Byrne


海外のSEAN JOHNSTON氏が制作したオリジナルキャラ。
同氏がハイスクール時代から描いている漫画『S.H.A.D.E. of Manhattan』の登場人物でもある。
このスペリングで、「バーン」と読む。

プロフィール

本名はアンドリュー・バーン。マンハッタン在住のパンクロッカーだった。
ただ、パンクロックにも、護身術にも真剣になれず、軽犯罪の常習犯になっていった。
ある日バーで喧嘩してどちらも意識不明の重体になったが、他の客は警察も救急車も呼んでくれず、
「自主的な被験者」を探していたマディコープのメンバーに連れて行かれることになった。
その後実験体となって能力を身につけたが脱走し、自分が死んだことになっていて家族は引っ越ししたと知る。
このことで怒りが爆発し、現在では世界に混沌を振りまくべく凶悪犯罪を起こしている。
(ただし、殺人だけはどうしようもないとき以外はやらない)
また、同期のサボタージュらと共に、マディコープの追っ手とも戦い続けている。

能力は、炎をコントロールして投射するというオーソドックスなもの。
また、耐熱性と耐寒性も飛躍的に高まっており、自分の炎にも耐えられる。

性能

作者曰く、「とりあえず最初に使ってみるといいキャラ」。
その言葉の通り、オーソドックスな性能に使い勝手のいい技がそろっている。
基本的には「Firestarter」で牽制しつつ攻めていくのがいいだろう。
超必殺技も、一定時間能力を上げる「Phoenix Ignition」や、炎のビーム「Flare Cannon」など、
使いどころに悩みにくい技が多い。

また、EXモードも公開されている。
こちらは、飛び道具の能力が強化され、やや遠距離向きになっている。

Kamekaze氏のAIも搭載されている。

出場大会




添付ファイル