クィン・マンサ


「子供の遊びじゃないんだよ!そこのでかいの!」

機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、ネオ・ジオン軍のNT専用MS。全高 39.2m、本体重量 143.2t。型式番号はNZ-000。
その型式番号“NZ”が示す通りネオ・ジオン(NEO ZEON)の象徴として開発された最大にして最強のニュータイプ専用巨大MSである。
機体設計には接収した連邦製NT専用巨大MA「サイコガンダムMk-II」を始め、その他ネオ・ジオン製MS全てのノウハウが投入されている。
主なパイロットはプルツーだが、グレミー・トトが操縦したこともある。

全身に多数のメガ粒子砲を装備し、特に胸部の2連大型ハイメガ粒子砲はビームの収束・拡散も可能となっており
戦艦クラスの主砲を遥かに凌ぐ威力を誇る。
テールバインダーは大容量のファンネルコンテナとなっており、搭載数はキュベレイの約3倍。
また、肩部バインダーには巨大なメガ粒子偏向器を搭載し、攻撃・防御の両面において他機の追随を許さない。
スラスターも大出力を確保しており、この種の巨大兵器としては機動力にも秀でている。

ちなみにクィン・マンサは全高40mに迫るサイズながら、MSに分類されている。
これが何を意味するかと言うと、ほぼ同サイズのサイコガンダムシリーズは、人型に変形こそするものの
あくまでMA(ビグ・ザムなどと同じ兵器区分)であるのに対し、
クィン・マンサはサイコガンダムと同等のサイズでありながら、MSと同等の機動性・運動性を確保した機動兵器であるという事になる。

コクピットを備える頭部はサイコガンダムMk-II同様に分離行動が可能であり、
武装・推進器を搭載しパイロットの生還率を高める緊急脱出艇としての機能を備えている。
装甲も極めて堅牢で、フルアーマー・ΖΖガンダムのミサイルの一斉掃射を受けても致命的な損壊を免れている。

個別の戦闘単位としては、まさしく最強と言える性能を持つクィン・マンサだが、その分搭乗者にも高い能力を要求する機体であった。
グレミー反乱軍内において本機の性能を引き出すことが可能であったパイロットは、
事実上強化人間であるプルツーのみであったとされている。後に本機のデータは小説作品『機動戦士ガンダムUC』において、
新生ネオ・ジオン軍残党「袖付き」のNT専用MS「クシャトリヤ」に活かされる事になる。

頭部のデザインは「これ以上ガンダムは必要ない」という理由で没になったネオジオン版サイコガンダム
「G-V(ジーファイブ)」からの流用であり、ネオジオン製MSでは唯一のガンダム顔をしている。
(前述のクシャトリヤはモノアイとなっている)
ガンダム顔をしているがガンダムとは名乗らないというガンダムシリーズでも結構珍しい機体でもある。
なお、G-Vの顔以外は終盤に登場した量産型重MSに引き継がれ、元デザインは更に悪役顔にリファインされた上で
外伝作品のライバル機として登場している。

ジュドーの説得に応じたプルツーは本機を放棄し、開放したコックピットにルーの半壊したΖガンダムによる狙撃を受けた。そのまま機体は崩壊するアクシズと共に失われた、と思われていたが…?

+ その後のクィン・マンサ

(Wikipediaより。一部加除)


『ガンダム・ザ・バトルマスター』におけるクィン・マンサ

MSのサイズは原作の設定に基づいている本作であるが、クィン・マンサは例外的に設定より小さくなっており、
ジ・Oと同程度の大きさ(約28m~30mくらいの大きさ)になっている。
原作の設定では、サイコガンダムと同程度のサイズであるが、プレイヤーキャラとして使用するために小さくされたのだろう。
そのため現在では、小型化したクィン・マンサということで、前述のクシャトリヤ(20m級)だと言われることもあるようだ。
ただし原作より小さくなったとはいえ、通常キャラの中では最大クラスのサイズである。

性能では攻撃力が高く、ボディプレスを使用するなど攻撃の範囲も広いがコンボはあまり得意ではない。動きも全体的に遅め。
ファンネルを装備しており、ファンネルアタックと絡めた攻めは非常に強力。
上空に飛び上り胸からビームを拡散発射する「ビームシャワーアタック」は、範囲が広く牽制に役立つ技。
なおかつ空中でも使用可能なので、スラスターで空中に飛ぶ→撃つ→スラスターで再び飛ぶ→撃つ、の繰り返し、
またはスラスターモードになることで砲台と化し、スラスターゲージが無くなるまで空中から爆撃が可能。
メガ粒子砲を連射する超必殺技の「メガビームキャノン」も全部ヒットすれば一ゲージを一気に奪っていくほどの高火力。
装甲が若干薄めなのが欠点。体が大きいので攻撃を受けやすいという点も少々辛い。
避け動作がなく、代わりにIフィールドで一定時間飛び道具を無効化できる。

+ TOP SECRET

+ その他のゲームでの性能


MUGENにおけるクィン・マンサ

taurusac195氏により製作された、『ガンダム・ザ・バトルマスター2』アレンジ仕様のものが存在する。
ただし、原作の設定に準じたサイズにされたようで、同氏のサイコガンダムMk-IIIとほぼ同じサイズの巨大キャラになっている。
サイコと同じくLife3450でアーマーを持ち、ガードはポーズだけな辺りも同様。Defは110とサイコよりは低いが、Atkも110。
巨大化したことによりジャンプしてからの拡散ビーム砲が画面端まで届くようになっているので、制圧力がかなりの物となっている。
ビームサーベルはバトマスキャラ仕様なのでガード不可能となっており、出は遅いが画面半分をぶった切れる有効な武器となった。
ゲージ技のメガビームキャノン乱射は巨大化のせいで、通常サイズのキャラの頭上を通過してしまうので対空で使う必要がある。
このメガビームキャノン乱射、見た目は拡散しているが実際には横一直線の攻撃判定なので拡散部分に当たっても平気だったりする。
また簡易ながらAIも搭載されており、メガビームキャノン乱射を比較的よく使ってくるが、接近戦はやや不得手のようだ。
ボイスを日本のプルツーにするパッチと何故かプルにするパッチが∞アップローダーで公開されている。

出場大会

削除済み