Megumi Shinigami

出身地:日本
誕生日:1981年5月1日
年齢:20歳だが、15歳前後に見える
身長:168cm
体重:58kg
血液型:AB
趣味:空想にふけること
好きな食べ物:魚料理
好きな音楽:J-pop
得意なスポーツ:なし
大切な人:エイジ、弟のリカルド
嫌なこと:弟のリカルドのアニメのコレクション(一日の大半をそれに費やすため)
好きなもの:ロマンチックな人
嫌いなもの:自分自身
格闘スタイル:本能


「簡単には・・・」


Rikard氏が製作した、日本に輸入された外国製オリジナルキャラの一人。
現在は氏のサイトが消滅しており、残念ながら正規入手不可。
クーラの改変キャラであるが、氷を操るクーラとは違い、彼女は蒼白い炎を操る。
ボイスは「月華の剣士」の高嶺響のものを使用している。
しかし、緊急回避で「斬る・・・」と言ったり所々変なボイスもあるが、そこは海外製作者だからしょうがない
ちなみに、氏のキャラにしては珍しく、勝利画面が出ない。

+以下、詳しい設定等
メグミは死神家の姉であり、原因不明の心臓病のために一日の大半を家で過ごしている、弟のリカルドの世話をいつもしていた。
また、彼女が8歳(リカルドは6歳)の時に自動車事故で父を亡くしており、母親もその事故によって深い昏睡状態になってしまった。
母親は5年後に目を覚まし、その時メグミとリカルドの兄弟は祖父と共に暮らしていた。
悲しいことに、母親は歩くことが出来ず、さらに1999年にメグミの祖父が死んでしまったので、家を支えられるのはメグミだけであった。
しかし、メグミは強い意志を持っておらず、自殺することすら考えた。だが、その夜、彼女の人生を永久に変えてしまう出来事が起こった。
リカルドが倒れたが、病院が救急車を手配出来なかったので、メグミは自分の車で送るしかなかった。
突然雨が降り出した。メグミはあまり運転が上手くなく、通行人(エイジ・シロウだと分かった)と出会ったので、
出来るなら自分の代わりに病院まで運転して欲しいと頼んだ。彼女は”あり得ないほど”運転が下手だったからだ。
エイジは断ろうとしたが、メグミが泣き始めたので、承諾して病院まで運転した。
二人はついには一緒になり(付き合いだした?)、エイジはリカルドの最高の親友になりさえした。
ある日、エイジがメグミの家に大金を持ってきて、「宝くじが当たったのでリカルドとメグミの母親の手術代が払える」と言った。
メグミは疑わしく思ったが、その金の本当の出所について何も尋ねなかった。
リカルドは直ぐに病気から回復した。ある日、メグミとエイジは、リカルドを町の外に遠足へと連れ出した。
リカルドがすっかり疲れ切ったとき、エイジはリカルドと一緒にいることに決め、メグミは車で待つことにすると言った。
メグミは走っていく途中に殺し屋のような男を見つけた。
その男はテツヤ・キラザキだと自己紹介して、仲間である青い目をした男に、エイジ・シロウをここにおびき寄せる為にメグミを殺すように言った。
メグミは恐ろしくなったが、若い男の格闘技の攻撃をなんとか避けた。
これが、彼女が力を見せた最初の時であった。
男はそこから立ち直ると、メグミを掴んで怒れるテツヤから逃げ出した。
男は遅れてマサキ・ヒカゲだと自己紹介して、メグミの力について説明しようとしたが、謎の組織の戦闘員が現れ、
マサキを気絶させ、メグミを誘拐した。何日か後、メグミは奇妙な液体に満ちた筒の中で目を覚ました。
彼女は痺れたように動けず、出来ることといえば、映った自分自身を見ることだけだった。…その瞳は青ではなく、炎のような赤だった。
メグミは、自分が何らかの実験をされていることを理解し、二度と日の目を見ることはないだろうと思った。

彼女は間違っていた。

一年後、研究所に緊急事態が発生した。実験台の一人が逃げ出し、機材の全てを破壊し始めた。彼は筒も壊し始めた。
その内の一つにはメグミが入っていた。メグミはその破壊劇を続ける男の銀髪と赤い目を見て分かった。
それは彼女の弟であり、自分を助けるために来てくれたに違いない、と思った。
しかし彼女は突然爆風が自分に向かってきたことに気が付いた。自分は死ぬんだ…メグミはそう考えたが、その爆風は彼女の直前で消滅した。

メグミが目を開けると、弟は既に居らず、研究所にいたほとんどの科学者達も同様であった。
残った者は逃げ出そうとしていたが、彼女は何の躊躇いもなくそれらを殺した。
その時、彼女は自分が何をしたのか気付き、自分が恐ろしくなった。そして鏡に映った自分を見た。
実験が始まる前は、自分がどうであったか全く見なかった…いくらか若くなっており、瞳は紫色になっていた。コンピュータのモニターを一瞥して、
何が行われていたのか理解した。彼らはメグミの真の姿を目覚めさせようとしていたのだ。
…力に満ちた女神を…彼女が恐怖や不安を感じた時にはいつでも彼女の体を支配していたものを。
メグミはそれの止め方について手がかりを持たなかったが、マサキと、彼が何を言おうとしていたのかを思い出した。
そして、メグミはリカルドをエイジから身を隠しながら、本当の自分を永遠に封じるために何をするべきかを知るために、マサキを探し始めた。

メグミはとても社交的な少女だったが、本当の自分が無慈悲な女神であることに気付いた時から、
いつも輝きに満ちているように見えていた彼女の人生は、暗いものになってしまった。メグミはとても無口で悲しげになってしまい、
唯一の希望はマサキだけだった。メグミはエイジやリカルドと会うのをとても恐れるようになった。まだ会う準備が出来てないような気がするからだ。
しかし、彼女は未だ一つの疑問を抱いていた。科学者達は彼女以外にも3人の女神について記録しており、
未だにその全容は分かっていない…他の3人は一体誰なのだろう?


前述のように炎を使うキャラであり、超必殺技「ムーンライトウェイブ」の溜めは、大蛇薙の溜めモーションを思わせる。
もう一つの超必である「-Moonlight Obsession-」は、フリーズエクスキューションのように何か(魂?)が相手に高速で突進し、
ヒットすると攻撃に移る技なのだが、外した場合は反確レベルの甚大な隙を晒してしまう。
また、潜在超必である「グロウイングソード・オブ・ザ・ゴッデスオブムーン」の発動中に浮かび上がる文字は「火」
(なお、同製作者のケイの場合は「風」で、ミカの場合は「地」)。
技としては大きい剣のような物を出現させて振りかざすだけなのだが、体力が減れば減るほど攻撃力が上昇し、ライフ100未満では即死レベルの威力になる。
ただし、発生が遅くガードも可能なため、所謂ロマン技である。
必殺技紹介動画
ニコニコでの出番はあまりないが、Youtubeではそれなりに活躍している模様。

2009年8月14日には、おまけの人氏によって他のRikard & Dark Cloud氏のキャラ共々AIパッチが公開された。
また、EFB氏によるAI+一部バグの修正パッチも公開されている。

他にもaokmaniac13氏がボイスパッチを製作している。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル