来須蒼真


コナミのゲームボーイアドバンス用ソフト『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』及び、
続編のDS用ソフト『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』の主人公。「くるす そうま」と読む。
年齢は前者は18歳、後者は19歳。担当声優は 緑川光 氏。

白髪の青年で、何処となく威圧感や近寄りがたい雰囲気があるものの、
幼馴染の白馬弥那をはじめとした親しい人たちに対しては、普通の青年らしい打ち解けた様子を見せる。
……という設定になってはいるが、悪魔城の存在にちょっとビビったり、上っ面だけ丁寧な敵にコロッと騙されたり、
普通の気の良い兄ちゃんにしか見えなかったりもする。初対面の相手にも結構フレンドリーに話してるし。
また、使用する技によっては「必殺!」とか叫んでみたり、テンションがあがってくると熱くなる性格のようだ。

ちなみに海外版では「Soma Cruz」と名前はあまり変わっていないが、日本人ではなく留学生という設定になっている。
どう考えても日本人には見えないから仕方ないね。

+ キャラクター設定
+ 蒼真とカレー
余談だが、『悪魔城ドラキュラ』シリーズには『ジョジョの奇妙な冒険』のパロディがよく含まれていることで有名だが、
作中でもそのまんまの「時間を止める」技を使えたり、「無駄無駄無駄ァ!」と叫んだりする。
しかも同作発売後、緑川光氏は第一部ゲーム&映画でディオの声を当てることに……なんという偶然。

+ 支配の力の間違った使い方

+ TAS動画における蒼真


MUGENにおける来須蒼真

海外製作者のHadoabuser氏が製作した蒼真が存在する。
GBAのドットを用いており、数々の武器や体術、召喚術を用いて戦う。
特にゲージ技になかなか強力なものがあり、ポーションで回復したり、3ゲージ消費でハイパーモードになったり、
2ゲージ技の「Chibi Maou Meshidasu(……多分「召喚」と言いたいのだと思われる)」で動けない相手をボコったりすることができる。
魔王に変身して突撃しちゃう技もあるが……まあ、ちゃんと元に戻ってるから大丈夫だろう、多分。
AIも搭載されているため、他『悪魔城』キャラ共々、今後の活躍に期待したい。

shadow099氏により製作された蒼月ドットの蒼真も存在。
上記の蒼真よりも多くの武器や召喚術で戦う。デフォルトで若干ぶっぱぎみのAIも搭載されている。
性能面では''ヒットすると蒼真が新たな攻撃を始めるまで動けないほどの長い硬直で、追尾性あり、
出す前に潰そうにも外してもニュートラルに戻るまで完全無敵でノーゲージの''突進技
(これは、氏の悪魔城キャラでは奪われた刻印のキャラであるシャノアとアルバス以外には全員付いている)や、
相手の体力がMAXでもそんな事はどうでもいいとばかりにあっさり十割持っていく全ゲージ消費技など胡散臭い所も多い。

また、ニコニコ動画内でも製作中の蒼真がいるようだ。

出場大会



添付ファイル