ブラスター


「重火器の引き金は慎重に引かなければならない。何しろ一発が重要だ。人生も同じだと思わないか?」

オンライン横スクロールアクションゲーム『アラド戦記』のプレイヤーキャラクター。
ガンナーの二次職業であるランチャーの中で十分に能力のある者に限り、アラド大陸の遥か上に位置する天界の衛星にコンタクトを取る権限を与えられた者を指す。
彼らはどこでも見ることができる衛星のカメラと、大地を追跡するビームを使用することができ、天界人の人々は、このようなランチャーをブラスターと呼んだ。
ゲーム内でのランチャーは設定上、皇都守備隊というエリートへの近道とガンナー系のスキルを教えてくれるみんなのトラウマキリが言っている。
+ プレイヤー側からの視点

遠距離攻撃を得意とするガンナーの中でも重火器の扱いに長けていて、ガトリングや火炎放射器はもちろんのこと、対戦車砲やレーザーライフル
挙句の果てには陽子爆弾の援護射撃やエキストルーダーと呼ばれる空間を歪めるほどの出力を持つエネルギー弾を発射する装置などを使用できる。
+ 実際のところ

原作対人戦でのブラスター


決闘では相手のY座標が分かるため、 覚醒パッシブなにそれおいしいの? な扱い。
主に隙の少ない火炎放射二種とシュタイアを回していく。
中でも火炎放射は出してすぐ攻撃を中止しても持続が残るため、牽制として振りやすい。通常は縦軸が、強化は横軸に強い。
陽子爆弾は相手を浮かせてからコールするもののようだ。
キャラクターランクとしては中の下に位置し、女ランチャーとの差異として「男は無理ゲーが少ない。女は勝てる相手が多い」とされている



MUGENにおけるブラスター


デスペラードなどのアラド戦記キャラを手掛けるsedec氏が製作・公開している。AIは現在のところ未搭載。
見た目はデスペラードと同じくデフォルトの男ガンナーのアバターを使用しているため、容姿がかなり似ている。
具体的には背中に大きな重火器を背負っているかどうかと、煙草を吸っているかどうかが違い、それ以外は同じ。
戦闘開始時に武器を選択することが出来るが、現行のバージョンでは見た目以外の差は無いようだ。

スキルコマンドは完全再現されていて、斜め入力などが入るとコマンドが成立しない。
理由としては、cmdがこうなっているから仕方ない。
スティンガー
[Command]
name = "stinger"
command = ~B, D, F, a
time = 20
分からない人のために説明すると、コマンドを←↓→+aで入力しないといけなく、斜め入力が入ってはいけないということである。
このため逆に再現になってないのはご愛嬌と言わざるを得ない
キーボーダーの場合、この手のコマンドを原作で入力する場合は放ちたい逆方向にキーを入れてから↓→、もしくは↓←とコマンドを入力すると成功しやすい。
原作は入力猶予が少し長いものの、こういう半回転っぽいコマンドは威力が高いとか、先述の↓→コマンドを振り向き様に出す際の暴発が怖いから即封印してショートカット送りだが。
通常の半回転コマンドの場合
command = ~B,BD,D,DF,F,a
この場合はテンキー方式、右向きの場合41236+aコマンドということである
スキル自体はランチャー特有のものは全て実装、一部の一次職で習得できるスキルも搭載されている。
対空として出がかりアーマーのジャックスパイク(膝)とか。
スキル「抜き打ち」効果によって重火器部分で当てると相手を大きくノックバックさせることが出来るが、シュタイアを根っこからぶつけても弾が当たらないなどやや面倒な点を抱えている。

ニコニコでの活躍はAIが存在していないことで皆無。
一部のスキルがバニラアイス好きの病人のアレンジキャラに搭載されているので、スキル自体はそちらで見覚えがある人がいるかもしれない。

2010/12/28現在は公開が停止されている模様

出場大会

  • 「[大会] [ブラスター]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル