リー・ウーロン

格闘ゲームの開祖的な存在であるコナミのレトロゲーム『 イー・アル・カンフー 』の主人公で、カンフーの達人。
(初代ストリートファイターの方のLEE(李)はこちら

フルネームは「 リー・ウーロン 」。だが、この名前はPS移植版『コナミ80'sアーケードギャラリー』での 後付設定 によるもの。
元々、アーケード版では「 ウーロン(Oolong) 」という名の白い道着に水色の下穿きの男、
ファミコン版及びMSX版では「 リー(Lee 」という名の上半身裸でピンク(FC版)か紺(MSX版)の下穿きの男、
と主人公の名前や外見、それどころかストーリー(後述)までも違っており、ゲーム内容も、出現する敵や攻撃方法が異なっていた。
おそらく最も有名なのはファミコン版のリーの方だろう。

原作『イー・アル・カンフー』について

主人公を操って、様々な武器や体術を使う格闘家達と戦う。
画面に表示される体力ゲージの存在や、異種格闘技で1対1で戦う格闘ゲームという点で、現在の対戦格闘のパイオニア的存在。
これが発売されてなかったらストリートファイターも世に出てなかったかもしれない、偉大なゲームである。
ただし、この頃はまだ対人戦プレイは存在しなかった(アーケード版で2人プレイが可能だが「交互にCPU戦をプレイ」というスタイル)。

初出はアーケード版だが、その移植であるファミコン版がブームに乗って広く有名で、原作AC版の存在が霞んでしまった。
アーケード版では11人の敵が登場するが、ファミコン版とMSX版では5人だけとかなりスケールダウンしている。
また、先に述べたとおり主人公の名前がそれぞれ違うのだが、
それだけでなくストーリー自体が違うため戦う敵も別キャラになっている。

+ 各機種のストーリー

二人の主人公の関係は不明だが、PS版で「リー・ウーロン」とまとめられたのでやはり同一人物なのかもしれない。
(まあ、方や格闘大会、方や悪者退治なので、設定上お互いに矛盾は特にないと思われる。)
なお、多くのレトロゲーム同様 どちらも永久ループする ため、残念ながらリー・ウーロン氏は目的を永久に果たせない。

後にMSXで発売された続編『イー・アル・カンフーII イーガー皇帝の逆襲』では、
彼の息子・李英(リー・ヤング/Lee Young)が主人公として活躍し、対人戦プレイが可能になっている。
ただし使えるキャラは、1P側はヤング固定、2P側は序盤の敵3人のうちどれかから選択、と決められている。
この作品では既に父親のリーは亡くなっており、MSXのスロット2に前作を入れてプレイすることで、
息子のピンチの際にリーの亡霊が現れ、烏龍茶を落としてくれるという隠し要素がある。


ゲームボーイアドバンスで発売された『コナミアーケードゲームコレクション』にもアーケードの移植が収録されたが、
こちらは内容がアレンジされており(タイトルも何故か『 イーアールカンフー 』になっている)、まさかの新キャラ追加。
隠しコマンドでブルースの後に女短剣使いビショウと大刀使いクレイマンが登場する(が、あまり強くない)。
さらに、通信プレイで 好きなキャラを選んで対戦可能 と、かなり対戦格ゲーらしく進化している。
携帯アプリ版では更に侍の新キャラ・カタナが増えてたりする。

また『セクシーパロディウス』にもファミコン版のリーが敵としてゲスト出演している。
もちろんBGMも『イー・アル・カンフー』のアレンジ。
8:58辺りから登場

関連作として、1993年に登場した『マーシャルチャンピオン』は、元々は本作『イー・アル・カンフー』シリーズの続編として制作されていたらしい。
ただし、最終的には別のタイトルとなった。


MUGENにおけるリー・ウーロン

MUGENでは、ファミコン版リーとアーケード版ウーロンの両方が存在している。

+ NRF氏製作 ファミコン版仕様「リー」
+ crisk氏製作 ファミコン版仕様「リー」(アレンジ)

+ =TOCH=氏製作 アーケード版仕様「ウーロン」


+ 夢の対決:ウーロンVSリー(YouTube)

出場大会

リー
ウーロン
  • 「[大会] [ウーロン]」をタグに含むページは1つもありません。

未分類大会 (「リー・ウーロン」でタグを付けてしまったもの)
  • 「[大会] [リー・ウーロン]」をタグに含むページは1つもありません。