆技の類とは異なる。
※1分9秒あたりから


MUGENにおけるガイガン

メカゴジラを製作したジロウガキ氏によって公開されている。
現在は『ゴジラ 怪獣大決戦』再現仕様のガイガンと
『GODZILLA FINAL WARS』アレンジ版のFWガイガンの2タイプが公開されている。
どちらもデフォルトでAIもあり、普通の格ゲーキャラと充分戦える性能がある。
FWガイガンの性能解説動画。DL場所へもこの動画からどうぞ。

+ 『ゴジラ 怪獣大決戦』仕様(通常の昭和ガイガン)
+ 『GODZILLA FINAL WARS』アレンジ版

通常版、アレンジ版ともにサイズを変える場合は少々特殊な作業が必要となるため、readmeを最後まで読んでおこう。

mugenの中での強さは通常版が強の中~上位、アレンジ版が強の上位といったところ。
+ 具体的には

基本的に「凶以上」「格ゲーの範疇を越えている」という印象を持たれることが多い多い怪獣キャラだが
MUGEN(ゲーム)上でのガイガンはいずれとも「格ゲーらしくまとまった怪獣」だといえるだろう。 
怪獣の中でもよく動きしっかり格闘戦をしてくれる上、大会動画的にも丁度いい強さなので使ってみては如何だろうか。

他にもモゲラのストライカーとしてFC版『ゴジラ』のガイガンが登場している。

出場大会

ガイガン(怪獣大決戦仕様)
FWガイガン(アレンジ仕様)

出演ストーリー

炎邪じゃー!!(42話)
東北文花帖:地下水路&どらごんズ(地下施設の最終ガードシステム)
怪獣王 王座復権への道 (FW仕様)

プレイヤー操作

ガイガン、起動、MUGENにて(レギュラーキャラ、FW仕様)
無限で雑多な対戦記(part21、FW仕様。part22、『ゴジラ 怪獣大決戦』仕様。)
色々な人達の挑戦(part33、FW仕様)
ブリジットと遊撃の旅(part484、『ゴジラ 怪獣大決戦』仕様)