ジオーン


「ボコボコとジオのうらみ、ぞんぶんにあじわうがいい!」

任天堂がファミコンで発売したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』に登場するキャラクター。
ステージ3に登場する8体のワルロボの内の一体である。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアするとSELECTボタンで対戦でも使えるようになる。
公国怪獣と関係ない。

ステージ2で登場したボコボコジオのパーツを流用したロボで、ジョイメカ唯一の合体事故合体ロボと言える。


原作での性能

通常技はそれなりに高性能なものの、後述する必殺技がどいつもこいつも微妙……というか
わざわざ使えない必殺技だけを集めたような品揃えのため、強さ的には悲しいことになっている。
ステージ3担当のくせに最大火力が12止まりということも相まって、大半のイーロボよりも弱い。
何故にワルナッチ博士がこの2体の弱い所を組み合わせたのかは謎。使い回しするくらいなら何故ピエール(仮名)を出さなかったのか…。
ここだけの話、ジオーンは火力不足や、反確死に技の多さからジオの劣化になってしまった。ぴより値もジオより低い。
無駄に軽量化でもしたのかに異様にジャンプ力が絶妙高くてふんわり遅いので飛んだら基本落とされる。ホウオウキャノンをジャンプでかわしてもホウオウアッパーが基本間に合うほど。
マイナスとマイナスを掛け合わせてプラスにするはずが、
マイナス同士を足してマイナスのままにしてしまったようだ。たぶん合体材料にボコボコを混ぜたのがよくなかった

必殺技

  • 「ジオーンウェーブ」
    • ↓押しながらA ダメージ12POW
エネルギーボールを頭上で収束させてから撃ち出す技。
「予備動作が長すぎ」というジオウェーブの欠点をそのまま受け継いでいる。しかも後継機なのに威力が上がってない。
挙句の果てにルックスがボコボコになったせいで唯一の利点だったカッコよさまで失われているという始末。
一応牽制に使えないこともない。
あしばらいヒット後に速度を遅くして出すことで、相手の起き上がり後の攻撃を強パンチで迎撃できれば強パンチから連続ヒットするので威力24のコンボにすることもできるが、余りにもたらればすぎて対人戦では使いづらい。


  • 「ダダコネアタック」
    • A連打 ダメージ8POW(一発当たり)
両手とエネルギーボールを振り回して大暴れする。ボコボコの「ハチャメチャ」を受け継いだ技。
こちらは威力も2倍にアップしているが、元のダメージがたったの4なので焼け石に水である。
一応削りに使えないこともない。
ボコボコの時と違いちゃんと手全体に攻撃判定がある。


  • 「ジオーンサイクロン」
    • →押しながらB ダメージ8POW(モーション中に↑+A+Bで小ジャンプ)
逆立ちして回転しながら突進するという忙しい技。追加入力で軌道を変えることができる。
無敵がないため飛び道具を抜けることができず、突進技なのにハメ連携にも使えない。そしてガードされれば反確。ハリケーンボコボコとの違いは、相手がダウンしている状態で↑ABを使わずとも裏に回ることができるぐらい。
一応奇襲に使えないこともない。基本的には対空技として用いる。ボコボコの時と同様技発生時の冗談みたいな上への攻撃判定の広さは残っているので、やはりでかがり対空として使う事になるのだが。
ジオーンはボコボコとちがってキックで対空した方が圧倒的に安全なので。


  • 「ジオーンナゲ」
    • 相手の近くで→or←+A ダメージ12POW
ごく普通の投げだが、威力が微妙なことを除けばたぶん一番使いやすい技。
余談だがダダコネアタック、ジオーンサイクロン、そしてこのジオーンナゲのモーションは
ボコボコのものを流用しているため、アニメの後半では「ボコボコのニュートラルポーズ」に戻ろうとしている。余程合体が嫌だったのだろう



MUGENにおけるジオーン

卵寒天氏が製作したものが存在していた。現在は氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
氏の他のジョイメカキャラと同様に現代風のアレンジが施されていて、
ダッシュ・バックステップ・上下ガードの区別・空中ガード・キャンセルなどができるようになっている。
この他にも原作では「必殺技は投げを含めて4つまで」という制限のせいで外されたボコボコ達の技も搭載されている。
NS氏によってAIが公開された。

出場大会