ユウナ


「私、シンを倒します。必ず倒します」

旧スクウェア(現:スクウェア・エニックス)のRPG『FINAL FANTASY X』の登場人物にしてヒロイン。
声の担当は青木麻由子(現:青木まゆこ)氏。氏はFF8とFF9でもヒロインのモーションアクターとして参加している。

ビサイド島に住む召喚士で、父親は10年前にナギ節をもたらした大召喚士ブラスカ。母親はアルベド族の娘。
ハーフであるためか、左右の瞳のが違うという特徴(オッドアイ)があり、左目は父・ブラスカと同じ蒼青色、
右目はアルベドの特徴である翠緑(エメラルドグリーン)色の瞳である。
父のガード(護衛)であったジェクトの息子ティーダを気にかけている。
自らがシン(エボン=ジュ)を討ち果たし大召喚士になった後は、ティーダの面影を求め、飛空艇でスピラの空を駆け巡る。
RPGとしては珍しい和装のキャラクターとして注目された。

(Wikipediaより。一部加除)

+ネタバレ注意
FFXの舞台となる世界、「スピラ」には『シン』という巨大なモンスター(?)がおり、遠い昔から人々を苦しめ続けている。
そのシンを倒し、「ナギ節(シンが居ない期間のこと)」をスピラにもたらすのが召喚士の役目である。
この役目を全うした召喚士は「大召喚士」と呼ばれ、英雄として後生に語り継がれることとなる。
つまりスピラの人々にとって召喚士とは希望そのものであり、とりわけユウナは大召喚士の娘ということもあって
人々の期待を一身に受ける存在。
その期待に応えるため、つまりユウナも父と同じように大召喚士となってスピラにナギ節をもらたすために旅へと赴く……
というのがFFXの本筋となるストーリー。
考えてみれば、旅の目的が最初から「世界を救うこと」というのはFFにしては珍しいかもしれない。

性格は至って真面目で責任感が強く、召喚士としての責務を何よりも重んじる。
が、お堅い性格というわけではなく、会話の節々では年相応の女の子らしい一面を覗かせることも。
とりわけ朗らかでお調子者の主人公、ティーダとのやりとりでは歳が近いこともあってか意外にお茶目な表情も見せてくれる。
だけどその裏ではとてつもなく重い使命を抱えていて……
+ユウナの使命
『シン』を倒すための手段「究極召喚」とは、強い絆を持つガードを召喚獣に変えてしまい、
さらに『シン』を倒したと同時に、召喚士自身も命を落とすというものであった。
しかも『シン』を倒した究極召喚獣は、エボン=ジュに乗っ取られ、次の『シン』となる宿命を持つ。

Xではあんなに清楚だったのにX-2ではどうしてああなった…
+ユウナイメチェン劇的びふぉーあふたー
FFX FFX-2
ちなみに乳も小さくなった(リュックも)。何故縮んだし。 もしや…

まあなんというか、この画像を見ただけで言いたいことはそれとなく分かって頂けると思う。
それまでずーっと世界の脅威だったシンが消え去って、召喚士という立場の重圧もほぼ無くなってハジけちゃったんだろう…多分。

……等と一応の理由付けをすることもできるが、本当のところはというと
FFX-2というゲームの持つ特質に依る部分が大きいと思われる。気になる人は調べてみよう。

+ネタバレ注意
ユウナ自身が自分を変えようとして、従姉妹であるリュックを参考にして弾けた結果、件の結果になった。
ただし衣装自体はあの世界では普通に見られるものであるし、実は前作でも自分を変えようとしていたのだが、
失敗に終わっただけである。
ちなみにユウナの変貌振りについてはプレイヤーだけではなく、ゲーム内の登場人物にも驚かれているが、
ゲームを進めていくと、前作でPTを組んでいたルールーから上辺だけで変わってないことが見抜かれており、
本人もそれを肯定している。

PSP用ゲーム『DISSIDIA 012 [duodecim] FINAL FANTASY』にも登場。
コンセプトは「サモンマスター」で、攻撃の際に召喚獣を召喚して戦うのが特徴。
召喚獣は一度に一体しか呼び出せない(EXモード時は2体呼び出せる)が、全体的に癖がなく扱いやすい。
フォームによる衣装変更のバリエーションには天野絵カラーや原作のイベントで着用した衣装に加え、DLCとしてX-2のガンナー衣装がある。

この他、『キングダムハーツII』や『いただきストリート』、『ワールドオブファイナルファンタジー』といった作品に客演している。


MUGENにおけるユウナ

FantasyFT氏製作のものが存在。
『X-2』の3Dグラフィックをキャプチャしたものを使用しているようである。
3段階に調整可能なAIが搭載されている。
レベルNormalでゆ~とはる氏の初音ミクと好勝負をするぐらいの強さ。けっこう強い。
また、火力も高く、コンボ1回で3割ぐらい奪ったりする。ゲージ技も含めればコンボ1回で8割ぐらい削ることも。
こいつといい勝負である。

AIをHardにするとかなりの強さとなり、シンならぬシンビオート・オンスロートすら倒せてしまう。
最終更新がかなり前であるにもかかわらず、インフレが進んだ現在でもかなり強い。
それでも出番が少ないのは、やはり絵柄が浮いてしまうからであろうか……

また、海外製作者のragnarok_333 氏制作の手描きと思われるキャラも存在する。
mugen1.0以降専用。
銃を武器にしているが基本的にリーチは短く、中~近距離向けの性能。
通常時はX-2の服装をしており、射撃や格闘を主な攻撃手段とする。
超必殺技ではxの格好に戻り、召喚獣で攻撃する他、
各種コスチュームを使った乱舞技などを使う。
呼び出す召喚獣はランダムで変化する。
海外製ゆえボイスは英語。
デフォルトAIは搭載されていない。

+製作者動画(youtube)

出場大会