時雨

1・『幽☆遊☆白書』のキャラクター。 本項で解説。
2・『艦隊これくしょん』のキャラクター。 時雨(艦隊これくしょん)を参照。




「ワシを倒せたら手術代は返してやるぞ
――――心は、変わるものだ」

冨樫義博の漫画『幽☆遊☆白書』の登場人物。終盤の「魔界統一トーナメント編」で登場した。
名前は「しぐれ」と読む。大きなリングピアスが特徴的。CVは谷口節。
海軍本部の大佐ちゃんの愛刀とは関係ない。

本編では(むくろ)側近の77名の戦士(ただし一番格下)として登場し、飛影と戦って負けた。
その後、魔界統一トーナメントに出場するも、三回戦で蔵馬に負けて敗退。
魔界に来て間もなく黄泉の国のNo.2である鯱に苦もなく勝利した蔵馬をして完全燃焼を強いられたというから、軀の国の層の厚さが伺える。
(ちなみにこの時点で 飛影は軀軍のNo.2になっている ので、飛影と蔵馬の間の実力差にはとんでもないインフレが発生している可能性がある。時雨が飛影と戦ったときより強くなったということも考えられるが)
以降は軀の部下としてパトロールしているようである。
アニメ版では「軀様は二度の敗北を許さない」と言って身を投げるシーンが追加されたが、死体の描写がないことからその後の生死は不明。

本業は「魔界整体師」という、外科的手術で妖怪に能力を与える仕事。
飛影に邪眼を移植したのも彼である。なお、剣術の基礎もついでに施したようである。
営利目的ではなく、患者は「その人生に魅力があるやつ」で、報酬は「人生の一部」。
飛影からは、「探している妹を見つけても兄であることを明かさないこと」を報酬として受け取った。
躯に仕えるようになったのはそれより後のことらしい。
時雨は飛影と立ち会う前に、自分に勝てば手術代を返してやってもよいと言っており、単なる口約束なのかギアスのような何らかの術がかかるのかは不明。
だが飛影はもとより兄として名乗り出る気はなく、本項冒頭の「心は変わるものだ」はそれに対する台詞である。

武器は「燐火円礫刀(りんかえんれきとう)」という、魔界の猛牛の骨で作った巨大な円形の刃を使う。
奇妙な外見だが、斧の破壊力と薄刀の切れ味を兼ね備えた無双の剣である。
アニメではブーメランのように使い、森林の木々を何本も同時に伐採し、時雨の手元に戻るほどの威力を発揮していた。

MUGENでは

ssw777氏による、SFC版の『FINAL』仕様のものが公開されている。
妖力ゲージがMUGENには存在しないので、通常のパワーゲージを使っている。
飛び道具もなく、技の間合いもそろほど長くはないが、接近戦では隙も少なくかなり優秀である。
また、HPが250を切ると超必殺技「円礫乱舞」が使用可能となる。

AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会




添付ファイル