水坂憐

「うん・・・てくてくって歩いてきたんだよ」

戯画から発売された18禁アクションADV『BALDR FORCE』のメインヒロイン。「みずさか れん」と読む。
字が似てるけど「」とか「」は「りん」なので間違えないように。「可憐」の「憐」と覚えよう。
後に製作されたファンディスク『Xross Scramble』にも登場している。CVはPC版はまきいづみ。PS2版は野川さくら。OVA版は下屋則子


ストーリーの序盤から主人公透の前にいろいろな場所で姿を現す少女。BALDR FORCEの物語は現実とネットの二つで進行していくのだが
(「バルドシリーズ」は初期3作はロボット物だったが、本作以降はネットバトル物である(ゲームシステムは共通)。
 そのため本作以降を「バルダーシリーズ」と分類分けすることも)
ネットのみに現れ、しかもAIにより定められた不可侵であるはずのネットの法則を無視して動き回っており、軍用の攻性防壁なども無効化できる。
そのため、透は最初凄腕のハッカーではないかと考えていたが……。
ネット上において接近するだけで即死する黒い球体「リバイアサン」(見た目から通称『●』とも)と何らかの関係があり、軍などにその行方を捜されている。
ストーリーを進めていくにつれその正体がプレイヤーにも薄々分かるようになっていき、最終シナリオでその正体が明らかとなる。
+ 本編ネタバレ

性格は極度のブラコン。兄に対する依存性がかなり高く、傍にいる場合は常に甘えたがる。

キャラクター性能

TEAM BALDRHEAD製作のデュエルセイヴァー系のアクションゲームである
『Xross Scramble』内の『Scramble Savior』で初登場。

通常攻撃でも転ぶ、走っても転ぶ、その場で寝て「ZZZ」の文字で攻撃。
リバイアサンを設置し本体とのタンデム攻撃。
超必殺技である拡散波動砲も予めリバイアサンを設置していないとコンボ組み込み不可。
ぶっぱなしで全弾フルヒットはまず当たらない。
(このゲーム自体が多人数対戦なのでぶっぱなしでも出し得と言えば出し得である)
といったかなりクセのあるキャラ性能である。

しかし特筆すべきはもう一つの超必殺技である「吸収」(原作で言うところの永遠の世界)
このゲームは超必殺技ゲージが特殊であり、細かな説明は割愛するが最大で11ゲージである。
通常キャラの超必殺技、及び前述の拡散波動砲の消費ゲージは一律2ゲージであるが、
この吸収という技は5ゲージを消費する。
技を発動した瞬間から完全無敵、技が始まったら敵キャラを吸い込み憐に接触したら即死
覚醒した主人公やラスボス、はたまた神様までも即死。
吸い込んでいる時間内に憐に接触すればいいので、複数キャラをまとめて倒すことも可能。
一応、連続バックダッシュなどで回避は可能である。

同ゲーム内のサバイバル・コースさだめられしレクイム内の最高難易度Eコースの『アヴァターの悪夢』
このコースを見切りガード(簡単なブロッキング)と吸収のみでクリア出来てしまう。
憐、恐ろしい子!?
+ 本編ネタバレ

MUGENでの水坂憐

『Xross Scramble』のスプライトを元にしたものがIwakick氏により製作、公開されておりAI、新mugen版も同梱されている。
『Xross Scramble』を元に若干のアレンジを施したとのこと。
飛び道具がメインとなる遠距離キャラ。通常飛び道具やビーム、場所指定型などが使用できる。
見た目サイズが小さいように見えるがちびリバイアサンに食らい判定が付いているためそこまで小さいわけではない。
通常攻撃のリーチはあまり長くないが密着ヒット時はチェーンコンボによりエリアル始動の2強までつなげて空中コンボに
持っていく事が可能。ゲージはMAX5ゲージで超必殺技はいずれも1ゲージ消費。強化型ビーム、全方位飛び道具などが使用可能。
地上ダッシュ、空中二段ジャンプなども可能。空中44や66はダッシュではなくワープとなる。地上でも必殺技として場所指定型のワープを持つ。

また原作の攻防ゲージが新たに導入されており(原作と同様のゲージを使用しているが効果は制作者独自に改良)ラウンド開始時は最大1ゲージまでで
ゲージ増加量は時間経過のみとなる。
敗北後次ラウンドで1ゲージを追加して最大2ゲージまでストック可能となる。
GIGA CANCELというドリームキャンセルのような超必殺技を超必殺技で繋ぐ際に消費する。

体力が減少するとT.O.P.IN風に攻撃力が5%、防御力が20%上昇。アルカナフォースのようなものによるコンボからの脱出も体力減少後1ラウンド1回使用可能
また敗北後の次ラウンドからはT.O.P.INまでは防御力が3%上昇する。

1ラウンド取得時,憐の体力3割以下で、5ゲージ消費
発生保障なし、コンボにならない、発生速度が極めて遅い、全画面ガード不可一撃必殺技が使用可能。
潰されやすいやすいものの自ライフの減少、相手体力の減少に応じて発生が早くなる。
また圧倒的な体力差で憐が優位に立った場合、即発動が可能。
ちなみに通常時で一撃発動を阻止された場合は残り体力にかかわらず逆にこちら側がKO負けとなる。
ヒット時には主題歌Face of Factが流れ原作ファンには馴染み深い演出と共に即死させる。

即死が使用された動画
+ ネタバレ注意


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み