アズラエル

アメリカのDCコミックの人気シリーズ『バットマン』の登場人物。
初出は1992年の『Batman: Sword of Azrael #1』。
「アズラエル」は、イスラームにおけるヒトの生き死にを司る天使「アズラーイール」の別表記である。
全ての人々の誕生を記録し、死を見届け、その経歴をもとに裁くのだと言う。
反コーディネイター団体盟主王ではない。
まあ、日本ではアズにゃんとか呼ばれてるけど。

本名はジャン・ポール・バリー(ヴァレーとも)。
ゴッサムシティでコンピューターサイエンスを専攻する大学生だったが、
父親が謎の人物によって殺害されたことで、自身が 聖デュマス騎士団 の末裔である事を知る。
死の間際に父から騎士団の暗殺者、復讐の精霊、死の天使「アズラエル」の4代目としての使命を託されたジャンは、
父を殺した仇を追跡する過程でバットマンと知り合い、共闘して黒幕を撃破。
この後もバットマンとは交流が続き、クライムファイターとして様々な指導を受けた他、
バットマンが危機に陥った際には救助に向かい、またバットマンの代理を務めるなど、強固な信頼関係で結ばれている。

しかしジャンに密かに施された システム と呼ばれるデュマス騎士団の洗脳は、
彼の自我を着実に蝕んでおり、また使命の重さに押し潰されそうになる事も多々あった。
バットマンがベインによって背骨を折られた後、正式に二代目バットマンを襲名したものの、
持ち前の正義感や使命感から、その責務によって押し潰され、精神的に追い詰められてしまい、
犯罪者に対する制裁は苛烈さを増し、最終的にはアルフレッドやロビンからも見放されてしまう。
更に偶然、その時期にゴッサムを訪れたパニッシャーにも経験不足から敗北。
やがて完全に暴走してしまったアズラエル/二代目バットマンは、ゴッサム市警をも敵に回してしまった。

そして療養を終えて帰還したブルース・ウェインは、バットマンとしてアズラエルを撃破。
彼をシステムの束縛と、バットマンとしての使命から解放することで、ジャンは正気を取り戻したのであった。

ヒーローとしての能力は、暗殺者として刷り込まれた戦闘能力。
コスチュームを着ることで精神が切り替わり、戦士としての性能を十全に発揮できるようになる。
炎を発する剣をマウントした篭手や、防火・防弾の鎧など、時代がかった装備が多いが、
それらは聖デュマス騎士団によって生み出された「システム」の叡智の産物でもあり、
代々のアズラエルに受け継がれてきた、強力な装備なのだ。
またアナログな装備が目立つその一方で、コンピュータを使用した情報操作の腕はかなりのもの。

しかしいかんせん、経験不足で未熟な面は多々見られており、
己の使命に悩み、苦しみながら、一人前のヒーローへの道を歩み続けているのである。

ジャンはその後、改めてヒーロー・アズラエルとして数々のヴィランを打ち破ったがやがて戦いの中で生死不明に。死体は見つかっていない。
……と思っていたら、「ブラッケストナイト」というイベントでアンデッドの軍団「ブラックランタン・コーズ」の一員として登場したことから死亡していたことが確定した。
おまけに特にバットマンファミリーと絡むこともなく他のブラックランタンとともに倒されてしまった……ひでえ。

ちなみに「ジャン・ポール・バリー」の顛末は以上の通りだが、「アズラエル」としては現在別人が二代目として活躍していた。

……が。

近年はDCユニバース全体を再構築する「リランチ」の影響を受け、初代アズラエル「ジャン・ポール・バリー」が復帰。


リランチされた初期作品の1人に選ばれたということは、やはり彼のファンも多かったのだろう。 消された2代目?……知らんな。
こちらは冷気を操る剣を持ち、やはりゴッサム・シティにおいてバットマンと共に活動している。


MUGENでは

Jasontodd氏が制作した物が公開されている。
基本的には格闘を使うが、手から炎を出しても攻撃できる。
技の数自体は少ないが、状況への対応能力はそれなりにある。

出場大会