ローリング・ストーン(ズ)


「無事を祈ってはやれないが彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう…
 目覚めることで…何か意味のあることを切り開いて行く『眠れる奴隷』であることを…」

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第5部『黄金の風』に登場したスタンドで、第5部のエピローグ『眠れる奴隷』に登場する。
名前の由来はロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」であろう。

本体スコリッピという彫刻家の青年。冒頭の台詞も彼のものである。
頭に巻いているヘアバンドが茨のように見えたり両掌を撃ち抜かれたりと、イエス・キリストモチーフにしているのが伺える。
名前は「彫刻する」の意のイタリア語の「scolpì」からか。

+ 能力解説

+ フリーゲーム「ディアボロの大冒険」では

MUGENにおけるローリング・ストーン(ズ)

リゾット・ネエロを製作したメタリカ氏の手書きのものが存在。
原作の能力の再現かスタンドのみが戦い、その攻撃は一部のキャラを除きほぼ全て即死になっている。
一言に即死といっても色んな即死が詰まっているが、どの道普通のキャラは死ぬ。
一見出落ちだが回り込みや挑発があり、スコリッピが背景にいたり勝利・敗北時演出やカットインまであるという凝りっぷり。
普通に撃破は可能なので、試しに相手してみて逃げ回る練習をしてもいいかもしれない。
でも、どうしても撃破できない人はミスタを使ってみるといい。
キャラ性能としては無駄にAIがあり、原作通りひたすら迫ってくる。
リゾットと同じ場所で公開中。

+ ローリング・ストーン(ズ)の攻撃集、相手は死ぬ

  「われわれはみんな『運命の奴隷』なんだよ
  それがぼくの能力―――『ローリングストーンズ』の意味なんだ」


出場大会



添付ファイル