ガンダムサンドロック



「ありがとう…僕のサンドロック…」

 形式番号 XXXG-01SR
 全高 16.5m 重量 7.5t

『新機動戦記ガンダムW』に登場するMS(モビルスーツ)。
地球上の連合及びOZに対する一大テロ作戦、オペレーション・メテオの中核として開発された5機のガンダムタイプMSの1機。
開発スタッフの1人H教授が、名家ウィナー家の庇護の下L4コロニー群にて完成させた機体で、
砂漠等の高低温環境や不整地といった過酷な環境に適応した機体である。

メイン武装は背部に背負った2本のヒートショーテル。
元の斬れ味もさることながら高熱を発することでさらに敵機のボディを断つことを容易にする大型で重い実体剣。
刃のついた側を内にして大きく湾曲した独特の形状をしており、これはエチオピアに実在した特殊な刀剣をモチーフにしている。
本来のショーテルは盾を構えた敵に対し、湾曲した刀身でもって「盾を迂回して直接向こう側を攻撃する」という変則的な用途の武器であるが、
ヒートショーテルは相手の盾の有無を問わず大鉈のように振るわれているため、あくまでモチーフというところか。
(ちなみにこの作品には女性ファンが多く、イラストや薄い本を書く女性作家も星の数ほどいたのだが、この剣独特の形状をうまく描けないと彼女ら泣かせで有名であった)。
作中では投げつけて使用される事(特にマグアナック隊の支援を受けなくなって以降)も多く、赤色化した刀剣がリーオーにめり込んだ後徐々にボディを割っていくという独特の演出がされる場面もあった。
シールドとバックパックを組み合わせることで敵機を挟み込んで両断するクロスクラッシャーという武器にする事も可能。
他に両肩部のミサイルと頭部のバルカンというサブウェポンも有る。
また、シールドには目くらましが内蔵されており、10話で一度だけ使用された。

単独での破壊活動を目的とする他のガンダムと異なり、本機は僚機として行動を共にするマグアナック隊*1との連携運用を想定し、
これらを統率する指揮官機としての側面を持ち合わせている。その為高い索敵・分析処理能力を持ち、戦場では司令塔的な役割を果たす。
単体での白兵戦能力も優れており、特に5機のガンダム中最高の装甲強度とパワーを誇る。
なお自爆した時にコックピットが開いてカトルを逃がすなど、まるで意思があるかのような描写があったが、
これはH教授が仕込んだプログラムでカトルがそれを知らなかっただけである。

後に「ガンダムサンドロック改」として宇宙用に改修されており、ビームサブマシンガンを装備する。これはサンドロックが近接白兵、それも装甲の硬さを活かした
突撃戦法を得意とするが当時、宇宙の敵勢力MSは集団での重火力遠距離射撃戦を得意とするビルゴ(II)であり近寄る前に撃たれてしまう事が主因である。
その為一対一の白兵決闘用武装で扱い辛いクロスクラッシャーは廃止されその機構を塞ぐ形で宇宙用スラスターが増設されている。

サンドロック改の劇場版『Endless Waltz(以下EW)』でのリデザイン版は便宜上「ガンダムサンドロックカスタム」と呼ばれることもある。
白と紫を基調にしていて雰囲気がかなり違うが、設定上は同一の機体。
ヒートショーテルは極端に大型化して形状ももはやショーテルとは名ばかりになり、肩部からはミサイルが無くなりビームサブマシンガンも無いほぼ白兵特化機体になった。
シールドは設定上存在するものの劇中未登場。
ボディを覆うマントの機能には防塵防砂、耐熱などの諸説があるが詳しくは不明。

+ 心優しい子なんです!悪い子じゃないんです!


格闘ゲームではSFCソフト『新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』で登場。
必殺技飛び道具コマンド投げ突進技と揃っている。
どちらかといえば劇中同様にヒートショーテルで戦う近接戦闘タイプの機体。
立ち弱攻撃からの連続攻撃を得意とする。立ち強攻撃や必殺技の発生が少々遅いのが難点。
他のMSと比べると立ち回りや対空対策に難があるので、ランクとしては残念ながら最弱クラスである。
ただし防御力は全MSの中でも一番高いので、多少の攻撃を受けてもそれなりに平気である。

技解説

・ヒートスライサー

ヒートショーテルから衝撃波を出す飛び道具。
相手の飛び道具をかき消して進むものの発生が遅く
硬直も長いので牽制に使うには不向き。
弱版は相手に当たると消えるので1ヒットしかしないが、強版は相手を貫通するので連続ヒットする。
間合いによってヒット数は変化する。近づきすぎると大してヒットしない。
強版がヒットしている間にコンボを叩き込むのがベスト。

・パワードバスター

打撃投げ。発動が若干遅い。
弱では相手を掴んだ後、頭突き3発で攻撃。強はパワーボムで地面にたたきつける。
立ち弱武器で相手を浮かせた後、キャンセルで繋げればコンボになる。

・ラッシングトルネード

前進しながらヒートショーテルで連続攻撃。
弱で3ヒット、強で4ヒットとなる。しゃがまれてしまうと3ヒット目が当たらなくなってしまう。

・マグアナックヒュージレイド

超必殺技。画面外後方からマグアナック隊が援護射撃。
サンドロックもビームマシンガンで狙撃し、無数の弾丸で相手を撃ちまくる。
ヒット数が19~21HITと非常に多く、当たればEN200以上は回復し、使用した分がチャラになる効率のよい技。
発動時間も約4秒と非常に長い。
ただし発生が非常に遅く、コンボに組み込んでも、ガードキャンセルとして使用しても高確率でガードされてしまう。
強バルカンからキャンセルすれば、相手がのけぞってる際に初弾がヒットするのでコンボが成立する。
または強ヒートスライサーの食らい時に発動したい。

+ 他のゲームでの扱い


MUGENのガンダムサンドロック


MUGENではtaurusac195氏やnodeX氏やkamekaze氏が製作。
nodeX氏のものは中々優秀なAIが入っており、ガーキャンからの各種必殺技を多用する一方
適当に攻撃を受ければ解除されるとはいえ、ガードポーズをとったまま硬直するバグも孕んでいる。

出場大会

凍結

出場ストーリー

ザ・ジャンボォ!
むかし話(三人寄れば、カトル)


*1
中東諸国が編成した独自の自警部隊。40機の局地戦用MS・マグアナック(タガログ語で「家族」の意)で構成されている。
隊長はラシード・クラマ(声は前作のジェントル・チャップマンや前々作のドゥカー・イクを演じた中多和宏氏)。
TV放映中では最初からカトルに付き従っており、この時期に出版された資料ではウィナー家の傘下と解説しているものも多いが、
小説版EWで詳細な設定が明かされ、カトルが13歳のときに出会った、カトル個人に従う部隊だと判明した。
負傷したラシードの代わりとして指揮を執ったカトル(たまたま家出中だった)のお陰で窮地を逃れたため、
全員がカトルに心酔している。もういっそ「カトル様親衛隊」と言ってしまって良いと思う。
要は「腕の良い量産型モビルスーツ部隊」であり、それだけを聞くと「ああ、終盤ポコポコ墜とされるかませ要員ね」と思う人も多いだろうが、
ところがどっこい、TV・OVA通して40人中一人も欠けることなく戦い抜いたすごい奴らである。
OZの精兵はもとより終盤、初見ではガンダムパイロットすら苦戦したMDビルゴ相手にも意外と戦えてたりする。

*2
ガンダム00で長らくアシスト要員であったアレルヤがアリオスガンダムで参戦決定し、多くのファンが歓喜したのもつかの間、
2500かな?低めに2000?残念!1000コスのテコ入れだよ!という決定でファンに極限の絶望を叩き付けた事件。
1000の可変機要員としてチョイスされたものであるが、同作のサブキャラで旧世代機のスローネドライよりも安いというのに理解を示せというのも無茶な話である。
ただ武装特性や戦力面など機体の出来は良い部類だった事が幸いしてか、アリオスそのものの騒動は蒸し返しも少なく沈静化している。
この一連の騒動は強引に他コストに捩じ込む大人の事情の恐怖、そして現状の1000コスの信頼性を如実に表すものとなった。

余談だが、アリオスガンダムは続編マキシブーストではコスト2500で登場。コスト上がりすぎである(前が低かったともいえるが)。
また、マキシブーストではシステムとの兼ね合いでコスト1000が廃止され、それらの機体はコスト1500に上昇して継続参戦している。
500増えた分耐久力が上昇し、他にも何かしらの調整が入っていると思われる。低コスト枠の汚名返上なるか?