ビーストボーイ


アメリカのDCコミックの作品に登場するヒーロー。
初出は1965年の『The Doom Patrol #99』である。
また、アニメの『ティーンタイタンズ』にもメンバーの一人として出演している。
某青い毛玉の若い頃ではない。…アマルガムだとそいつと合体したけど。

本名は、ガーフィールド・マーク・”ガー”・ローガン
幼い頃にミドリザルに噛まれて病気を発症し、両親は治療のために開発中の血清を使った。
その結果、動物に変身する能力を得たが皮膚と髪が緑色になってしまった。
両親がボート事故で死亡した後は殺されそうになったところをヒーローチーム「ドゥームパトロール」に拾われる。
以降は「ビーストボーイ」を名乗ってヒーロー活動に従事するようになった。
その後タイタンズにも参加、一時期「チェンジリング」に改名していたが現在は元に戻している。

能力は、上記のように動物に変身するもの。
ネズミから始まって、ゾウライオンティラノサウルスにも変身できる。
体重もそれに伴って変動するため、飛行や格闘戦などさまざまに応用できる。
アニメではタマラン星の生き物にも変身してみせたり(本人曰く 野生の勘 )、
なんと微生物のアメーバにまで変身している。よくちゃんと元に戻れるもんだ
またヴィランとの戦闘中に化学薬液を被ってしまい見たこともない凶悪な獣に変身する能力も得た。
ただし、変身しても体色は変える事が出来ず、 全て緑色 のため変装には向いていない。

性格は若干軽めのコメディリリーフだが、結構きつめの体験もしていて内面は複雑である。
恋人だったテラがスパイだと判明したりと、チームメイトのロビンと比較して薄幸ぶりが目立つ。
アニメ『ティーンタイタンズ』ではもう少しイタズラ好きの側面が強化されているが、オリジンはだいたい原作と同じ。
チームメイトとは良好な関係であるが、特にサイボーグとは親友同士である。
動物に変身するせいかベジタリアンであり、料理を任せると豆腐ばかり出てくるのでこの辺りではサイと意見が対立している。


MUGENでは


MUGENキャラの開発チームであるMarvelvsdc名義のものが公開されている。
完成度はベータ版の最終版とのことで、十分使用に耐えうる。

やはり動物に変身して戦うスタイルなため、必殺技も突進技が多い。
反面飛び道具は持っていないため、逃げ回る相手だと追いつくのが難しい。
ヘルパーも呼ぶことができ、地上ではテラかサイボーグ、空中ではスターファイアーかロビンが来る。
……なにゆえレイブンがハブにされているのだろうか。
超必殺技ではアマルガム合体して「ビーストリング」になる技と、ドゥームパトロールのメンバーを召還する技がある。

AIはデフォルトで搭載されており、簡易ながらコンボも組むようになっている。

ちなみにアメコミ版のビーストボーイも製作・公開されている。

出場大会



添付ファイル