レオ(ジョイメカファイト)


「どとうのせめとは どういうものなのか、みせてあげよう。」

任天堂がファミコンで発売したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』に登場するキャラクター。
ステージ4に登場する8体のワルロボのうちの一体である。こっちの獅子顔剣士ではない。レオ将軍でもない

イーロボ(プレイヤーキャラ)であるタイガーのアッパーキャラ。
タイガーとの違いは顔がやや険しくなっていることと、各パーツが少し豪華になっているところ。
デザインやモーションのモチーフはタイガーと同じくムエタイで、
ムエタイの特徴であるヒザ攻撃もしっかり装備している。

性能的にはワルナッチ博士の言葉通り、完全に攻めに特化している。
用途の違う三種類の突進技をあわせ持ち、あらゆる状況から即死連携に持ちこめる
一度ダウンしたら二度と起き上がれなかったなんてことも珍しくはない。
強さランクでは当然のごとく最上位グループの一人に名を連ねている。
攻めのレオ・守りのカエン・一発屋のスカポカーンでバランスが取れている…と言えなくもない。

技性能解説

  • フライングレオキック (←押しながらB 10POW)
ジョイメカではスタンダードな突進技。スピードは速いが威力は控えめ。
しかし本家タイガーのものと違ってダウンを奪うので、起き上がる相手をめくるようにして
この技を重ねておけば仕様によりガード不能になるため、以下繰り返しで相手は死ぬ。
他にも、終わり際をガードさせれば硬直中の相手を投げることもできる。
ちなみに、隠しコマンドで←ため↓+B、もしくは斜め左下+Bで弱バージョンのフライングレオキックも出せる。
低空を地面すれすれに飛んでいくので、通常版よりも飛距離は短いが、わざわざ言うまでもなく起き攻めで相手は死ぬ。

  • ファルコンアタック (ジャンプ中に↓押しながらB 10POW)
一言で言えば急降下式飛び膝蹴り。これもスピードはあるが威力が微妙。
そもそも中段下段の区別がないジョイメカでは空中からの攻撃にあまり旨味はない。
しかしこの技をガードさせると硬直中の相手に投げが確定するため、結果的に相手は死ぬ。
  • リニアアッパー (←↓→+AB 24POW)
一定距離を高速でダッシュ(見た目は滑ってるだけ)してからジャンピングアッパーを繰り出す。
威力が高く、前進および上昇中は完全無敵なため、持ってるだけで有利なはずの飛び道具にプレッシャーをかけられる。
もちろん当たればダウンを奪うため、その後のフライングレオキック×nで相手は死ぬ。
落下中は無防備だが、なぜか落下速度がやたらと速いので反撃も受けづらい。
  • レオスープレックス (相手の近くで→or←+A 16POW)
ごく普通の投げ技。ファルコンアタックガードから確定して相手は死ぬ。
ムエタイなのにスープレックス? と思うかもしれないが、世の中にはバックブリーカーを繰り出すムエタイファイター
ウルトラなバックドロップをかます空手家もいるので何もおかしいところはない。

MUGENにおけるレオ

  • 卵寒天氏製作
卵寒天氏が製作したものが存在していた。現在は氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
氏の他のジョイメカキャラと同様に現代風のアレンジが施されていて、
ダッシュ・バックステップ・上下ガードの区別・空中ガード・キャンセルなどができるようになっている。
フライングレオキックのめくりガード不能も再現されており、中段になったファルコンアタックと合わせて強烈な攻めが可能。
立ちキックも空中ガード不能というこっそり調整(ジョイメカでは常識)も健在。
ちなみに、氏のレオの発生1フレーム技はレオスープレックスだけなので勘違いしてはいけない。
+ 詳しい解説

乱入者氏によるAIも制作されていた。(公開終了)
テーマは「地獄の起き攻め」。
レベル設定は9まで。推奨レベルは7。
悪咲3号氏のCVSGルガール(デフォAI・Cグルーヴ)や邪悪の化身ディオ(misobon_ism氏AI)と同レベルらしい。
LV9は氏の許可がないと動画仕様は禁止。なぜならハメと永久しか狙わないからだそうで。
……しかし、それでも氏いわく「負けるときは負ける。凶の壁は厚い」とのこと。

コンボ表はご覧の通り。それ以外のくわしい解説はリドミ参照。
レシピ ダメージ
パンチ×3→フライングレオキック 280
キョウパンチ→リニアアッパー(ノーマル) 350
アシバライ→リニアアッパー(ノーマル) 260
リニアアッパー(その場)×2 320(画面端限定)

  • 雑魚氏改変 キングレオ
改変キャラとして雑魚氏のキングレオが公開されている(DQ4のボスではない)。
火力はそのままだけにあらゆる10割コンボを狙うかなりの鬼畜性能。
特に新しく追加された1ゲージ技「レオスカイスープレックス」は、
  • 相手の体力を7割以上減らす威力
  • 空中でもダウン中でも掴む判定
  • 開幕の立ち位置から既に投げ間合いになるリーチ
  • 技の最後に当身付き
となっており、この技で一発逆転が狙えるほど超高性能。
また、5Pは 常時回復・常時無敵・ゲージ上昇値増加・攻撃力と防御力1~100倍にランダムで変化・投げが即死化 などが付き、即死当身が無いキャラがほぼ詰んでしまうような狂最上位となっている。
ReadMeによると、5Pは 「すごい真っ当な狂キャラ」 らしい…


出場大会