エメラダ

+成体時

「キム!キム!キム!キム!キム!キム!

 キム!キム!キム!キム!キム!キム!」


    幼体時/成体時
身長:125cm/161cm
体重:96kg
胸囲:65cm/84cm
胴囲:50cm/55cm
腰囲:65cm/82cm
年齢:精神的にはおよそ4歳、外見は8-9歳。成体では16歳

ゼノギアスに登場するキャラクター。CVは根谷美智子
4000年前に栄えたゼボイム文明の遺産。ナノテクノロジーによる人工生命体。
ゼボイムの医師キム(ダーに非ず)とエリィの遺伝子データをシミュレートして構築されたキムとエリィの娘。
遺伝子異常があるゼボイム人に遺伝子治療した場合の遺伝子モデルとして、また染色体異常で子供が生めないエリィとの娘として作られた。
覚醒した段階では知能レベルは3~4歳程度であり、自分の中にある記憶と感情に対して、非常に素直な反応をする。

ソラリスの指導者カレルレンにより発掘され解析・実験の際に戦闘技能とエーテル能力とギア操縦技能を与えられた。
その後サルガッソーゲート内部でフェイ達と一端戦闘になるがキムの記憶を思い出し、キムと同じ姿をしたフェイを見て仲間になる。

創造者と同じ姿であるフェイに懐くが、キム(フェイ)がその愛情をエリィに向けていることを感じ取り、無意識のうちにエリィを疎んじている。
イベントによってキムがすでに死んでいることを受け入れ大人の姿になるが、これは親(=フェイ)からの自立を意味する。
ただしイベントを起こさなくても本編はクリア可能(この場合でもエンディングのアニメでは大人の姿で登場する)。

基本的には分子レベルで遺伝子や細胞や神経の働きをシミュレートしているが、大量のナノマシンによって構成されているため、身体をどんなカタチだろうと自由に変化、変質できる。
そのため戦闘中は体をハンマーやドリルに変形させたり、バラバラに分裂して敵を切り刻んだり、両手を団扇のようにして竜巻を起こしたりする。

PT中トップクラスの高いエーテル力と、シタンに次ぐパーティ中第二位のすばやさを持つ。
エーテルは4属性の単体用と全体用で8種類がある。エーテルはエリィと違って失敗することがない。
攻撃力も決して低くなく、また回避率が高めで敵からの攻撃をよくガードする。
また成体になると成長率が上がり、攻撃力が1.2倍に上昇する。
すばやさが重要な本ゲームにおいて、シタン先生の強さに頼りたくない場合などは特に重宝する。

搭乗ギアはクレスケンス。
腕がなく、その代わり頭部にナノマシンで形成された翼状のパーツを装備するという特異なデザインのギア。
カレルレンが開発中のギアをエメラダ用に改造した。制御系と翼状パーツがナノマシンでできている。
そのためエメラダは制御系のナノマシンに融合する形で搭乗することになる。
能力が高く、特に素早さは全ギア中でも最高の値を誇り、攻撃力も平均値並とかなり優秀。
しかしその分装甲が薄く、更に重いギア用アクセサリを装備すると売りでもある素早さが大幅に下がってしまう。
ストーリー中でのパワーアップはしないが、成体になることでギアの攻撃力も1.2倍になる。
設定資料集にはアニマの器と融合しギア・バーラーになったクレスケンスのデザインも存在する。
が、操縦者であるエメラダがナノマシンの集合体のためアニマの器との同調ができず本編では不可能である。

(以上、wikipediaより転載、改変)


MUGENにおけるエメラダ

どびー氏による里村茜改変のものが存在していた。(現在は代理公開していたタケシ氏のサイトがHPサービス廃業により消滅したため入手不可)
ストライカーとして先生(刀なし)やリコを呼び出すほか、原作で使った各種技を使用する。
また、クレスケンスがビッグボディばりに画面下から出現する全画面技などもある。
デフォルトでAIも用意されており、なかなかに強い。

後の更新によってクレスケンスが1ラウンド中1回のみと制限されるようになりその代わりクレスケンスを一回使った後ライフ50%以下の時3ゲージ使うことでフェイを召喚できるようになった。ただし約12秒のムービーが流れそれが終わるまでに勝負が決まらないとダブルKOというネタ技というか自爆技となっている(不利な試合も出して12秒持ち堪えさえすれば強引に引き分けにできるという意味では出し得技とも言えるが)。

更新で大人バージョンになって攻撃する技が追加された。これで一通り完成とのこと。


出場大会

更新停止中

出演ストーリー




添付ファイル