ギャリバン



変身せよ!宇宙戦士ギャリバン!

日本物産のアクションゲーム『コスモポリス ギャリバン』の主人公で、宇宙連邦警察所属のサイボーグコップ
元ネタは言うまでもなく宇宙刑事シリーズである。
なおそのタイトル故非常に誤解されやすいのだが、
このゲームは元ネタの 宇宙刑事シリーズとは一切関係のないニチブツのオリジナル作品 であるので注意が必要である。
尤もニチブツは大概こんなノリである。 特に「脱衣麻雀」に関してはあんなのこんなのその他諸々と。
一応ニチブツ完全オリジナルの『クレイジークライマー』(ただしBGMは…)、『ムーンクレスタ』等の名作もあるよ。念のため。

原作ゲーム

初めに発売されたのは1985年のアーケード版。ジャンルはアクションシューティングで、悪の首領ゴースを倒すために戦う。
バリバリのニチブツサウンド

しかしレゲーファンにとってのギャリバンはやはり1988年に発売されたファミコン版であろう。
こちらはアクションRPGで、暗黒組織マドーの首領マディウスを倒すために戦う。
詳細はこちらのプレイ動画を。 FC版ニチブツサウンド
ビームガン撃ちまくりだったAC版とは一転、ブレードが主兵装となる。
謎解きやブレードレベル上げがやや面倒くさいものの、隠れた名作としてひっそり人気がある。

続編のSFC版は1993年発売。宇宙シンジゲート・マーガの魔神グロゥヴスを倒すため戦う。
今度は『ファイナルファイト』系のベルトアクションとなり、攻撃手段も素手メインに。
プレイヤーのコスモポリスにクィーンビーとメタルホークが加わり、グラフィックが大型化した他、
上段・下段攻撃に必殺技やガードなどが搭載された。
さりげなくVSモードもあるので格ゲーと言えなくもない。
しかし操作性が悪く評価はイマイチで、ニコ動にもプレイ動画がない。


MUGENにおけるギャリバン

とけい氏製作のギャリバンが存在。
基本のスプライトはSFC版だが、演出にはFC版の要素も取り入れられている。
特に登場デモはFC版とSFC版とが混在しており、髪型も色も違ったりするが気にしない。
またギャバンの蒸着ボイスを「ギャリバン」と聞こえるよう加工してあったり芸が細かい。

基本動作は氏のアレンジが大幅に加わっており、ボタンは1つしか使用せず、
レバー方向によって攻撃が変わる特殊な操作となっている。

+ 必殺技解説

標準搭載されているAIはコスモブーメランを盾に必殺技で押していくタイプ。
隙をフォローするためか中間距離でカプセルボンバーを連発する行動が目立つ。
攻撃力が控えめなこともあって、ハマれば強いが一進一退になりやすい、ほどよい強さである。

とけい氏曰く完成度55%。たしかにカンフーマンの負けボイスが聞こえたりもする。
いつの日か姿を現すであろうパーフェクトギャリバンの勇姿に期待しよう。

出場大会




添付ファイル