葛葉ライドウ


「我が刃は護るために振るう退魔の刃」

「自分は十四代目葛葉ライドウ」

「この帝都を守護する者だ」


アトラスから発売されたRPG『デビルサマナー葛葉ライドウ』シリーズに登場する主人公。
名字は「くずのは」と読む。ドラマCDでの声は杉田智和氏。
幼い頃より葛葉の里で修行を積み、「十四代目葛葉ライドウ」の名を継いだデビルサマナーの少年。
日本の霊的守護を担う「超國家機関ヤタガラス」より帝都守護の任を命じられている。

時代は大正二十年、帝都(現東京)を脅かす悪魔に、悪魔召喚師(デビルサマナー)として立ち向かう。
ゲーム中で本人が喋る事はなく、相棒でもありお目付役の黒猫(に取り憑いた)ゴウトこと業斗童子が喋ることで会話が進む。
身に纏う外套の下には愛用の退魔刀「赤口葛葉(しゃっこうくずのは)」(鍔の部分がデビルサマナーのマークになっている)とリボルバー拳銃(コルトライトニング)、
そして悪魔を収めるための封魔管を装備する。学帽は銭湯や温泉でも脱がない。端から見える鋭いモミアゲが特徴。
「鳴海探偵社」で見習いとして働いており、帝都各地の様々な情報を入手し悪魔絡みの事件があればデビルサマナーとしてその処理に当たる。

帝都にある「弓月の君高等師範学校」の生徒でもあるが、仕事の関係上、あまり出席できていないようである。
死人驛使事件、超力兵団事件、アバドン王事件、隻眼化神事件、コドクノマレビト事件と数々の異変が起きており、
全て同じ 「大正二十年」内の出来事である という凄まじいイベント密度を誇っている。これでは学校に通うヒマがないのもむべなるかな。
ドラマCDでは連続欠席記録11日を達成してしまったとか。してしまわないか心配であるが、
WEBで連載されていた漫画作品「コドクノマレビト」ではしっかり学校に通う様子も見られ、
そこで学校にはヤタガラスが関与している事が明言されているため、多分大丈夫なのだろう。

“ライドウ”という名は、古より存在した葛葉一族において、
創始者とともに一族の礎を築いた「葛葉四天王」の一人の名に由来する。
葛葉一族の当代の実力者は歌舞伎などと同様に、四天王が用いた名を襲名されるのである。
そのため「葛葉ライドウ」とは本名ではなく、ゲーム開始時にプレイヤーが入力する名前が本名となる。
小説版では「錠平(じょうへい)」という本名が設定されていた。

公式ファンブックで身長175cm、体重65kg、血液型O型であり好物が大学芋であること。それら以外のプロフィールは特に設定されていない。
これはシリーズ第一作「葛葉ライドウ対超力兵団」の公式発表の際に訊ねられた質問に、
デザイナーでもあり監修も勤める金子一馬が即興で答えた内容で、
キャラクターとしての個性を引き立てる重要な役割として、二次創作などではよくネタにされている。
ちなみに、なぜ即興なのかというと金子氏もディレクターの山井氏も「ライドウが食事や排泄をする」という発想がなかった為、そういった類の設定を全く考えていなかったかららしい。
なんなんだこの開発者。
アバドン王本編では並行世界の自分に大学芋を所望したりしているので、公式でも本格採用された設定のようだ。
「コドクノマレビト」では 大学芋トースト という珍料理を食べていたりする。炭水化物取りすぎだ。

性格に関しても大抵は物静かで多くを語らない人物として描かれる。
……のだが、時として他のアトラス主人公よりも怖いキャラクター付けがされる場合が多い。
なにせ原作のゲームの中ですら、封の開けられていない酒瓶で実にいい笑顔を浮かべながら、相手の頭を思いっきりブン殴るという事をやらかしており
小説版では意見の相違から戦うことになった初代葛葉キョウジの頭の一部を銃で吹っ飛ばした挙句、やりすぎじゃないかと言うゴウトに対し、
「バカな事を考える脳を少しばかり減らした方がいいんじゃないかと」
「ゴウトは以前、いちいち細かいことを気にするなと言った」
「それなら腕にしよう」
と、平然にキョウジの腕を撃ち抜いている。
一応フォローを入れるのならば、前者は帝都を壊滅せしめる計画に関わっておきながら、女遊びに忙しいから協力したくないという輩で、
後者は黒幕の計画を潰すために生贄に集められた人々を皆殺しにしてしまおうと、かなり物騒なことを考えていたりする。
また、こうした情け容赦のない人物である反面、仲魔や味方に対しては優しく少しばかり甘い部分やお茶目な面もある。
人によって差異はされど、大抵はこうしたキャラクターとして捉えられているようだ。

また白皙の美貌を誇る美少年でもあり、帝都の女学生から惚れられたり女悪魔から口説かれることがある。
後輩のデビルサマナーとか学校のツンデレ委員長とか妖精女王のティターニアとか。ぐぬぬ……リア充爆発しろ。
ただし初な性格のようで、ソウルハッカーズで雷堂にメイド喫茶に誘われた時は動揺していた。

作中世界の時代が架空の年である理由は関東大震災が起こらなかった為とされている。その為に作中での帝都は未だに江戸の名残が強く残る(ちなみに現実の大正は十五年まで)。
大正時代ということもあり、歴代のシリーズ主人公と違いCOMPのような電子機器的な悪魔召喚の手段を持たない。
代わりに契約したを収めた「封魔管」(中には悪魔を維持するためのマグネタイトが満ちている)を使い悪魔を使役する。
なお、ライドウのマグネタイトは常人に比べ大量かつ美味とのこと。大喰らいの邪神トウテツも絶賛である。

最近ではダンテの代わりに『真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス クロニクル・エディション』(略さないと長いタイトルである)に登場。
謎の老紳士の依頼で大正二十年の帝都から現代のトウキョウに訪れ、対象人物の人修羅に接触する。
仲魔イベントでは、ライドウが人修羅を仲魔に加えるという内容になっている。
いざ戦闘になるとライドウが仲魔として召喚されるのだが。
その他、3DSでリメイクされた「デビルサマナー ソウルハッカーズ」では並行世界のライドウである葛葉雷堂と共にExダンジョンで葛葉キョウジ(デビルサマナーの主人公の方)を倒すと出現し、三連戦となる。
本人は磁霊龍牙突などの物理攻撃と冷静以外の仲魔をCOMPに戻す脱帽などを使う。
ダブルライドウを倒すと超力超神ヤソマガツ(来る途中の回廊で拾ったらしい)をW召喚し襲い掛かってくる。
後進への訓練って言った割に本気出し過ぎじゃないですかね、先輩方。


+ ニコニコでのライドウさんの活躍


MUGENにおける葛葉ライドウ

2体のライドウが存在する。
+ 楠木あくと氏製
+ 運の香氏製


出場大会


出演ストーリー