キレイハナ


―ときおり キレイハナが あつまって おどるような しぐさを みせる。
        たいようをよぶ ぎしき といわれる―


データ

図鑑No.182
分類:フラワーポケモン
タイプ:くさ
高さ:0.4m
重さ:5.8kg
特性:ようりょくそ(「ひざしが つよい」状態のとき、すばやさが2倍になる。)

任天堂の育成RPGシリーズ『ポケットモンスター』に登場するポケモン。初出は金・銀。
進化前のクサイハナより小さく軽くなる他、大きさに至ってはクサイハナの進化前のナゾノクサより小さい。
日光を好み、甘い香りを放ちながら舞い踊るという習性を持ち、同じくクサイハナから進化するラフレシアとは対照的なポケモンである。

+原作におけるキレイハナの詳細
種族値
HP: 75
攻撃: 80
防御: 85
特攻: 90
特防: 100
素早: 50

同じクサイハナから進化するラフレシアとは特攻と特防を入れ替えた数値。
クサイハナに「リーフのいし」を使うとラフレシア、「たいようのいし」を使うとキレイハナに進化する。
進化後はどくタイプがなくなり、くさタイプのみになる。これによりエスパータイプなどのわざで受けるダメージは減少するが、
むしタイプとどくタイプの攻撃には弱くなってしまった。進化してタイプが減るポケモンはかなり珍しい。

特防が高く、素早さは低い。他の能力は平均並。アタッカーもしくは対特殊の耐久型などが考えられる。
天候をはれにすれば特性「ようりょくそ」ですばやさ2倍、「ソーラービーム」を1ターンで打てる、「こうごうせい」でHP2/3回復と、
大幅なアドバンテージを得られる。加えて「ねむりごな」、「しびれごな」で相手を抑制できれば突破されにくくなる。
他の攻撃技としては、「ヘドロばくだん」や「めざめるパワー」などが候補となる他、第六世代で防御種族値が上がり、
「マジカルシャイン」・「ムーンフォース」(こちらはナゾノクサ限定)を手に入れ、ドラゴンタイプにもある程度強くなった。

(以上、Wikipedia及びポケモンWikiより転載、改変)

どうでもいい余談だが、鳴き声が「ロッテリア」に聞こえる空耳があり、ニコニコの原作動画では登場する時によくコメントが流れる。


MUGENにおけるキレイハナ

まりさん氏による手描きのものが公開されている。
大抵の技が方向キー+ワンボタンもしくはワンボタンのみで出せるので、初心者やキーボード操作にも優しい。
体高0.4mということもあり、とても小さい。
製作者曰く「それでも大きく描きすぎた」らしいが、ポケモンずかんの高さ自体平均値だろうし問題はないだろう。

通常技のリーチは短いものの、波動拳のような飛び道具「エナジーボール」、発射時に相手の居る角度に飛ぶ「マジカルリーフ」、
設置技の「くさむすび」など、特殊攻撃メインのポケモンらしく多彩な技を有している。
これらはワンボタンで放てるので、飛び道具を持たない接近戦が主体のキャラにとっては脅威だろう。
他にも相手から攻撃を受けるまで有効な「やどりぎのたね」や、通常投げの「すいとる」で体力を奪って回復したりもする。
また、ナゾノクサ・クサイハナ・ラフレシアをストライカーとして呼び寄せることも可能。
また、2ゲージ消費技「にほんばれ」により一定時間一部の技がパワーアップし、移動速度も上がる。
ゲージ回復技である「こうごうせい」の回復速度も2倍となり、飛び道具性能が高いことも相まって、タッグバトルでの活躍も期待できるだろう。
反面、ひこうタイプに弱い草タイプ、地面から生える植物らしく、空中では使える技が少ない。

遠距離戦が得意なキャラなので、飛び道具で牽制しつつ画面端が定位置に陣取り、
多彩な飛び道具やクサイハナの壁で相手を近づけさせずに戦う戦法がメインとなるだろう。
相手の接近を許してしまった場合は、凄まじい速度の小パン連打と「はなびらのまい」などの近距離ゲージ技で活路を開きたい所。
デフォルトAIも搭載されている。

この他、このキャラに強化改変を施した「キレイハナEX」がmugenうpろだにて公開されている。ランクは凶中位~準神とのこと。



―小さくても最終進化系を侮ってはいけない―



出場大会