皇帝


「お前が皇帝とは片腹痛いわ、

  世界に皇帝は私1人だ!」

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のRPG『FINAL FANTASY II』に登場するラスボス
ゲーム中では正式な本名は明かされないが、小説版『夢魔の迷宮』では「 マティウス 」とされている。
リファインされたFF2のタイトルロゴでは、主人公連中を差し置いて彼のイラストが使用されている。

魔界から魔物を呼び出し世界を征服しようとした、パラメキア帝国の初代皇帝。
性格は傲慢そのもので、フィン王国など自身に従わぬ国々を次々と滅ぼしている。
世界そのものの消滅などといった哲学的な目的を掲げる者が多いFFのラスボスにおいて、
世界征服という、実に分かりやすいステレオタイプな目標を掲げている。

1度フリオニール達によって倒されるものの地獄で究極のパワーを身に付け、
無数の蛇の飾りがついた兜をかぶった骸骨のような異形の姿になって復活。
パラメキア城のあった場所に地獄の城「パンデモニウム」を出現させ、そこを居城にした。
だが、再びフリオニール達によって倒され、消滅した。

GBA版では追加要素として、天使のような姿をした皇帝(通称「善皇帝」)も登場する。
悪の皇帝がやりたい放題である事に心を痛めている一見いい奴っぽいが、帝国との戦いで命を落とした連中に、
「私を許せ、そして憎悪の連鎖を断ち切れ。許さなきゃ殺す」等とのたまっており本質的な所は何も変わらないあたり、
善と言っても独善とか偽善とか言った感じのタチの悪いものだが。

1戦目はHP1290とベヒーモスよりも弱い上に、前衛にウッドゴーレムや親衛隊を置いて、
自分はエリクシャーやブリンクで守りに入ると、かなりヘタレた性能。
コイツより明らかに同じダンジョンの部下のジェネラルやウッドゴーレムの方が強いと感じる人も多いだろう。
一方、パンデモニウムでのラストバトルは、全体ダメージの「いんせき10」や大ダメージの「フレアー16」が脅威。
加えて、ブラッドソードの効果つきの通常攻撃(最大8ヒット)は回避率が低いキャラには脅威の威力になる。
また防御力も非常に高くプリン系に次ぐ防御力を持つため通常の武器ではまともなダメージを奪えない。
しかし、MPは540なのでパーティーの回避率を鍛え上げた上でアスピルでMPを吸い上げてしまえば後は楽だったり。

ちなみにブラッドソードを使うと 最低1ターンで倒す事が出来てしまう。
これはブラッドソードが「『最大HP/16(端数切り捨て)×ヒット数』のダメージを与え装備者のHPを回復する」ものであり、
16ヒットさせれば、例え皇帝でもこれで一撃⇒ 即ウボァー である。
ただ、あまりの強さ故に面白味を無くしてしまうため、自分からこれの使用を封印する人も少なくない。

+「ウボァー」って何なんスか?
ラスボスの断末魔であるにも関わらず迫力にかけるウボァー。
「ウボァァァァァァ」でも「ウボァー!!」でもないうえ、それまでのセリフをわざわざスクロールさせてまで
画面にウボァー、とだけ表示する斬新さ。(注:FC版だけはスクロールしません)
こうていは悪魔に魂を売る権力者というある意味典型的な悪役だが、
ウボァーによって我々にその個性を主張し印象付けることに成功している。
ウボァーこそがこうていをこうていたらしめている最大の要素なのである。

(某掲示板のウボァースレから引用)

そんな皇帝を語る上で欠かせないのが 「ウボァー」 という断末魔である。
一応美形キャラで、かつラスボスでありながら、あまりにもマヌケで情けない断末魔であった事から、
多くの人の心に残り、ネタにされ続けている。
加えて、FF2全体が陰鬱な展開が多い中でのこの断末魔である事もネタ化に拍車をかけている。
上述の善皇帝も、結局は倒されてウボァーし、直後に悪皇帝のウボァーシーンも流れるので、Wウボァーとなる。
ちなみに英語版では "Ungaahhhh!"(ウンガー!)

『FF12』では「背徳の皇帝マティウス」と言う名前で召喚獣としてゲスト出演。
その時もわざわざ説明で「断末魔と共に地獄の海深くに封じられた」という文が存在している。
この断末魔がウボァーの事であるのは、わざわざ言うまでもないだろう。

『ディシディア ファイナルファンタジー』でも、倒された時の断末魔は当然の如くウボァーであり、
特定のイベントでも堀内賢雄氏によるかなり気合の入ったウボァーを聞かせてくれる。
この記事の一部引用元であるファイナルファンタジー用語辞典における
『もはや「ウボァー」なんて生易しいものではない』『ウゥボゥァアアァァァアァァァ!!って感じである』
という言葉は実に素晴らしく的確な表現だと言える。

しかも、コスモスサイドのキャラ個々に陛下退場のイベントが用意されているため、
シアターでムービーをオートプレイすると ウボァー10連発 という事態に。最早「今世紀最大のウボァー祭」状態。きたねぇ断末魔だ。
さらにシアターでの皇帝のサンプルボイスにも、もう2種類の「ウボァー」が収録されているなど、
バリエーションが半端ではない。

ゴルベーザの「いいですとも!」やエクスデスの「カメェェェッー!」もそうだが、
こういったネタ台詞を大物声優の方々に演じてくれとお願いするスタッフもスタッフだが、
やる方もやる方だというのを、ウボァーは特に実感させてくれる事だろう。
そして前述のようにFF10の主人公ティーダに「『ウボァー』って、何なんスか?」と喧嘩を売られる事になってしまった。

ちなみにスタッフはまったく変だと思わなかったのか、
「グガゲゴ!」 とか 「グ…ズ…ギャァァァァム!」 とか 「グ…パァー!」 とか…うごごご!だとか、
よくわからん断末魔が一時期のFFでお馴染みとなっていた。
それ以外にも、他作品で皇帝とは無関係のところでネタとして使われている場面もある。
中でも同社作『半熟英雄対3D』の3D大元帥のウボァーは 若本ボイスで聞けます。

また『ゆめにっき』に登場するポニーテールの女の子(通称:ポニ子)が、
特定条件下で低確率ながら変身するスクリームだかカオナシだかの異形のキャラクターの第一発見者が
スレであまりのショックのため発した断末魔が「ウボァー」だったため、そこからスレ住民に
ウボァ 」と命名され一部のゆめにっきコミュニティでそう呼ばれているため、無関係ではない…かも。

+『ディシディア ファイナルファンタジー』における皇帝
対戦アクション『ディシディア ファイナルファンタジー』(DFF)ではカオスサイドとして登場。
声は『聖闘士星矢』の天秤座の童虎、『NARUTO』の2代目炎影とペインの声を演じ、
AC版エアガイツでクラウド・ストライフの声も演じた堀内賢雄氏。
この中でも支配者を自称し、同じカオスサイドの者でも「破壊者」と呼んで蔑んだりするなど相変わらず。
同じように支配者的なアルティミシアとつるんで行動する事が多い。
また、フリーバトルではケフカに「役立たず以下なのだ!」とこき下ろされている
(原作において、ケフカが主であるガストラ皇帝に反逆した時に言った台詞が元ネタ)。
傲慢な口調がウボァーで全て吹っ飛ぶのは20年経っても変わらなかった。

戦闘では罠を設置して戦う「トラップメイカー」。
だが、遠距離攻撃が得意なキャラクターに弱く、罠のほとんどがエアダッシュで消してしまえるため、
近距離でもサンドバッグになる事も多々ある。
しかし1番決定的なのは HP攻撃の「フレア」を跳ね返されて自爆する 事があるという事。
一部のキャラは跳ね返せないが「逃げ惑え!」といいつつフレアを出すものの、
逆に自分が弾き返されたフレアから逃げ惑う事になった挙句ウボァー という間抜けな散り様を拝む事が出来る。
しかも自爆フレアのブレイブ(攻撃力)は皇帝のものを使うため、皇帝が丸々損をする羽目になってしまう。
これを利用したレベル上げ手法まで編み出されており、場合によってはLv1から一気に100まで上がる事もあるなど、
所謂「エクスデス道場」と比べて効率性も高い。

ちなみに、フレアを跳ね返せないキャラは5人だけ。
しかもその中には 皇帝自身も含まれている。 (UT版で何とか跳ね返せるようになったが)
一応EXゲージが満タンの場合はHITする直前にEXモードに突入する事でどのキャラでも跳ね返す事が可能。
しかし、結局相手も同じ事ができるわけであって…
逃げ惑ウボァー
しかも皇帝には有効なHP攻撃の手段がこれしかないのも欠点。
一応「いんせき」もあるが、こちらはタメ時間がものすごく長く(攻撃判定発生まで540フレーム=実に9秒)、
対人戦では実質誘い専用技である。

無印では殆どのキャラに不利が付き、キャラランク議論ではランクU(ウボァー)という専用のランクが与えられる始末であった。
ちなみに彼がダイヤグラムで五分以上をつけているのは、システムに非常に愛されていないケフカと、
無印最強クラスだが相性が非常に良いジェクトの2人だけである。
専用ランクが与えられているのもただ単に弱いから、ネタだからというだけではなく、
本来最下層のキャラが最上位のキャラに強いというダイヤブレイクのせいで、正確なランクが付けられないためでもある。
UT版ではある程度強化されてはいるが、うまく使いこなせないと対人戦は厳しいだろう。

続編の『ディシディアデュオデシム ファイナルファンタジー』(DDFF)でも登場。
新HP技「メランコリアの檻」が追加された。
これはステージに三個まで設置できる設置技で、設置後は目立ちにくく事故が多発する優秀な技。
また「いんせき」には魔法ガードがつき、一部の魔法メインキャラには脅威となった。
それでもHP攻撃は普通に食らってしまうが…
ブレイブ技も機雷・地雷は発動スピードが増し、スティックボムの最大溜めはガードブレイクがつくなどの強化がされている。
しかし、エクスデス先生が脅威のAI強化を果たし道場閉鎖となった中でも、
相変わらず地上フレアが跳ね返せるため皇帝道場は健在のようだ(ただし前述のメランコにより事故率は増している)。

余談だが、DFFでの最強武器の名前は「マティウスの悪意」。
前述のようにFF12にゲスト出演したときもマティウスという名前になっているため、
公式で本名はマティウスに決定されている感もある。

皇帝エンカウントボイス集
DFF版
DDFF版


MUGENにおける皇帝

ダガー氏が手描きで作成していたが、現在は公開されていない。
ちぃたま氏、コケココ氏によってAIが作成されている(いずれも最新版未対応)。
キャラのデザインや性能はDFFに準じており、設置系の技で戦うキャラになっている。
ただし超必殺技(DFFにおけるEXバースト)は「絶対支配」→「たつまき」「誘惑」ではなく、
「フレアー16」「たつまき」「いんせき」に変更されている。
ボイスもDFFのものを使用しているため、倒されれば当然 「ウボァー」 である。
『デュオデシム』の追加技「メランコリアの檻」も使用可能で、
さらに特殊カラーも搭載し、バルバトスなどとも互角に渡り合えるレベルに。

更新でそれまでに比べ技の威力等が概ね弱体化され、代わりに「アビリティ」が搭載。
下記のアビリティの条件を満たすと、技の威力が1.2倍に強化される。
  • 先制攻撃:バトル開始から5秒以内かつ相手から攻撃を喰らう前に攻撃が成功したときに発動
  • 火事場の力:ライフが4分の1以下で発動
  • カウンター攻撃:相手が攻撃している時に攻撃を当てると発動
ただし、「カウンター攻撃」の補正がかかるのは2ヒット以降であり、
攻撃によっては発動しなかったり補正がかからなかったりするなど、上手く発動しない場合もあるので注意。

2013年8月の更新で性能が大幅に様変わりした。
新技の地上スティックボムや空中でも出せるようになった代わりにゲージ技化したフレアなど違いは多いが、
最大の変更点は、氏が製作したジェクトと同様DFF再現のEXモードやアシスト・追撃が搭載された事。
アシストはガーランド、アルティミシア、ジェクトの三人から選択可能。

MUGEN1.1のズームアウト画面なら性能を発揮できる…かもしれない。


この わたしが やられるとは・・・・
しんじられ・・・・ん・・・・2どまでも・・おまえに・・・・
・・おまえは いった・・い、な・・にもの・・・・
ウボァー

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他

出演ストーリー