システマークラス

常に12人で構成され、宇宙12分割したそれぞれの12小次元を支配する者たち。
それぞれが次元の覇者であるため、互いが接触を試みることは不可能である。


同人ゲームサークル「 アンディー・メンテ 」がフリーで公開しているノンフィールドRPG、「ライヂング★スター7」に登場する敵。
正確にはジョブの名前であり、個体の名前ではない。別にMUGENの某神キャラ級の強さとかそういう意味でもない。というかあっちの元ネタがこれである。
「ライヂング★スター7」には70以上のジョブが存在し、プレイヤーもそのほとんどになることができるが、6つだけなれないジョブが存在する。そのうちのひとつ。いわゆる敵専用ジョブ。
(より正確に言うならば、プレイヤー側もなれるけど誰も方法を発見していないのか、本当になれないのか、それとも本来なれるはずだったけどバグでなれないのか不明)
ゲーム中では、後半に登場するストーリー的に重要なボスがついていることが多い。

また、アンディー・メンテが公開しているゲームには世界観がつながっているものが非常に多く、「システマー」はその世界観の中で重要な意味を持つ。
そのため、他のゲームにおいてもシステマーへの言及があったり、上位ジョブとして登場したりすることがある。

原作でのシステマークラス

ゲーム終盤のダンジョンを出現させるために必要なイベント、「HEAVENバトル」に出現する敵がMUGENキャラの元となっているため、ここではそのバトルで出現する敵の特徴を示す。
  • 戦闘開始時、味方メンバー(3人)は確実に石化、攻撃不可、防×0.3、瀕死のいずれかの状態になる。
  • 敵(4人)のレベルが味方の約5倍。つまり、味方のレベルが999(カンスト)の場合、敵のレベルは 約5000 となる。
  • 敵のジョブは全員必ず「システマークラス」。
  • 敵は全員、戦闘開始時<反>状態。よって、一部の技を除き、大抵の技が反射される。
以上の特徴から、このバトルの難易度はかなり高い。
戦略次第ではあるが、味方全員がレベル999でステータスもほぼカンストしていて、 HP2億 近くまで育てていても全滅しかけるほどキツい。
特に戦闘開始時点で2人石化などの状況だとほぼ詰みに近い。

MUGENにおけるシステマークラス

lunatic氏が制作したものが存在する。
原作ゲームの敵キャラ絵をそのまま使用した一枚絵キャラである。
元々は2010年エイプリルフールのネタであったが、やっぱり作ってしまった、とのこと。

移動は不可能で、代わりに全ての攻撃が全画面攻撃である。
使用する技は原作通り、「次元刀」「ディグニティのひとつ<水星>」「150億年周期改正」「ビッグクランチ」「6・テイ砲術」の5つ。

原作ゲームの戦闘がターン制なので、このキャラもまた完全なターン制となっている。
すなわち、攻撃ターンが自分と相手に正確に分かれており、攻撃時には一切攻撃を受けない。
また、常時<反>状態の再現として、毎ターンバリアを貼り、バリア中はダメージ無効かつ全ての攻撃に反応して全画面攻撃を行う。
このバリアはシステマークラス側の防御ターン時のみ、特定の即死攻撃によって剥がすことができ、以後その防御ターン中はダメージをそのまま通すようになる。
ただしバリアを剥がすことができる即死攻撃の性質は毎回変化するため、たとえ神上位キャラであっても、即死攻撃の頻度や運によっては全く削れない場合もある。

カラーによって強さ自体は変化しない。しかし出現数はカラーに比例し、たとえば4Pなら4体出現する。
2体以上出現している場合、死ぬと蘇生し、数が1体減る。この繰り返しで残1体の時倒すと撃破することができる。
ちなみにF1を押すと1体ずつ消えていく。

出場大会




添付ファイル