ストーム・フクロウル


「目標捕捉!5分以内に撃破する!」

CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンX4』に登場する8ボスの1体。
名前でわかるとおり、モチーフはフクロウ。「大空の参謀長」の二つ名を持つ。
CVは『キン肉マン 王位争奪編』のバッファローマンや『機動武闘伝Gガンダム』のレイモンド・ビショップなどを演じる岡和男氏。
同作品では同じく8ボスのフロスト・キバトドスと一人二役である。

レプリフォース参謀本部に所属する将校で、知略戦にかけてはレプリフォースでも随一。
プライドがとても高く、レプリフォースがイレギュラー扱いされたことに対して激しく怒っている。
今回の作戦ではレプリエアフォースの空中艦隊に出張し、指揮官として陽動作戦を展開しており、
やってきたエックスゼロと戦うことになる。
倒すと、エックスなら「ダブルサイクロン」(スクリューを左右で出す奴ではない、むしろチャージ版がスクリューストレートに近い)を、ゼロなら「天空覇」を入手できる。

ステージに特筆することはないが、フクロウルと戦うボス戦が厄介極まりない。
空を飛びながら移動してやたらと画面外に行くため、こちらと横軸を合わせたり接近したりすることも難しく、長期戦になりがち。
おまけに避けにくい攻撃パターンも多く、消耗戦になっていつの間にか負けていたというパターンもありがち。
ボス部屋の両サイドに壁が無く、中央の足場も判定が厳しく壁蹴りで上りづらいので、壁蹴りで回避行動を取りづらいのもキツイ所。

+ 主な攻撃

X4はパターンさえ分かれば簡単なボスが多いが、フクロウルはパターン化しづらいので回避しづらさは作中トップクラス。
弱点を使用しない戦闘ではX4の8ボス最強クラスであろう。

特にゼロは弱点の「落鳳破」に弾数制限がある*1上、攻撃力の都合上根元でしっかり当てなければ全部使っても倒せない。
弱点武器を持つサイバー・クジャッカーも倒しにくい相手なので、できるだけ最後の方に回した方がいいだろう。
(但し、ゼロの場合は3段切りの3段目だけ当てると与えるダメージが激増するので、使用制限のないこちらをメインに使って効率よく戦うことも出来る。)

何故か、弱点ヒット直後にノヴァストライクを当てると大ダメージを与えられる。


コミックボンボン版の漫画ではカーネルと並んでジェネラルに反乱を進言しており
地位の高さを伺わせるが、戦闘シーンはなく、最期のセリフも言い終わる前にエックスに瞬殺されている。


MUGENにおけるフクロウル

Snowwolf氏によるものが公開されている。
空は飛べないが、カマイタチや風の刃、さらには原作になかったレーザーで攻撃することができる。
ただ、全体的に軌道はかなり直線的で速度も速いため、若干力押しの印象も受ける。
性能も高いので、通常の大会で使うのは難しいだろう。
瀕死時のロマン技にはなぜか西行寺幽々子が出てくる。(また、この時の勝利演出は通常時と異なる)

「ヒヨッコめが……地面にへばりついていればいいものを……」

MUGENでの知名度は本人の出番が少ない所為もあってか
フクロウル自身より、ぷにぷにしてる地獄鴉が登場シーンを真似している方が有名か。

また、gm氏がフクロウルを公開しており、攻撃手段は少ないが空を飛べる。
今は閉鎖のため入手不可能。

出場大会


出演ストーリー



*1 :落鳳破自体は最大で4発までしか撃てないが、エックスの「ノヴァ・ストライク」に相当する技であるため、
ゼロがダメージを喰らうごとに技のエネルギーが少しずつ回復する仕様になっている。
しかし結局のところ、充分に引き付けてから撃つ方が効率良く倒せることに変わりはない。



添付ファイル