デスペラード


「0.1秒の差で生死が決まる。生き残るのは当然俺だがな。」

オンライン横スクロールアクションゲーム「アラド戦記」のプレイヤーキャラクター。
長さといい、細さといい、足首の締まり具合が最高な女仕分け技傘使いの腹黒ロリ、強いられている人の乗るMSとは関係ない。
銃火器を使うガンナーの中でもリボルバーを用いた射撃技術に特化した職業をレンジャーと呼ぶ。
そのレンジャーの中でも高レベルになり覚醒した者を「デスペラード」と呼ぶ。因みに女性の覚醒したレンジャーは「ブラッディア」。
他のガンナーとの見た目の違いは煙草を咥えている。

ちなみに、デスペラードとは「ならずもの」や「無法者」を意味するスペイン語が語源。
戦争によって治安の乱れた地域において、些細なことから銃を抜いての決闘や
銃撃戦になることも少なくない彼らはガンナーの中でもトップの早撃ちや
移動しながらの射撃、乱射など他のガンナーには無い様々な技術を持っている。

原作におけるレンジャー

全職の中でも上位の攻撃性能を持ち、その圧倒的な火力で敵を殲滅していく典型的なアタッカー。
序盤の内はパッとしないがクリティカルダメージを強化するデス・バイ・リボルバーを習得するレベル30、強力な攻撃スキルである移動射撃とマルチヘッドショットを習得するレベル35と、後半になるにつれ目に見えて火力が出るようになってくる。
反面で火力を出す以外には特に何か出来る訳ではなく、防御性能も革装備であるため並以下となっている。
とは言うもののその長所である火力はどこでも必要とされる上に突出しており、
遠距離攻撃主体なためでも大した問題は無いなど、かなり優遇された職業だった。
もっとも、日本サービスにおける男格闘家覚醒アップデートの時点ですら他にもレンジャーに匹敵する火力を持つ職業が居たりするあたり、レンジャーが火力筆頭職というわけではなくなった。
が、状況を問わずにダメージを与える手段に富んでいるあたり、優秀な職業ではある。

Second Impactから徐々に他のキャラクターが強化され相対的に下り修正が入っていき、トドメとなった時間の門アップデートで男女共に絶対的にも酷く弱いキャラクターになってしまった。
女鬼剣士実装、男鬼剣士の二次覚醒が実装されて鬼剣士(+α)戦記じゃねーかと揶揄されていたが、New Balanceアップデートで復活を果たした。
足技をキャンセル発動すると少しだけアーマーが追加されたり、足技をキャンセルして威力を一割増しした銃技に繋ぐことが出来るスタイリッシュの追加やエアレード、エアスピンの挙動の変化などでアクション部分でも強化された。
また、投げスキルであるパニッシャーを外した場合は床ドン踏みつけで衝撃波を発生させる。

+ レンジャーというか、所謂%職とは切って離せない話
+ カルテルについて、ネタバレ注意

原作決闘におけるデスペラード

対人戦でもその長所は遺憾なく発揮され、加えて高性能な近距離での足技も得意とするため手が付けられない。
インファイターなどと同じく対戦お断りキャラの一つとなっている。
主な原因はリベンジャーと呼ばれる地上限定食らい抜けスキルで「当たると気絶することもある」こと
空中コンボが得意なローグ魔道学者にはリベンジャーが通用しづらい。
前者のローグは最近実装されたキャラクターで地上限定10割コンボやスーパーアーマーからの突進投げ、広範囲の纏め打撃投げなどトンデモスキルが揃っていることから、ローグとやるならレンジャーとやったほうがマシと言われる始末
更にローグの元であるシーフの派生職「ネクロマンサー」はサモナーと比べるとものすごく固い使い魔を連れるわ虐殺のバラクルと呼ばれるスキルで攻撃範囲が縦軸にも凶悪なほど広がるためネクロとやるならローグとやったほうがマシと言われていた。

古くには「板金レンジャー」と呼ばれる、装備マスタリーを持たないキャラが装備すると
攻撃速度が大きく低下するペナルティがつく「板金装備」を全身に着込み、
極限まで攻撃速度を低下させたレンジャーによる嫌がらせプレイも存在していた。
何故攻撃速度を低下させることで嫌がらせになるのかというと、最も大きな物に
ガンナーが持つ「パニッシャー」の存在があった。このスキルは「前方の敵一体を
踏みつけ、踏みつけながら5回連続で銃撃する」というもので、
内部的な扱いが「投げ技」となっており、踏みつけて撃っている間は無敵。
そして、この 銃撃の間隔は攻撃速度に影響される
つまり、板金レンジャーにパニッシャーを食らうと 超ゆっくり射撃される状態 になり、
5回の射撃が終わる頃にはパニッシャーのクールタイムが終了しているという事態になる。
動作中無敵の投げ技なので、チーム戦でも踏まれている人を助けることはできない。
しかも、板金装備ゆえに堅く中々死なないというんだから厄介である。

この攻撃速度低下を生かした拘束時間増加戦法は同様に喧嘩屋などでも用いる者がおり、
何の気無しに決闘部屋に入ったら強化板金でガチガチのレンジャーと喧嘩屋が居た、等
一時はゲーム性そのものを破壊しかねない勢いだったが
2nd Impactと銘打たれたアップデートにより板金装備の
攻撃速度低下ペナルティが消滅したため、 現在では過去の遺物である
狩りにおいても一部の敵に対処するためによく使われていたのだが、
この修正に伴い板金レンジャーはその姿を消した。


+ スキル解説


MUGENにおけるデスペラード

MUGENでは2種類のデスペラードが存在している。
+ sdc氏製作
+ QK2key氏製作 アレンジ版

+ 大会ネタバレ

出場大会



*1
バージョン4以降ではブラッディアも弾数制限がなくなっていたりする。



添付ファイル