セリカ・シルフィル

「俺は……神を殺した……神殺し、だ……」


プロフィール

PCゲームメーカー・エウシュリーの18禁RPG、「戦女神」シリーズの主人公。
女性のような顔立ちをしているが、れっきとした男である。キャストボイスは無し・・・だったが、
2014年発売の「戦女神」第一作リメイクにあたる「天秤のLa DEA」でボイスが付いた。CV担当はかわしまりの氏。
ファンからの人気も高く、ボケ老人だとか真のヒロインだとか言われて愛されている。
その昔、古の女神アストライアを殺し、その体を奪ったとされる『神殺し』と呼ばれる存在。
事実その体は女神のものであり、本来ならば女性の体つきをしている筈なのだが、魔力を使うことによって男性体を維持している。
そのため疲労などにより残りの魔力が少なくなると、女性体に戻ってしまう。
また、神の体に人間の魂が耐えきれず、常に記憶が消えていく運命にある。
おかげで非常に忘れっぽく、あまり重要でないことは僅か数年前のことであってもすぐ忘れる(これがボケ老人扱いされている理由)。
記憶と同時に多くの感情も失ったため、性格は基本的に無感動。
滅多なことでは動じず、そのことによる他者とのズレも本人は気にする様子はない。
それと同時にかなりの天然ボケの傾向もあり、特に女性に対しては度々空気の読めない台詞を発しては周りに呆れられている。
前述の通り、行動するためには魔力が必要不可欠なため、常に補給を必要とする。
が、古神の肉体を持つセリカでは現神の加護が受けられないため(古神と現神の違いについてはwiki等を参照のこと)、
補給は基本的に性魔術(要するにエロゲに欠かせないアレ)によって行う。
よって今までに抱いた女性の数は数知れず。
ただの人間は勿論、魔族エルフ天使、そして挙句の果てには幽霊と、そのバリエーションも非常に豊富。
また、女性の美醜は気にしないとは本人の弁。が、基本的に彼に寄ってくる女性は揃いも揃って美女ばかりである。
そのへんはしょうがないね、エロゲなんだし。
(尤もエロゲに限らず、ギャグ作品でもなければ非美女が登場する作品の方が珍しいが。
 「ひんそーでひんにゅーなちんちくりん」と自虐するヒロインが客観的に見ても美少女なのは少女マンガの基本である。)
まぁあれだ、平均値が高いから美醜の基準値が現実世界より厳しいんだよ、きっと。

そんな一方、神の肉体を持つだけあって戦闘力は非常に高く、そこらの下級魔神程度ではまず歯が立たない。
その実力はエウシュリー製ゲームの主人公では恐らく最強、全登場人物の中でもトップクラスであることは間違いない。
(ちなみに作中で登場済みのキャラで最強と思われるのは、セリカの体の元の持ち主女神アストライア。もしくは封印される前の女神レシェンテ)
+ 神殺しになるまで(ネタバレ注意)


MUGENにおけるセリカ

ark氏により2種類が作成されている。

+ 『ZERO』版
+ 『VERITA』版

出場大会

出演ストーリー