ブリムストーン

アメリカのDCコミックの作品に登場するヴィラン(悪役)の一人。
初出は1986年の『Legends #1』。記念すべき第一回である。
なお、ブリムストーンとは硫黄を意味する。

本名はない。ダークサイドが製造した地球侵略用の人工生命体なので。
どうも余計なことを吹き込んだようで、 「我は怒れる神に遣わされた復讐の堕天使なり」 などと言っていた。
まあ、ダークサイドはぶっちゃけ神様なので当たっていると言えば当たっているのだが。
ダークサイドの本当の意図については知らされていなかったようで、「罪深き人間を滅ぼして地球を浄化する」とも言っていた。
自分自身を本当に天使だと思いこんでいた節も見受けられる。
米国にやってきて大暴れしたが、ジャスティスリーグのメンバーによってラシュモア山に封印された。
その後も性格は直らなかったようで、自分に挑む挑戦者を待ち望んでいる。

能力は、プラズマでできた体に由来する物が多い。
地球の原子炉に謎物質「テクノシード」を埋め込んだ結果、 「固体の性質を持つプラズマ」 ともいえる体になった。
このため、掴んだ物は燃えるか熔けるか蒸発するかしてしまう。
エネルギーの投射も可能であり、目や口から放出したり、エネルギーブレイドを作ることも可能。

MUGENでは


海外の制作チームであるMarvelvsdcによるものが公開されている。
完成度はベータ版だが、「とりあえず作りたい技がなくなった」段階なので十分である。

結構サイズがあり、ハルクより一回りか二回りは大きい。
作者も中ボス用として作ったようである。たぶん、ボスはダークサイドなのだろう。
技は基本的なところがバランスよくそろっているが、動きがあまり速くないので状況にあった戦い方が必要である。
AIはデフォルトで搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [ブリムストーン]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル