リゾット・ネエロ


「オレはおまえに……
          近づかない」

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第5部『黄金の風』の登場人物でスタンド使い
元暗殺チームのリーダーで劇中最後に残った一人。1974年、シシリー生まれの28歳。
名前はイタリア語で「イカスミリゾット(雑炊)」の意味。
ちなみに第二部でスパゲッティネーロ(イカスミのスパゲッティ)が出てきたこともあったりするので、
古くからの読者は既視感を覚えた…かもしれない。
全身を黒づくめに基調し、ベルトチックなバストデザインとボーダータイツで〆た服装。
愛用のフード風の帽子も真っ黒。上の画像にチラッと見える球はフードのアクセで、全部7個ついてる。
球にはアルファベットが1つ、大きく彫られている(文字はそれぞれリゾットのスペルであるR、I、Z、O、T、T、Oの7つ)。

破壊力 - C スピード - C 射程距離 - C
持続力 - A 精密動作性 - C 成長性 - C
スタンドの名は『 メタリカ 』。彼自身の体内に潜んでいる。名の由来はアメリカのヘヴィメタルバンド「Metallica」から。
形は映画『もののけ姫』に登場するコダマのような無数の群体で、数あるスタンドの中でも非常に奇妙なもの。
鳴き声を発するので多少の自律性があると思われるが、基本的にリゾットの意思通りに能力を発動できる。
またその「ロォォド」という奇妙な鳴き声もMetallicaのアルバム「LOAD」から取っていると思われる。

能力は磁力を操り相手の血液内の「鉄分」等、あらゆる鉄を操作でき、砂鉄を身に纏い周囲の風景に溶け込むことも可能。
血液中の鉄分を操ってハサミやカミソリ、針といった刃物に変化させ、肉体を内側から破壊するという非常にエグい攻撃方法も可能。
仮に刃物で死ななくても、血中の鉄分は当然失われる為、血中の鉄分によって酸素を運搬している人間及び生物は
酸欠で死ぬというとても厄介なスタンドである。
また、周囲の無機物からも鉄分を集めて凶器を生成できる為、暗殺には持ってこいの能力。
……因みに実際には血中の鉄分量はごく僅かで、ハサミどころか針一本作るにも足りない程度なのだが、
その辺りのツッコミは野暮というものだろう。
HBの鉛筆をベキッ!とへし折ることと同じようにッ スタンドを操るということは出来て当然と思う精神力なんですぞッ!
まあ、砂鉄にした所で隠れるほどの量を集めるのは大変なので、スタンドエネルギーで掌握した鉄の量を
増す事が出来るのかもしれない。
(事実、第三部のストレングスはスタンドのエネルギーで小舟を巨大な船に変えている)

彼が14歳の時、いとこの子供が飲酒運転による自動車にひかれ死亡。
社会はドライバーを数年の刑で済ませたが、彼は決して許しはしなかった。
4年後 18歳の時そのドライバーを暗殺。以後リゾット・ネエロは裏の世界で生きる事となる。
21歳の時「スタンド使い」となり、チームの一員となると組織の脅威となる者は
だろうとアメリカのギャングだろうと全て排除してきた。失敗は一度もない。
しかしチ-ムが評価されない事に反感を抱いていた矢先、ボスの正体を調べていたチームのうち2名が処刑され、
リゾットのチームはボスの娘であるトリッシュのうわさが流れるまで 「首輪」 をつけられた状態になっていた。

+ 「暗殺チーム」とは

……ところが、リゾットだけはもう1つの首輪をつけられていた。 「空気」 という名の首輪が。

+ 原作でのリゾットの存在(ネタバレ注意)

+ そんな苦労の多い彼の結末(ネタバレ注意)

しかし、主人公一行とはほとんど接点がないため、ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風』では大幅に出番が削られている。
人気の高いキャラにもかかわらずデモムービーにしか出ていないのが惜しまれる。

『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』にいたっては、スタンドが鳴き声つながりでロード画面の端っこに出てくるだけという始末。
とはいえ、頻繁に見るロード画面に出られたのはある意味幸運なのかもしれない。本体は影も形も無いが。
暗殺チームリーダーの明日はどっちだ。


MUGENにおけるリゾット・ネエロ


MUGENではメタリカ氏がおよそ2年の歳月をかけて制作。
声はドラマCDからポルナレフと同じ根岸朗が使われている。
メタリカで作ったナイフを飛ばしたり設置したりする他、原作のように姿を消すことも可能。
また一部の必殺技(体内攻撃)はガード不能だが、味方もダメージを受けてしまうためタッグ戦にはやや不向きである。
スパコンは当身、大量のメスと、前述のエアロスミスを召喚し相手を攻撃させるものがある。
原作ではエアロスミスに自分ごと撃たせようとしたが、MUGENでは自分にダメージは無い。
ちなみにボタンによってスパコンの攻撃方法&演出が異なり、エアロスミス召喚ではリゾット本体が掴みかかるバージョンも。
そして、前述のガー不攻撃はリーチが長すぎるのに隙が全くと言っていいほど無かったのだが、更新により大幅に隙が大きくなり弱体化した。
それでも複数のガード不能攻撃を含む多くの使い勝手の良い技を持ち、劇中の実力に見合ったかなりの性能を誇る。
最新版(2011.4.28)ではジョルノブチャラティマグニートー、そしてまだMUGENに参加していないドッピオなどに対する特殊イントロがある。


デフォルトAIが最近搭載された模様。
画像の無断使用は禁止だがAIなどの制作は自由との事で、おまけの人氏とオレオ氏がAIパッチを公開している。
後者を導入するといくつかのバグも修正されるようだ。
ニコロダにも有志制作のAIがアップされていたが、ロダ休止により現在はDLできない。

おまけの人氏のAIはいつもの氏らしく全く自重せず、金ジャスティスくらいならハメ殺してしまう。
しかし、前述の弱体化によりそれは厳しくなった(それでも強キャラ程度ならハメられるのだが…)。
開幕と同時に姿を消して遠距離からガー不攻撃を容赦なくかましてくるため、人操作だと軽くドッピオの気分を味わえる。
(更新により姿を見せるか見せないかは設定出来るようになった)
また近寄って殴っても当身(投げすら取れる)で返されるため、正攻法での撃破は難しい。ガー不攻撃の隙を突こう。

オレオ氏のものはガン攻め接近戦よりの戦い方で、姿を消すこともほとんどなく、消してもすぐに出てくる。
ガー不攻撃の使用条件も設定可能であり、最大設定でも単体でのぶっぱはしない。
しかしガード不能技以外も色々とぶっ飛んだ性能をしており、
設定次第では10割コンボまで使ってくるため、こちらはこちらで自重していない。

+ 頂上対決チームトーナメントIIネタバレ注意

↓VSアルの人(デフォルトAI)

出場大会