茉莉花・まりか・ピーチツリー

携帯電話のiアプリ『もえろSKYSLAVE』、『恋桜SLAVE』のキャラクター。
声優は『ToHeart2』のまーりゃん先輩、『ナイトウィザード The ANIMATION』でアンゼロット、
緋室灯などを演じた小暮英麻氏。

公式サイトのキャラクター紹介では 「アイドルグループ『マリまり』のボーカル」 …これだけである。

『超格闘SLAVE』とは

七瀬葵デザインのキャラクターが登場するシューティングゲームサイト『もえろSKYSLAVE』の続編にあたるミニゲーム。
茉莉花のほかに「サクラノ・ハルカ・トオヤマ」「高微・シャロン・アルセーヌ」「霧賀・B・ステイ」が
前作から引き続いて登場している。
格闘ゲーム『恋桜SLAVE』は声が出るド派手な必殺技演出と“避け技”“攻撃相殺”などシステムが用意されている。
また『もえろSKYSLAVE』で配信された全てのミニゲームも遊べる。

『もえろSKYSLAVE』とは

シューティングゲームと恋愛ゲームを組み合わせた全く新しいかどうかはわからない恋愛ネットワークシューティングRPG。
茉莉花は「マリまりりん」というSKYSLAVEに搭乗する。
左肩の熊を模ったアーマーと頭の大きなおさげが特徴のSKYSLAVE。
メイン武器はハンマーステッキ。必殺技はメガトンハンマー、上空より落下と共に巨大ハンマーを敵に振り落とす技だ。
と、公式サイトに書いてある。
ゲーム自体は制作が「ディンプス」アニメ部分を「タツノコプロ」、キャラクターデザインを「七瀬葵」、配信をスクウェアエニックス
意外と豪華である。

なお、上記二作いずれも現在はサービスが終了している。


MUGENにおける茉莉花・まりか・ピーチツリー

MUGENではたるせ氏制作のものが存在。
『超格闘SLAVE』のドット・音声を使っているようである。
『超格闘SLAVE』の他の登場キャラクター3人をストライカーとして呼んで攻撃したりする。
特に「サクラノ・ハルカ・トオヤマ」が繰り出す「桜吹雪ストーム」は凄まじい威力なので、
プレイヤー操作時にはこれをメインに据えて戦うと良いだろう。
AIは搭載されていない。

出場大会




添付ファイル