アラド戦記


概要

アラド戦記 とは、韓国のネオプル社が開発したスタイリッシュアクションMORPG。2009年にはTVアニメ化もされた。
二次元のベルトスクロールアクションで『くにおくん』シリーズや『ファイナルファイト』などに近い。どこかで見たような技も。

ワールドワイドでの呼称はDungeon & Fighters、略してDnF。もっともnだけ小文字にするのが面倒な人が多いためか、DNFが一般的
対人戦に力を入れているが、韓国テストサーバー含め度重なる調整が行われているにも関わらず、未だにバランスが世紀末である。
詳細は対人戦の項を参照。

日本ではハンゲームが運営を行っていたが、開発元ネオプルがネクソンに買収され、現在は日本運営も同社に委譲されている。

ゲームシステム


ゲーム概要

複数のチャンネルサーバから1つを選択し、最大4名のパーティを組み、専用のダンジョンマップにPTメンバーだけが移動するMO形式を採用。
敵を倒し金銭・アイテムおよび経験値を獲得し、レベルアップすることで新しいスキルを習得していく。
チャンネルには固有の地域名が設定され、該当地域のダンジョンを攻略する際、経験値にボーナスが加算される。

マップはいくつかの小さなフロアに区切られ、隣のフロアへの通路を通って進んでいく。
フロア内に敵がいると通路を利用することが出来ず、よってフロアの敵を全滅させながら進む必要がある。

ダンジョン内で力尽きた場合、コンテニューコインを使用することで
HP/MP、スキルクールなどを最大回復しパーティリーダーの座標に復活する。
コンテニューコインは課金アイテムだが、ギルドレベルを上げる、イベントによる配布の他、
日本時間午前6時を一日の基準とし、前日にコインを消費していた際に限り、規定枚数のコインが支給される。
またこの支給コインは1枚~2枚が主だが、キャンペーン期間中には大量の枚数のコンテニューコインが支給されることもある。
支給コインは前日に消費がなければ切り捨てられるため、期間中は回復剤を利用せず、HPやMPがなくなったらコイン復活で回復するといった荒業も。

操作

上下左右の2軸と攻撃・ジャンプ・スキルA・スキルBの4ボタンを基準に、スキルショートカット12個、アイテムショートカット6個を設定可能。
スキルAキーを押下すると職毎にごく初歩的なスキルを使用出来る他、攻撃系スキルのコマンド入力に利用される。
スキルBキーは初期段階ではそれ自体意味を成さず、後に習得するBuff(身体強化)スキルのコマンド入力に用いられる。
ゲームの性質上簡易的なコマンドが多いが、例外的にショートカットを利用しなければいけないスキルも存在する。
また、キーボード操作を想定しているため斜め入力が存在しない。(626+Z、866+Zなど)
韓国や一部地域ではコマンドカスタマイズによってそれぞれのコマンドの割り振りを変更することが出来る。

実際の操作にはキーボードを用いるか、外部ツールにて設定したジョイパッドを使用する。
一時期は連打入力のためのJoy to Keyなどのソフトが容認されていたが、DNFでは全面的に禁止と明言されたようだ。
連打機能を持つハードウェアも引っかかっているようだ。

職業

鬼剣士(男・女)、格闘家(男・女)、ガンナー(男・女)、メイジ(男・女)、プリースト、シーフの6職8キャラが存在(11年7月現在)
それぞれ派生職がだいたい4つずつある。

+ 派生職一覧

対人戦

バトルロイヤル、チームバトル、KOFお馴染みの勝ち抜き戦、デスマッチなどのルールが設定出来る。
キャラクター間のレベルによるステータス格差を埋めるために補正が存在し、この補正は「決闘レベル」として表記されている。
主に低レベルキャラクターの攻撃力は非常に大きく、高レベルになるほど低くなる。

公式国際大会が催されるなど対人戦は力を入れられているが、レベル・装備、および取得スキル差を埋めるための強引無茶な修正が目立つ。
バランス調整のひどさ、ゲーム本編とかけ離れたキャラクタ使用感などから、大多数のユーザは無関心である。

公式大会の様子

初期のDnFには決闘によってしか得られないポイントを必要とするクエストが複数あるなどプレイヤーを決闘へ誘導する意図が見られたが、
現在は最低限にとどまり、このポイントも一部ダンジョンで得られるようになっている。
なお、DNFでは2010年7月のアップデートで決闘関係のクエストが消滅したのだが、現環境では決闘ランク一段にならないと他職のLv20スキルを習得できなくなっている。
それを担当していたNPC? 覚醒クエストの担当官になりました。

+ 狂気のシステム:街決闘

対人戦のバランス

ガードは鬼剣士系職業、遠距離に限りレンジャーのみ使用可能。
サムスピぐらいに刺さったら負けなゲームで縦軸の広さとアーマー付きスキルが扱いやすいキャラほど強キャラとなりやすい。
例外としてメイジの天撃やシーフのシャイニングカットなど、見切りにくい突進攻撃が優れていてコンボへの持ち込みやすさが強く評価される職もある。

モンスター相手のアクションゲームを無理やり対人用に仕立て直しているわけだが、
その対モンスターのシステムが事ある毎に(過剰な)バランス調整を繰り返しているため
いかにシステムに手を入れようと十割、永久、ダイヤ10:0などが頻発。およそ公平などという言葉とはかけ離れた内容であり、
はっきり言ってしまうと良好ではない。むしろ世紀末である。
キャラクターバランス調整のたびに最強の座がくるくると入れ替わり、その都度該当キャラが「決闘お断り」とされてきた。
Second Impact付近の決闘バランス調整によって立ちコンを続けるとダウンするようになったことで10割コン自体は少なくなったが、
それは立ちコンしか活路を見出せない職を殺し、浮かせから7~8割を余裕で持っていく職に台頭を許しただけであった。
スキルの取り方などで戦い方が変わる職業もあるため職業ごとのダイヤグラムを付けることは厳しいが、スキルや装備性能から大まかなキャラランクは存在している。

低レベルのキャラクターにはステータス補正が適用される。この補正はレベルによる装備やスキル差を埋めるためのもので、非常に大きな補正を得る。
必要最低限のスキルをそろえ、ステータス補正の強力な装備品を集めて強化した低レベルキャラクターは「補正キャラ」と呼ばれる。
補正キャラの可能性

また、高レベル帯の強力なスキルによる即死を防ぐためスキル毎に設定されたクールタイム(再使用可能までの時間)や持続時間、判定が調整されるなど、
レベル差の大きいプレイヤーや違う職業どうしでも決闘をできるだけフェアな条件で楽しめるように様々なシステムが存在している。
・・・のだが、度重なるアップデートにシステム改修が間に合わず、現在は高レベルほど補正も高いという混沌とした状況にある。

これら格差是正のため、現在本家DnFには装備格差を排するためにPVP専用装備を用いる「公正な決闘」ルールも実装されている。



+ よくわかる世紀末っぷり

MUGENにおいて

本作からは数多くのMUGENキャラクターが製作されている。それぞれのプレイヤーキャラクターについては職業内のリストを参照されたし。
また、MUGENということで他の二次職のスキルを取り入れたハイブリッドキャラクターも存在している
そしてモンスターや召喚物をキャラクター化したものも存在している。それについてはこちらで紹介する