エスメロード


武内直子の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』に登場する敵キャラクター。
第2シリーズ『R』に登場した「ブラック・ムーン一族」の一人で「翠(みどり)のエスメロード」の異名を持つ。
担当声優は小山茉美氏。リメイク版『美少女戦士セーラームーンCrystal』では桑島法子氏。

(以下、Wikipediaより。一部加除)
ブラック・ムーン一族の上級幹部の紅一点。緑色の長い髪ジュリアナ扇子(原作では持っていない)が特徴。
原作ではワイズマンから妖獣の手を与えられていて、ネメシスに入ってきたセーラームーンにこれで攻撃するが、あっけなく倒された。

アニメでは高飛車な性格で高笑いが特徴的で、自分のことを最強にして最高の美女と断言している
ルベウスが失脚した後、十番街攻略の役目を任され、ダルクヘンジと呼ばれる特殊な「邪黒水晶」を街の随所に打ち込み
暗黒ゲートを開いてあらゆるものをダークパワーで汚染する計画を実行する。
デマンドに片想いしていたが、その想い故に彼が想いを寄せるセーラームーンに嫉妬しており、後にセーラームーンの命を狙うようになる。
また、デマンドがセーラームーンを攫った際にはデマンドがセーラームーンの救出に来たタキシード仮面を攻撃しようとするのを妨害した。
同じくデマンドに想いを寄せるサフィールの台詞でそのことが示唆されている)

やがてセーラームーンへの嫉妬からワイズマンを利用してさらに強大な力を得ようと企みワイズマンと手を組んだが、
逆に彼から唆されるままに自身で制御できないほどの力を手にしてしまい暴走。
その精神から巨大なドラゴンの姿へと変化し、暴走するままにクリスタルトーキョーを襲撃するも、
セーラー戦士達に倒され、その際に魂が消滅する趣旨の描写がなされた。

命名の由来はエメラルドの語源となったラテン語の「緑色の石(Esmeralda)」。英語版ではそのままEmerald(エメラルド)という名前になっている。


MUGENにおけるエスメロード

Poshpsylocke氏によるコンプゲー『セーラームーンX』のものが公開されている。
スプライトはSFCの横スクロール格闘ゲーム(ベルトアクションゲーム)のものを、
ボイスは恐らく海外アニメ版のものを使用しており、ディスプレイネームも英語版の「Emerald」となっている。
1ゲージ必殺技が強力で、AIも惜しげもなく使ってくれる(尤もセーラームーンX自体必殺技の威力がかなり高いのだが)。
原作中でもボスキャラに近いポジションであるためか、ワープに3wayなどキャラ性能は高い。
現在は氏のウェブサイトからMUGENのコンテンツが無くなっている。

+ 大会ネタバレ

出場大会



添付ファイル