殺意の波動に目覚めたリュウ



キャッチコピー:(CVS)滅殺の波動
                                (IV)血戦の咆哮
代表国:日本
誕生日:7月21日
身長:175cm
体重:68kg
3サイズ:B112/W81/H85
血液型:O型
好きなもの:強者を倒すこと
嫌いなもの:弱者
特技:飛来する弾丸を躱す
格闘スタイル:不明
「心ノ臓 、止メテクレル!」

リュウが殺意の波動に目覚めたら」という「if」のリュウとも言うべき存在。
しばしば「殺意リュウ」や「殺意隆」と略される。海外名は「EVIL RYU」(正式名、直訳すると邪悪なリュウ)。
初出作は『ストリートファイターALPHA2』(=海外版『ZERO2』)だが、国内でその存在が話題になったため、
『ZERO2』の調整版『ZERO2 ALPHA』で国内作品初登場を果たすという、珍しい経緯を辿ったキャラクター。
豪鬼と同じく殺意の波動に呑まれ、力を振るうことのみに執着するようになった姿。
浅黒い肌に沈んだ色の胴着を纏い、いかにも堕ちた印象の風貌をしている。
口走る言葉も暴力的になっており、あたかも別人のようである。
だがその一方で、全ての登場作品において迷いを拭い切れない姿が描かれている。

SNKとのクロスオーバーではツキノヨルオロチノチニクルフイオリ(暴走庵)と対比されることが多い。

初出の『ALPHA2』の時点では性能が違うのみで、エンディングも含めてオリジナルのリュウのバージョン違いに過ぎなかったが、
国内初出となる『ZERO2 ALPHA』にて「殺意の波動に目覚めた」という設定に準じた台詞やエンディングが新たに追加され、
同作の勝利台詞では正気に戻ったときに「目覚めた」ことへの恐怖と後悔などを口にしている。
しかし殺意の波動の侵蝕は続き、最後の敵となる豪鬼との戦いでは意識が混濁した状態となっていた。
このとき彼に残っていたのは「豪鬼が剛拳の仇である」という認識のみで、そんな彼を豪鬼は「所詮は未熟者」と断じていた。
続編となった『ZERO3』では前作のように顕著な意識の侵蝕こそないが、その代わりに自我が徐々に崩壊しており、
殺意の波動とそれに目覚めた自分、そして修羅道を肯定するようになった。

『これが戦い...命の奪い合い!』

そして全ての者の想いを蹂躙した挙句、真・豪鬼と死合いを行う。
これを制すると、彼は豪鬼を「殺した」ことになり、殺意の波動に完全に魅入られた結果、力に呑まれ、第二の「拳を極めし者」へと変貌する。
ベガは、この殺意の波動に目覚めたリュウこそが自身にとっての最高の代替ボディであると目を付けており、彼を狙うようになった。
以降は力に呑まれた状態が標準化しており、外部作品に登場した場合もこの状態となっている。
なお、自身の個別エンディングがあるゲームでは、家庭用版『EX plusα』を除く全ての作品で、正気に戻ることなく失踪している。

NAMCOxCAPCOM』では特にこの設定が重視されており、リュウが殺意の波動に目覚めるストーリーがあり、
豪鬼と共に暴れ回り、瞬時に道着の色が変わったことについても盛大に突っ込まれている。


「勝利とは、滅する事なり!」

『スパIV』では過去作と違って胴着はボロボロになっており、胸には背後まで貫く巨大な傷が刻まれている
(狂オシキ鬼の「冥恫豪波動」によるもので、中平正彦作の漫画が元ネタとされている)。
キャラクター設定としては、これまでのような殺意の波動に次第に身体を乗っ取られていくリュウではなく、
狂オシキ鬼の「冥恫豪波動」で殺害された後、殺意の波動によって蘇生したという設定。
ゆえに、『ZERO』シリーズにあったような戸惑いの台詞もなく、殺意の波動に突き動かされるままの言動しか取らない。
だが、これでも元々のリュウの意識はわずかに残っており、挑発台詞の一つや、
オリジナルのリュウでアーケードモードを進めて殺意リュウが登場したときの殺意リュウの台詞で分かる。
リュウの意識から「元々これが自分が望んだ道だったのか?」と思ってはいるが、結局リュウの意識を完全に消すためにも動いている模様。
また、登場人物の中では殺意リュウを産み出した狂オシキ鬼以外では、のみが「力の主ではなく虜」であると、その本質を的確に認識している。

『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』にもダウンロードコンテンツとしてリュウが参戦。流れのままアスラと戦い、そして……

なんと『スパIV』版殺意の波動に目覚めた状態のリュウとの戦いも可能となっている。
リュウ自身は多くの作品とコラボすることが多いが、殺意のほうはあまり他の作品と関われる機会が少なく、
しかも2D基準ではなく3Dでの対戦というかなり珍しい事態とも言える。
こっちもこっちであっという間に道着変色してるよね
狂オシキ鬼も、豪鬼の参戦という形で登場している。

場所が月? 『 ストリートファイターEX 』では宇宙ステージもあったから大丈夫だ。
相手が神様? 『MvC3』で太陽神とか雷神とか異次元の神とかコズミックビーイング相手に殴り合っていたし問題ないさ。
『ドラゴンボール』でやれ? ごもっともです。

声は基本的には同作品でのオリジナルのリュウと同じ声優が担当する。
登場初期にはわざわざ別に録音せずにオリジナル用の声をそのまま使うことが多く、
作品によっては「波動拳!」などと技名は叫ばず、豪鬼のように掛け声を出すだけの場合もある。
『CVS』シリーズでは森川智之(『ZERO』シリーズのナッシュ役)がリュウの声を担当し、殺意リュウの声も兼任しているが、
この作品では声をオリジナルと一切兼用していないため、オリジナルとのイメージの違いが鮮明である。
『IV』では高橋広樹が担当しており、エコーの掛かったダミ声で、オリジナルとの違いを鮮明にしている。


ゲーム中の性能

必殺技はオリジナルのリュウをベースにしつつもやや豪鬼に近付いた性能へ変わり、阿修羅閃空滅殺豪昇龍瞬獄殺も使用可能。
ただしその性能はどれも豪鬼より少し下回る。
殺意の波動に呑まれているために真・昇龍拳は使えず、また完全に御していないためか多くの作品では斬空波動拳も使わない
(斬空波動拳が使えるのは『ハイパーストリートファイターZERO』の赤ISMのみで、さらに性能もかなり低い)。
主な欠点は豪鬼と同じく、防御力と気絶耐性が低下していること。
つまりは 豪鬼の下位互換 といった性能で、原作においてはやや印象の薄い存在である。
ダイヤグラムでもほとんどの作品で豪鬼を下回り、それどころか オリジナルのリュウを上回ったことも一度しかない
ただし『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』の殺意リュウだけは、
全てをぶち抜く波動拳(ゲージ消費なしで真空波動拳のように相手の飛び道具を掻き消して進む)、
さらなる強化版の龍哭波動拳(極太レーザー)のおかげで別格の強さを誇っていた。

『スパIV アーケードエディション』では、新しく追加された竜爪脚のおかげでコンボの火力が非常に高く、隙あらばごっそり体力を奪っていけるが、
やはり豪鬼と同様柔らかく、阿修羅閃空も弱体化してしまったため、過去作にも増して「ワンチャン高火力」キャラと化した。
滅殺豪昇龍はウルトラコンボになっているだけあって、演出が強化されている。
そのかわり、真空波動拳はリストラされてしまった。まぁ、滅・波動拳はあるけどね。
『AE ver.2012』では体力の増強、崩しの強化など様々な上方修正が施され、
元々ゲージ効率とセービングアタックはかなり強かったためキャラランクが向上。
『最強ファイターズ』を除いた歴代殺意リュウの中では最強を誇り、オリジナルにも匹敵する強さをもった。
そして『ウルIV』でもさらなる強化を施された結果、 キャラランクがオリジナルのリュウを上回るどころか最強クラスにまで評価される 事に。
『オメガエディション』では、「落陽波動拳」(波動拳は真上に上がった後、斬空波動拳のように斜め下に落ちる)、竜爪脚の上位互換である「竜咬砕」、瞬獄殺の下位互換である「羅刹哮」が追加され、豪鬼との違いをより鮮明にした。
呑まれた方が克服した方より強いってどういうことなの...



MUGENにおける殺意の波動に目覚めたリュウ

基本的にオリジナルのリュウの色違いとして搭載されていることが多く、単体の殺意リュウはあまりいない。
ただ、いわゆる「EVIL RYU」系凶悪改変キャラの(=前述の森川)ボイスで使われることは非常に多く、そちらのイメージが強い人も多いだろう。
+ G.D.T氏製 スパIIX仕様
+ あだむすきー氏製 ZERO3仕様
+ Kamekaze氏製 マブカプ2仕様
+ 悪咲3号氏製 SVC仕様
+ Don Drago氏製 4in1
+ 悪咲3号氏製 CVS2仕様
+ Phantom.of.the.Server氏製
+ Reuben Kee氏製作・EVIL RYU
+ Vyn氏製作・EVIL RYU
+ nejitumin氏製 スパⅣ仕様

+ 余談:「タミフルリュウ」について
その他にも、Legendary Ryuなど海外の狂キャラもいる。

出場大会

+ ...

出演ストーリー

DIOの喫茶店
MUGEN STORIES INFINITY(鈴木タツロウとして登場)
R&Yの①日 エロの波動 に目覚めたリュウ)
ブランドー一家(トムことうp主の分身)
魔法少女リリカルあきは
リュウが咲く!

「オレハ・・・・オレハ殺人衝動ヲ望ンダノカ?」