ガンダム試作2号機


「待ちに待った時が来たのだ!
  多くの英霊が無駄死にでなかったことの証の為に!
  再びジオンの理想を掲げる為に!
  星の屑成就のために!

   ソロモンよ、私は帰って来た!!!」

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するMS(モビルスーツ)。
形式番号「RX-78GP-02A」。全高:18.5m、本体重量:54.5t。

一年戦争終結後に連邦軍再建計画の一環として発動された「ガンダム開発計画」の基に、
アナハイムと共同で極秘開発されたガンダムタイプの1機。
コードネームは、「サイサリス」。ホオズキの属名から取られている。花言葉は『偽り』、『心の平安』。
ただし、実際にはホオズキの属名Physalisはピサリス、フィサリス、ファイサリスなどと読まれ、サイサリスとは読まれない。
サイコ(PSYCO)のPSYとPHYを見間違えたのだろうか。

本機は最強の攻撃力を持つMSとして、核弾頭を装備することを念頭において造られた。
搭載されているのは戦術核弾頭とされているが実際には戦略核クラスの物である。
当初はMSの機動力を生かすことで敵陣営の中枢を強襲する機体として計画され、
徹甲弾、炸裂弾、ビーム攪乱膜散布弾、プラズマリーダー射出用多弾頭弾などをバズーカにて発射する予定だった。
しかし、Mk-82型核弾頭を用いることで壊滅的なダメージを与えるという核装備型MS計画へとコンセプトが変更され、
反面本体武装はバルカン砲とビームサーベルのみと対MS戦は不得手となり、後述のシールドもバズーカの砲身格納や
核弾頭による熱や衝撃を遮ると同時に機体を冷却する程度でしかなく、シールドを損傷する事は砲身や
冷却装置の損傷にも繋がる為、核攻撃が行えなくなる。
コンセプト変更に伴い核弾頭を確実に誘導・命中させる為に本機体自身も爆心地に近づくことを余儀なくされ、
強襲用として高い機動力を求められたがバックパックには核弾頭を収納するスペースを設けたため、
スラスターユニットを背部に併設することが出来なくなり、ジェネレーターを内蔵し3基のバーニアで構成される
フレキシブル・スラスター・バインダーを両肩部に設けている。
また、核爆発の熱や衝撃の対策として、冷却装置を内蔵し大型化した脚部やラジエーターシールド、高温時に揮発して
機体を保護する特殊塗料、耐熱・耐衝撃処理を施し通常のMSと比べて強固に設計された球型コクピットなどが組み込まれている。
尤も、これらの対策にも関わらず核爆発の衝撃を吸収するには不十分で、劇中ではその余波で左腕部が作動しなくなり、
そのことをガンダム試作1号機に突かれている。
なおこれは「撃った後どうなるか」という実験をする前に盗まれた上に、弾が1発しかないのでテストもできなかったため仕方のない事である。

ガンダム試作2号機は実験の為にトリントン基地に搬入され、Mk-82型核弾頭の装填が完了した所を
ジオン公国軍残党組織「デラーズ・フリート」の幹部、アナベル・ガトーに強奪される。*1
後にデラーズ・フリートの「星の屑作戦」の一環としてかつてのジオンの軍事要塞ソロモン(連邦軍に接収された際に
「コンペイトウ」と改名)にて行われた観艦式の襲撃を行った。
連邦軍艦隊やMS隊の迎撃を掻い潜りソロモン上空から冒頭の台詞と共に連邦艦隊旗艦バーミンガムに向けて
アトミックバズーカを発射。バーミンガムは蒸発し、観艦式に参加した連邦艦隊の2/3が航行不能に陥った。
その後ソロモン宙域から帰投する途上でガンダム試作1号機と遭遇、激しい白兵戦の末に相打ちとなり爆砕した。
+ ……が。

ちなみに名前に関しては登場するゲーム作品や時期によって異なり、
登場した初期のころは「GP02」、「GP02A」、「GP02Aサイサリス」などの名前で呼ばれることが多く
『SDガンダムジージェネレーション』シリーズの初期作品でも「GP02Aサイサリス」の名前であった。
最近の作品ではほぼ「ガンダム試作2号機」の名前で表記されている。

+ ガンダム試作2号機のパイロットについて

+ SDガンダムシリーズでは

(Wikipediaより。一部加除)

「この機体と核弾頭は頂いていく。ジオン再興の為に!」


ゲームでの性能

ゲームなどでは「核攻撃機」という点を生かしたものになる事が多い。

格闘ゲーム『ガンダム・ザ・バトルマスター』では主に対空攻撃専門のキャラとなっており、
必殺技はバズーカを空中に撃ったり、シールドを構えて空中に飛び上がるもの。
基本的にパンチよりキックの方が強いゲームだが、この機体のパンチ攻撃は巨大なシールドで殴りつけるという物のため、
例外的にパンチの方が強力となっている。
飛び道具のバズーカは、発生がやや遅くビーム攻撃には一方的に打ち消されるという弱点があるものの、
ヒットすれば相手をひるませることが出来るという長所もある。
超必殺技のアトミックバズーカも対空技であり、ヒット数がかなり多く、範囲も広いが
アッガイのように体が小さく、地上にいる相手には当たりにくい。
クィン・マンサビグ・ザムなどのように体の大きいMSやMAに対しては非常に絶大な効果がある。
アトミックバズーカをポンポン撃っていいのかよというのは禁句
飛び道具の弾数消費が少なく、かつダメージが大きいのが良い所。
また、スラスターでの移動距離、持続時間が他のMSと比べて格段に大きく、空中を素早く移動することができる。
ゲーム中での名前は「GP02A」。MSセレクトの際には「サイサリス」の名前で呼ばれる。

+ わしの農場が!

+ その他のゲームでの性能


MUGENにおけるガンダム試作2号機

taurusac195氏により製作された、『ガンダム・ザ・バトルマスター2』仕様のものが存在する。
バトルマスターキャラ全てに言える事だが、挙動がとても遅い。
これは元ゲーがぬるぬる動くうえMSの重量感を良く表現しているため、原作再現のキャラもそうなってしまうからと思われる。
技としては拳やキックの各種通常攻撃以外に
  • バズーカ発射:普通の飛び道具。強だと2発出る。出が遅い。空中可。
  • バズーカ分裂弾発射:斜め80度位にバズーカを発射、少し置いて10発ほどのバズーカ弾が上から画面全域に降り注ぐ。
    出れば強いが出が極めて遅い。
  • ビームサーベル:ビームサーベルを振る。出が極めて遅い。空中可。バグ有り(後述)。
  • シールド突撃:シールドを頭上に掲げて真上に突進する。横移動はゼロなので対空専門。出はそこそこ。
  • アトミックバズーカ:自分の斜め上で核バズーカを爆発させる。
    それなりの背のある相手なら立ち状態でも当たるので意外とぶっぱが有効。無敵は発射前に切れる。
見て分かる通り技も殆どが発生が遅く硬直が長いので他のゲームのキャラと殴り合うのは難しい。
有効な射撃兵装が少ない本機は更にその傾向が強くアトミックバズーカのぶっぱが生命線となるだろう。

一応、対空に核バズーカを撃つ程度の簡易AIも入っている。

空中でビームサーベルを振ると空中に静止してしまうバグがある。
ダウンすれば元に戻るがそこから更にジャンプしてサーベルを振ればもっと上まで行く事も出来る。

出場大会

削除済み


*1
この機体を強奪した後、デラーズ・フリートの首魁エギーユ・デラーズは
「南極条約違反のこの機体が密かに開発された」としてプロパガンダに利用している。

『南極条約』とは一年戦争初期に地球連邦とジオン公国との間で結ばれたABC兵器の使用制限や捕虜の取り扱いに
関する条約であり、核弾頭の使用は原則的に禁止とされている。
ジオン残党の意気向上には役立ったようだが、南極条約はあくまで一年戦争時に結ばれた条約であり、
地球連邦の側からするとこの宣言には意味はないのだが、ジオン公国軍残党勢力は戦争終結を宣言したのは
ジオン共和国でありジオン公国は戦闘を継続中であるということで南極条約は有効だとしている。
実際ZやZZ時代のアクシズ紛争でも特に条約の取り決め等がされていないようなので、有効であったと
言えなくもないのが困り物である。
もっとも連邦に言わせると「どれも紛争であって戦争ではない」ため条約を結びようが無いのだが。
(『Ζ』は連邦の内紛そのもの、 『ΖΖ』と『逆襲のシャア』のネオジオンはジオン共和国がある以上、国ではなくテロリスト扱い、
 デラーズフリートなら言わずもがなである)
現実世界で言えば、テロリストにジュネーブ条約は適応されない為、虐待や拷問も可能と言う事。

まぁ、連邦軍も大概なものでU.C.0133時(漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』)に木星帝国が核を使う事に対して
南極条約を持ちだしており、木星帝国側の反論は「地球で結ばれた条約であり、木星には関係ない」と
これまた南極条約を存在自体は認めているので、どうも南極条約は一年戦争以降も効力を持っているらしい。
ただし、この場合でも核弾頭の「使用」は禁じられているが「製造」は禁じられていないため明確に違反しているわけではない。
詭弁ではあるのだが、現実でもそんなもんである。
ついでにいうと、南極条約が結ばれたのはジオンのコロニー落としが要因であり
締結後もジオン側が核及びそれに準ずる兵器による攻撃が(未遂なのを含めて)結構な数になる。
TV本編でさえ使用した人間がおり、ガンダムが弾頭だけを切り落とすと言う離れ業をやって事なきを得たに過ぎない。
そういう意味ではジオン残党であるデラーズ・フリートが連邦に対して条約違反だと謳っているのは皮肉的である。

尤も、条約がどうあれど
「連邦軍の開発した核搭載MSをテロリストに奪われたあげく、その核で連邦軍艦隊が壊滅した」と言う事実は大不祥事であり、
結局「あれはテロリストが作ったもの」「ガンダム開発計画なんて無かった」と言う事にされた。
(おかげで3号機を強奪したコウは「存在しないものを強奪なんて出来ない」と言う事で不起訴になった)
ついでにΖ以降に試作計画の技術が反映されてない矛盾(ぶっちゃけGPシリーズの方がΖより強い)を開発記録抹消と言う形で解消している。
が、完全に消されたわけではなくAE社が開発したMSシミュレータ(という設定のWS用ソフト)『MSVS』に
GPシリーズのデータが開発者のメッセージと共に隠されているらしい…。
まぁ関係者が口封じに粛清された訳でもないし、「裏でこっそり開発が続けられていた」は古典の部類である。
ちなみに、『ガンダムトライエイジ』には「ガンダム開発計画が予定通りに進んでいたら」というif設定の
ガンダム試作1号機(ティターンズ仕様)なんてものも存在していたりする。

余談だが、ゲーム『スーパーロボット大戦A』では、この試作機の製作を命じたのが
ガンダムとは関係のない作品『闘将ダイモス』登場人物 でスパロボ屈指の過激なネタキャラ 三輪長官となっている。
尤も思想的にティターンズの幹部をやっていても違和感の無いキャラ…と言うかスパロボではティターンズ等に所属していたりして、
製作理由も「南極条約は異星人には適用されない」という、異星人嫌いな彼らしい理由になっているのもまた…。
ただし原作で試作機計画を指揮したのはジャミトフ(ティターンズの首魁)の政敵であるコーウェンだったりする。
なお、その後の顛末は原作通りガトーに強奪される事となる。

*2
参考までにアトミックバズーカの攻撃力は42000。前述の通りMSやMAならまず即死、戦艦でも耐える奴はそうはいないレベルである。
で、問題のウイングガンダムの自爆の攻撃力は99999。なんとアトミックバズーカの2倍以上のダメージである。
というか、最大値ダメージ。
勿論、耐える奴などいやしない。まぁ、範囲が自分の周囲一マスだわ、自爆なんで当然ウイングガンダムが失われるわ、
最近のシリーズでは採用されていないわ と使い勝手は最悪だが。
しかし、核以上の威力の自爆って一体何なんだウイングガンダム