ルーベット=フォルナーク


「ふう、代行者のお仕事は好きじゃないんですけどねー」

ケロぴょん氏が制作した同人格闘ゲーム『CRIMSON ALIVE』の登場人物。
ヴァチカン教会の「埋葬機関」という部署に所属している埋葬代行者である。
(要するに「人外と異端専門の始末屋」で設定的にはこの人と同じ職業)
体にぴっちりフィットしたミニスカレオタードが特徴的。エロい。

プロフィール

格闘スタイル:埋葬式銃刀武術
年齢:19歳
職業:私立探偵(ヴァチカン教会所属「埋葬代行者」)
性格:楽観主義者でマイペースなのんびり屋だが、直感は鋭い。
家族構成:両親は既に他界(共に教会の高い地位にいた人物)
趣味:読書(ほとんど推理小説)、食べ歩き(実はかなりの大食い。底なし胃袋)
好きな物:松田優作、コーヒー(ブラックは苦くて飲めない)、愛車のべスパ
嫌いな物:礼儀作法

使い手を選ぶという対魔用魔道武装のほとんど全てを操る事ができる、教会内でも屈指の天才的な才能の持ち主なのだが、
地位や立場をあんまり気にしないせいで教会では異端児扱いされており、極東の日本に派遣(事実上の左遷)された。
しかし、彼女はヒマになったのをいいことに表向きの職業としての探偵事務所を開業し、そっちの生活を満喫している。
ゲームでは、上司のマリアベル・ガーネットから日本に潜入したイレギュラーの殲滅を命令されたため、
とりあえずの平和な生活を取り戻すべく任務に取りかかることになる。

性能

格闘戦のほか、銃・手榴弾・ロケットランチャーなどを使った戦闘術で押していくタイプ。
どれにも十字が刻印されているので、たぶんヴァチカンの支給品だろうと思われる。リアル「聖なる手榴弾」である。
基本的に遠距離のほうが強いのだが、基本システムが空中ダッシュや二段ジャンプを搭載していないので、立ち回りが重要になる。

MUGENでは

同人格闘ゲームキャラでおなじみのハイパーヒロロ氏が制作した物が公開されている。
ただし、今回も作者のケロぴょん氏に連絡が付かなかったので了解は取っていないとか。動画で使用する際には気をつけよう。

基本的にだいたい原作通りに作られているが、空中受け身など空中での軌道が改造されているため、空中性能がアップしている。
また、7P~12Pを選択すると、一部必殺技キャンセルできる「ヒートキャンセル」が1ゲージ消費して使えるようになる。
このため、原作よりもコンボを組んでいきやすくなった。
ただ、2段ジャンプや空中ダッシュは相変わらず無理なので、下手に飛ばないように注意。

くいだおれ氏のカラーパレットも同梱されており、原作よりも多くのカラーが楽しめる。

AIパッチはejanho氏によるものが存在する。
氏がyoutubeに投稿した彼女とユキノ・オザワの対戦動画の概要内に、AIの置かれたskydriveのアドレスが併記されている。
隙のない立ち回りで銃撃とランチャーを絶妙に使い分け、対空技も積極的に繰り出すなかなかの強さである。
動画での彼女の動きをご覧になればよく分かると思う。

キャラの作者名を間違えている上に、AI作者も不明としていたり色々とアレだが、
彼女の数少ないニコニコでの対戦動画ではある。


「何かお困りの事がありましたら
       フォルナーク探偵事務所を
              ご利用下さいませ~。」


出場大会

  • 「[大会] [ルーベット=フォルナーク]」をタグに含むページは1つもありません。