ジョルノ・ジョバァーナ




 年齢:15歳
 生年月日:1985年4月16日
 血液型:AB
 身長:172cm
 好きな音楽:ジェフ・ベック
 好きな物語:レ・ミゼラブル
 好きな食べ物:チョコレートプリンタコのサラダ
 嫌いな食べ物:(特に鴨の肉)
 ヒーロー:幼い頃出会った名も知らぬヤクザ(ギャング)

「このジョルノ・ジョバァーナには夢がある!」

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第五部『黄金の風』の主人公、すなわち5代目「ジョジョ」である。
各種ゲーム作品での声優は、第5部ベースの『黄金の旋風』では朴路美氏(後に『オールスターバトル』で広瀬康一を演じる)、
『オールスターバトル』では浪川大輔氏。

+略歴
イギリス人のDIO(体はジョナサン・ジョースター)と日本人女性との間に生まれる*1
DIOが乗っ取っていたジョナサンの肉体の影響で、ジョースターの血統の人間にみられる星型の痣が首筋にある。
吸血鬼であったDIOの驚異的な身体能力や太陽に弱いなどの体質は受け継がれていないが、
ややひねくれた性格や口癖にしている「無駄」、ヒートアップ時には「 WRYYYYYY 」という(吸血鬼が発していた)咆哮をあげる
(ただしルビは「ウリャ―――――」)、
そして何より、 自らの目指す道を阻む者は徹底的に容赦しない (目指す道が闇か光かという違いはあるが)点など、
DIOの実の息子であることを感じさせる点が幾つか見られる。
母親がDIOの下から逃れた後に再婚したイタリア人の養父がおり、ジョルノも国籍上はイタリア人。
本名は 汐華初流乃 (しおばな はるの)だが、イタリアで生活する関係上「ジョルノ・ジョバァーナ」を名乗っている。
しおばな→シォバァナ→ジョバァーナ、初流乃→「しょ」るの→ジョルノとイタリア訛りでそうなるらしい。強引すぎる

幼少の頃は母親の愛を受けず、イタリア人の義父からは母親の見てない場所で虐待を受け、
さらに近所の子供達からもイジメられるなど陰鬱な生活を送っていた為、心の捻じ曲がった人間になりかけていた。
しかし、ある日成り行きでとあるギャングの男を匿い、命を救ったことが彼の人生にとって大きな転機となる。
その後、恩人であるジョルノに一人の人間として対等に、敬意を持って接してくれるようになった彼の姿から
「人を信じる」ことを初めて学び、彼が見せた「仁」の姿に生きる意味と正義を見出して
ギャングスター 」に憧れるようになった*2
この正義の心は「希望」となり、希望さえあればどんなところにも辿り着けるというのが彼の信条となっている。

その後、学生として寮生活を送りながら旅行者を相手にチンピラまがいの路上詐欺をやっていたようだが、
空条承太郎の依頼で「DIOとジョースターの血を引くジョルノがどのような人物であるか」を調査するためにイタリアに訪れた広瀬康一、
さらに当初はジョルノが起こしたいざこざの後始末のために(ジョルノを殺しに)やってきた
ブローノ・ブチャラティと立て続けに出会ったことで、彼の運命の歯車が動き始める。
ジョルノが住むネアポリス市周辺(ナポリがモデル)を纏めていたギャング組織「パッショーネ」の下級幹部である
ブチャラティに認められた彼は、パッショーネの入団試験を突破し、念願のギャング入りを果たす。
しかしジョルノもブチャラティも内心では、麻薬売買によって利益を上げている現在のパッショーネに不信感を抱いており、
ブチャラティチームはジョルノの加入から間もなく、組織の任務を通して出会ったボスの娘・トリッシュを巡る
内部抗争に身を投じていく。

+性格

ジョースター家の血を引く歴代主人公と同じく、内面に「黄金の精神」を秘めているという点では
ジョナサンの血をしっかり受け継いでいるのだが、極めて冷静かつ理知的、
かつ無表情で何を考えているのかよく分からないところがあり、歴代ジョジョの中では変わり種な存在。
しかし勇敢で正義感が強く、咄嗟の機転と行動力を持ち合わせる。え?置き引き?袖の下?何のことかな

また、スタンド使い同士の戦いにおいてとても大切な「敵の能力を把握し、対応する」ことに非常に長けており、
ジョルノ自身が直接的に交戦しない他の仲間の戦いであっても、ジョルノの洞察や援護が勝利の鍵になったことは多い。
そのため他のシリーズの主人公たちと比べて、戦闘自体には全く参加せず支援に徹する場面が多い。
弱くて解説役とかじゃねーから!
もう少し具体的に言えば、立ち振る舞いは常に冷静沈着で、仲間であっても丁寧語で接し
(ただしイタリア語に丁寧語は無いが)、物静かで感情的になることは殆どない。

その分、怒った時や身の危険を感じた時は顔色ひとつ変えず、冷徹に行動を起こす決断力を持ち合わせている。
頭の切り替えが早く、ギャング入団試験中で切羽詰まった時にスクール仲間に話しかけられても、
そっけなく応対していた。
要は状況に応じて客観的にベストな思考ができるタイプで、しがらみや義理といった目先の感情はあまり優先しない。
例えば怒りを買ったゲスのチンピラやマフィア、仲間になる前のブチャラティをも本当に返り討ちにして始末しようとしていた。
その上ブチャラティの所属する組織こそが悪と理解すれば、ブチャラティを利用してボスを討つと宣言。
作戦が上手く行くならば、自分の命も迷わず危険に晒す大胆さを持っている
(ギリギリの博打を何度も打っているが、本人曰く「計算通りの時もある」)。
彼と行動するチームメンバーが、その覚悟と思考のスケールの大きさと強運に舌を巻くシーンがしばしば挿入されている。
ヤるといったらヤるというスゴ味がある」「クレイジーな奴だな」「ラッキーボーイかコイツ」
「一緒にいるとなんとかなる気がする」など。
なお、敵に対して敬意を払うことはあっても敬語で話すことはほぼない。

と、基本的には計算高く、少々近寄り難い雰囲気を持つ男だが、時折見せるイタリア育ちらしいお茶目な面もあり、
どこか憎めないといった印象を与えている。
一般人には手を出さないと誓った直後に「 スマンありゃウソだった 」と撤回するなど
(その一般人にも手を出される理由はあったが)、ジョセフとは違う意味で嘘ばかりつくことや、
アバ茶を始めとするネタの多さから、色んな意味で読者に愛されている男である。

原作47巻の2人の最初の会話
ブチャラティ「もしさあ…ここにカバンが落ちてて 中に1千万円入ってたとしたら 君…とどける?」
ジョルノ 「フフフ まさかあ~~、もらっちゃいますね!」
…きっと嘘の味はしないことだろう。

ファンからの愛称はコロネ
なぜかというと、 頭にチョココロネパンを3つ並べたようにしか見えない 奇抜な髪形をしているためである。
回想シーンなどで出てくる過去のジョルノは普通の髪型なので、これはスタンド能力が発現したことによる副作用
(以前は黒髪だったが、能力発現の影響で金髪に変色している)に伴うクセ毛だと思われる。 すげえクセ毛を持ってやがる…

また、名前の綴りは「Giorno Giovanna」で、頭の部分をとっても「JoJo」にならないという例外的存在。
ちなみにGiornoは英語では「Morning」「Day」、日本語では「朝」「日」などに相当するイタリア語。
たとえば「buon giorno」は英語では「good Morning」、「un giorno」なら英・日でそれぞれ「one day」「一日」である。
また、ディオと同じホンダから発売されたスクーターにジョルノというものがある。
イタリアにも「Jo」で始まる人名はあるが、それらは発音やカナ表記が「ヨ」になってしまうので、
カナ表記時に「ジョ○○・ジョ○○」になる事の方を優先した結果かと思われる。
ちなみに原作で「ジョジョ」と呼ばれることがとうとう一度も無かった点でも例外的な存在である。*3
この名前の綴りを反映し、第五部のローマ字表記は「JOJO」ではなく「GIOGIO」となっている。
このエピソードは荒木氏がコミックスカバーの作者コメントでイタリア取材旅行中のホテルの風呂?に入る写真と共に述べている。

「「覚悟」とは…犠牲の心ではないッ!」

上でも述べたが、ほぼシリーズ通してバトルしっぱなしだった歴代の主人公の中でも、戦闘回数はかなり少ない。
これは荒木氏曰く、「5部は(主役はジョルノチーム全員)だから」というコンセプトが由縁。
第三部の登場人物で言うと、承太郎よりはむしろ花京院に近い立ち位置にいる。
そのためか、第五部の登場人物の中では非常に熱い性格で見せ場も多いブチャラティなどにやや人気を奪われがち。
ただ、ジョルノの名誉のために『JOJO-A-GOGO』の荒木氏インタビューを引用すると
「第三部と第○部は似たような話だな、とかって言われて(中略)嫌だってのもあるし(笑)」
「組織を裏切って目覚めていくっていう展開にするとしたらそうならざる得ないっていうか(中略)何か違うものを書いてみたかった」
「少年マンガだったら主人公が行って戦わなきゃいけないルールが本当はあるんですけど(中略)リアリティがないというか」
「主人公がジョルノってことはあんまり意識してなかったですね」

…………ち、ちなみに!
この公式ファンブック『JOJO-A-GOGO』は値段は5000円くらいする分厚い画集、
しかしただの画集ではなく、スタンド大百科&作者の意見をぎっしり詰めた新規インタビュー冊子、
その内容の濃さと分厚さと充実ぶりは申し分のないの一言!
+なんと荒木先生本人によるジョジョ登場キャラクター人気ランキングベスト10も載っているぞ!
東方仗助(1位)
吉良吉影(2位)
ブローノ・ブチャラティ(3位)
ディアボロ(4位)
ジョルノ(5位)
ジョセフ・ジョースター(6位)
ミスタ(7位)
空条承太郎(8位)
DIO(10位)
※MUGEN入りしているキャラのみ抜粋

  1. ハンサムなジョルノは承太郎やDIOよりも作者に人気がある
  2. 同じシリーズで登場した相棒とラスボスよりも作者に人気がない
  3. 1位は4部の主人公 なので「歴代ジョジョで1位じゃん!」は通らない。現実は非情である。

+スタンド『ゴールド・エクスペリエンス(黄金体験)』


「産まれろ……生命よ…
     産まれろ 新しい命よ…」





破壊力 - C スピード - A 射程距離 - E(2m)
持続力 - D 精密動作性 - C 成長性 - A

第5部開始の数ヶ月前に目覚めた(幼少期からこのスタンド能力の片鱗は現れていたが)ジョルノのスタンド。通称G.E.。
テントウムシをモチーフにした人型の近距離パワー型のスタンドで、手で触れた物質に生命を与え、小動物や植物に変える能力を持つ。
この能力で産まれた命はジョルノの意思で自在に成長や死を操ることができ、命を失うか能力を解除すると再び元の物体に戻る。
元々生命を持っている者に対してこの能力を使い、
「生命エネルギーを過剰に与え続けることで老化を加速させ、一気にその命を終わらせる」という芸当も可能。
猛毒下など、生物の進化による適応次第では生育可能な環境下なら、それに適応した生命を産むこともできる。

本人の趣味なのか、なぜかを産み出すことが多い。
荒木氏が少年時代に好きだった忍者漫画『カムイ外伝』のせい?
……いや、そもそもカエルはジョジョシリーズ登場率最多3大動物のひとつです。あと2つはとネズミ。

中盤からはこの能力を応用し、無機物から人体のパーツを生成して負傷した箇所に移植して外傷の治療を行うことも可能になった
(つまり超高速でES細胞を作り出し、欠損部位をほぼ完全な形で復元することができる)。
さらに、同じく「治療」に使えるスタンドを持つ第4部主人公・東方仗助とは異なり、自分の治療もできるという利点がある。
また、消滅してしまった部位を作り出して治療することが可能なのも利点。
ただし本人に回復させるのではなく、あくまで部品を外部から補う形で治療させるため、
部品が傷口に触れた際の痛みや刺激は発生する。特に傷口に埋め込む時はすごく痛い。
単純な治療能力という点においては、爆発で粉々にされた瞬間でも元に戻せる仗助にはさすがに遠く及ばない。
「治す(直す)」スタンドと、生命を与える能力を治療に応用しているスタンドの差であるとも言える。

総じて非常に応用力に優れたスタンド(ジョルノの性格や「無意識の才能」を反映していると思われる)だが、
生命が物理的に生育し得ない環境下(劇中では冷気を操るスタンド「ホワイト・アルバム」による極低温状態)では
生命エネルギーを与えても物体は生物へと変化しないという弱点も見られる。
加えて手で触れなければ能力を発動できないため、両手を失いかけて窮地に陥る場面もあった。

登場初期は「産み出した生物は受けた攻撃を相手に反射する(ジョルノや攻撃を受けた生物は無傷)」、
「元々生命を持っている者に過剰に生命を与え、相手の感覚だけを暴走させる」という設定があったが、
中盤以降は全く見られなくなった。

この点は「スタンドの成長に伴って能力が変化した(「エコーズ」ほど顕著ではないにせよ)」という説が有力だが、
まあ 単純に荒木先生が忘れた(あるいは無かったことにした)可能性が高い
ジョジョではよくあることである(ただし反射能力に関しては、後に小説版において再び使用されている)。
ただ、単純にジョルノがスタンドで殴っている描写が止めを刺すときくらいになるので、この能力自体は使っているが描写はされていない、というだけなのかも知れない。
ちなみに設定上のパワーはC、つまり人並みであり、実際作中でもブチャラティが破壊力はそれほどではないと述べている。
が、その割に車を容易く破壊するシーンがあったりと結構謎。タイミング的にも車を壊したのはスタンドが成長する前だし……
(まぁ、次部の主人公のスタンドもA評価な割に鉄格子を破壊できなかったりと、スタンドのパワーの評価はまちまちなのだが)。

なお、ジョルノが物語終盤に叩き出した7ページ連続無駄無駄ラッシュ(計 100無駄オーバー )はジョジョの最長記録。
このときの敵が殴られた回数(56回)はシリーズ歴代2位という記録も持っている(ちなみに殴られ回数1位は60回でコイツ)。
にもかかわらず、ジョルノが作中で殴った合計回数は142発にとどまり、
歴代殴ったスタンドランキングでも「ギリギリすべりこみ3位」と書かれ意外と少なめ。
承太郎が(第3部だけでも)300発以上殴っていることを考えると、2人の戦闘スタイルや立ち回りの違いが分かるであろう。
さらに突っ込むと作中でオラオラが出た回数は442回、無駄無駄は229回(3部のDIOとジョルノを合わせて)である。

+ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム(終盤ネタバレ注意)
破壊力 - なし スピード - なし 射程距離 - なし
持続力 - なし 精密動作性 - なし 成長性 - なし

「実際ニ起コル真実ニ到達スルコトハ決シテナイ!」

ゴールド・エクスペリエンスが、「矢」に貫かれたことによって進化したスタンド。通称G.E.R.。
「レクイエム(鎮魂歌)」とは「生物の魂」を支配するエネルギーのことで、
適正者が自分のスタンドを「矢」で貫くことでスタンドエネルギーを進化させる。*4
G.E.の場合はスタンドが脱皮をするように変化し、頭部には取り込んだ矢尻がそのまま埋め込まれている。
作中では再登場したポルナレフの「シルバーチャリオッツ」もレクイエム化を試みた(レクイエム現象を発見・命名したのは彼)が、
既にスタンド能力者としては再起不能のダメージを負っていたため、ポルナレフ自身も制御できず暴走に近い不完全な形で終わっている。

ジョルノはパッショーネのボスであり、第五部のラスボスであるディアボロとの激しい「矢」争奪戦を制し、
レクイエムの能力を完全に目覚めさせることに成功。
従来の「物質に生命を与える能力」に加え、スタンドパワーの大幅な上昇、
そして「相手の行動・意志の力を全てゼロに戻す」という究極の能力を得る。

かなり難解、かつ概念的な面が強い能力なので不明な点も多いが、作中から確認できるG.E.R.の能力を簡単に説明すると、
防御面では、「どんな能力で・どんな力で・どんな方法を用いて」攻撃しても、
「G.E.R.(と「主」であるジョルノ)へ攻撃する」という『真実』に辿り着くことは「決して無い」。
「攻撃」という「結果」へと絶対に辿り着けない相手は「過程」の中に存在する事を許されず
「ゼロ」=「初めから何もしていない」状態へと戻らざるを得ない
…つまり、無敵

具体的には、ディアボロのスタンド「キング・クリムゾン」の「時間を吹っ飛ばす能力」と「未来予知」によって
100%確定したはずのジョルノへの攻撃がビデオの逆再生のように巻き戻され、
結果「最初から何もしていない状態」のままになっていたという現象を引き起こしている。

攻撃面ではその「ゼロ」に戻す力をあえて相手に与える。
G.E.R.のこの力によって殺された相手は「死ぬ」という「結果」に辿り着く事を許さず
「ゼロ」=死ぬ前の状態へと「戻される」。
ところが、「結果」に辿り着けなくても「死ぬ」という運命を変える事はその時点で不可能になっているため、
『「死ぬ」という結果に向かっては戻される』ことを永久に繰り返してしまう。
要するに、こいつに殺されると永遠に「死に続ける」事になる。 決して終わりはない。

「終わりがないのが『終わり』
                    それが『ゴールド・ E ・(エクスペリエンス)レクイエム』」

ただしこの能力は自我を持ったG.E.R.の意志が起こしている為、本体のジョルノはこの「真の能力」を知る事はない
(「何が起きたか」は漠然ながら理解できたようであるが)。
上記のディアボロの攻撃を無効化した際も、時間が巻き戻る様子を知覚できたのはディアボロ本人とG.E.R.のみである。
数あるスタンドの中でも特に異質な存在で、能力の性質上パワーやスピードというパラメータが意味を成さなくなるためか
それらの評価は全て「なし」という表記になっている。
断片的に見せた力では、GEの頃より基礎的なパワー全てが大きく上がっていることが分かるのみである。

ジョルノの意思で完全に制御できないなどの不安定な点を考慮するにしても、
あまりにもチートすぎる能力であるため、「最強のスタンドは?」といった話題には必ず名前が挙がるスタンドである。
(第7部の牙(タスク)ACT4などと並び通常のスタンドとは別枠として外される事も多いが)

オ オレは何回死ぬんだ!? 次はど……どこから……
  い…いつ「襲って」くるんだ!? オレは!オレはッ!
      オレのそばに近寄るなああーーーーーーーッ


MUGENにおけるジョルノ・ジョバァーナ

あまりもの氏が制作した二種類のジョルノが存在する。
作られる以前もDIOがメインのストーリーに非戦闘員として登場している。

+あまりもの氏製
  • あまりもの氏製
DIOなどをベースに手描きで製作され、他のジョジョキャラのように本体モードとスタンドモードを搭載。

ボイス、システムや演出はPS2用ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風』のものを基本にしている。
ゴールド・エクスペリエンスで植物の根っこを産み出して攻撃したり、トビウオを産み出して攻撃したりする設置系キャラ。
必殺技では「無駄無駄無駄無駄」と相手を殴りまくり、接近戦もこなせる。
カットインなどの演出も一通り作り込まれており、ゲージ技を連続使用することで7ページ無駄無駄ラッシュも再現可能。
改変やAI作成は自由とのことで、デフォルトのAIは無かったが氏自身によるAIが公開された。
森ノ中氏製作の外部AIも公開されている(最新版未対応)。

2012年10月の更新により全体的に仕様が変更された。
具体的には本体の一部とゴールド・エクスペリエンス全体の画像が書き直され、ボイスも追加された(SNDファイルの容量も8MBから4MBに削減)。
また『黄金の旋風』で使っていたてんとう虫やカエルを生み出す技が追加された他、一時期削除されていたストライカーのミスタが復活。
さらに一部キャラに対する特殊イントロが搭載された。
その後の更新で氏自身によるAIも搭載された。

+あまりもの氏製 『レクイエム』版(本編ネタバレ注意)
  • あまりもの氏製 『レクイエム』版
また、同じくあまりもの氏により『レクイエム』版も公開された。
原作のチート能力は一部技で使用するだけで、基本的には通常版の性能を強化したものとなっている。
+主な変更点(readmeから抜粋)
  • 体力がかなり低い(通常版のおよそ80パーセントほど)
  • タンデムの性能が変更されている
  • 一部コンボが繋がらなくなった(無駄無駄から木の根など)
  • 新しく使えるようになった技、逆に使えなくなった技がある。 
  • スタンドモード時の攻撃力が全体的に上昇している
  • スタンドモード時の技の発生が全体的に速くなっている
  • スタンドモード時の技の判定が全体的に強くなっている
  • スタンドモード時の機動力が上昇している
  • スタンドクラッシュしにくい
  • ダウンの取れる技が増えている。
  • フーゴからの激励が無い
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16930764

「覚悟とは!!暗闇の荒野に!!
                    進むべき道を切り開くことだッ!」


出場大会

削除済み

出演ストーリー



*1
ジョルノの母親がDIOの『食料』にされずに生き延びた理由として、作者の荒木氏は
承太郎がDIOを倒したから生き残ったんでしょう」と、ゲーム版の攻略本インタビューで語っている。
そういう意味では、間接的とはいえ承太郎達はジョルノの命を救ったとも言える。
しかし、承太郎がDIOを倒した時ジョルノは2歳あたりなので、なんでそんなに放置してたんだという謎は残るが
小説『OVER HEAVEN』では、DIO自身の幼少期の環境が故に実験的な意味も兼ね、
意図的に「悪女」的な女性を選んで子供を身籠らせて解放した、と解釈されている。

*2
ジョルノが目指しているのは、ギャングはギャングでも立場の弱い者を傷めつけて奪い取るようなゴロツキの類ではなく、
警察が腐敗で役に立たない社会においてアウトローの立場から社会の秩序を守り、
警察が対応しない、あるいは対応できないようなトラブルを独自に解決するという、
日本で言うところの「任侠の徒」のようなタイプの存在な訳だが、
「ギャングスター」 (gangster) という言葉には別に全然そういうニュアンスは含まれない。
単に「不良集団や犯罪組織の一員」というだけの意味であり、
ゴロツキの類のようなタイプのギャングを指しても使われる(と言うか普通はそっちを指す)言葉なので、
もし使用する機会があれば用法に注意。
なお、原作で使われたのは「ジョルノはセリエAのスター選手よりギャングスターに憧れるようになった」という部分だけであり、
即ち「サッカーのスター選手よりもギャングの一員に憧れるようになった」……
別にどこもおかしくない。荒木先生が間違えたわけでも 多分 ない。

*3
後日談となる小説『恥知らずのパープルヘイズ』では、
パッショーネの首領となったジョルノは「ボス」と呼ばれるとディアボロと被るからという理由で
部下たちに自分を「ジョジョ」という愛称で呼ばせている。
+何故一番の新入りが首領に?
何故一番の新入りが首領になれたのか、ということだが、これはディアボロが身の安全のため正体を隠していたのを逆に利用し、
「初めから組織のボスはジョルノであったが、あまりに若く、それ故にいらぬ反感を買うのがいやさに正体を隠していた」ということにして、
「裏切り者が出て無関係の娘(トリッシュのこと。勿論実際のボスであったディアボロには関係があったのだが)まで
巻き込まれる抗争に発展しかけたので、もはや隠している理由がなくなり正体を明かした」という体裁をとったものである。

*4
ただしジョルノはこれ以前、パッショーネの入団テストを受けていたとき、
幹部のポルポの自動遠隔操作スタンド「ブラック・サバス」が放った「矢」から成り行きで現場に居合わせた広瀬康一を庇った際に、
(スタンドをではなく肉体をではあるが)「矢」で傷つけた経験がある。
レクイエム発現の「スタンドを貫く」という条件は満たしていないものの、これが引き金になってG.E.の能力が変化し始めた
(前述の「攻撃反射能力」と 「感覚だけを暴走させる能力」の喪失、「治癒能力」の獲得)という考察をする読者もいる。