ザン・タカハラ

 CITY SWEEPER 001

    ZAN-TAKAHARA

 生年月日:2011/1/5
 年齢:32
 身長:177㎝
 体重:78㎏

アイレムが1992年に発売した、ひよこを食って体力回復でおなじみのベルトスクロールACT『アンダーカバーコップス』の登場人物。
漢字で書くと「高原 斬」。コードネームは「LIGHTING SLUSHER」。3人の主人公の中の一人である。
全米チャンピオンになるほどの腕を持つ空手家だったが、恋人を守るために人を殺してしまい、表舞台から姿を消した。
そして現在は文字通りアンダーカバーコップである。
(本来の意味は「秘密警察」だが、本作品では犯罪組織に対抗する為の保安官派遣組織(傭兵)の事の様だ)
なお同社のSTGゲーム『海底大戦争』の2P・高原仁(タカハラ・ジン)は兄。ちなみに1Pは仁の妻・麗(レイ)。
知力25とは関係ない。

3人の中ではバランスタイプ。技のバランスは良いが、その分秀でている所がないとも言え、
アメフトパワー野郎・マットや 鋼鉄の尻を持つ女 ・ローザに比べるとクリアはやや難しいと言われる。

ダッシュがクセのあるステップなので機敏には動けてもそれほど最高速度は出せない。
技は当然空手のものだが基本コンボが少々変わっており、「ハイキック連打→正拳突き→ジャンプして空手チョップ」という構成。
レバーの方向によってはカラテチョップが飯綱落としに変わり、そちらだと芸術点が加算される。
しかも1upは芸術点を取った回数で決まる(全キャラ共通)。

前述の通り飯綱落としを持つ(連続技以外でも使える)上、「掴んで連続ビンタ」など、本当に空手技か疑わしい物もちらほら混ざっている。
まぁゲーム自体がカオスの権化のような代物だから、それほど目立っているわけではない。

超必殺技は空中で気を練り複数の気弾をばらまく「斬気弾」。
SFC版では処理の関係で画面いっぱいに広がる爆風が モザイク 状だった為、ネタにされた。

 そして彼を語る上で外せない話題は、コミックゲーメストに連載されていた
 古葉美一による漫画版アンダーカバーコップスであろう。
 原作の後日談という事になっているが、原作が「真面目だがズレている」のに対し、
 こちらは完全にギャグマンガであり、輪をかけてカオス。
 しかし一番カオスなのは古葉美一が後の氏賀Y太であるという事実かもしれない。
 よいこのみんな(とグロが苦手な子)はググっちゃいけないぞ。
 アンダーカバーコップスとのやくそくだ!
AC版 SFC版


MUGENにおけるザン・タカハラ

brown氏によるものが公開されている。
原作と違って前ダッシュできるようになっているが、後ろへはバックステップする。
必殺技は2つしかないが、範囲の広い「斬気弾」がやはり使いやすい。

AIは未搭載のようである。

出場大会




添付ファイル