ビシャモン








「まずは じゃ! 次に じゃ!
   そして じゃアァーッ!!」

初出作品: ヴァンパイア The Night Warriors
出身地: 日本
生年月日: 1673年 誕生日は不明。
身長: 190cm
体重: 60kg(鎧のみ)
種族: サムライ

「呪いの武者」「返り血に嗤う甲冑」
ヴァンパイア』シリーズに初代より登場するキャラクター。
名前の由来は、仏教における天部の仏であり、四天王の一人である
CVは登場する全ゲーム作品において徳丸完氏が担当。OVAでは江原正士氏が演じた。

呪われた甲冑(般若)と刀(鬼炎)に取り憑かれ、狂える殺人鬼と化してしまった不運の男 *1
だが無事に『ハンター』までのエンディングで呪縛から逃れている。
よって『セイヴァー』でのビシャモンは上記のエンディング内容が反映されており、ビシャモンという宿主を失い行動できなくなったはずの般若と鬼炎が、
血や殺人への渇望が高まるあまり、宿主無しで動ける様になってしまったという設定になっている。
姿や動きが以前と変わらないのは、これまでに般若と鬼炎の手にかかった者達の怨念がビシャモンと妻おりんの代わりの新しい身体と人魂を形成しているかららしい。

何故未だにビシャモンの名を名乗っているかというと、
「ワシは死なん! 名を変え姿を変え 呪いつづけるのじゃァアア!!」
「あの男の名、いたく気に入った! 今も名乗らせてもろうとるワィ!」

…だそうである。(『セイヴァー』の勝利台詞より)

キャラクター設定

+ 呪いの鎧「般若(ハンニャ)」
+ 血を吸う妖刀「鬼炎(キエン)」
+ ビシャモンとの出会い
電波新聞社『ALL ABOUTヴァンパイアセイヴァー』より

+ おりん

朧ビシャモン

「魔を祓う傀儡」
『セイヴァー』から隠しキャラクターとして登場する、修行の果てに般若と鬼炎の呪縛を捻じ伏せ、逆にそれを操り装備することに成功した人間のビシャモン。
ドノヴァンやレイレイと同じようにダークハンターになったのだろうか。
ビシャモンとの外見の違いはカラーと霊魂の有無。戦闘前の登場イントロやエンディングが通常のビシャモンとは異なっている。

アーケード版『セイヴァー』では隠しボスに設定されており、全試合1ラウンドも落とさずEX技フィニッシュを規定回数こなすとED前に登場するという昔の真・豪鬼のような立ち位置にある。
それ故にアーケード版では使用不可だが、以降の作品(家庭版含む)ではプレイヤーキャラクターとして使用可能。
乱入してくる朧ビシャモンを倒すと隠しエンディングを見ることが出来る。
尚、ビシャモンを使用してCPUの朧ビシャモンと戦う場合、鎧の魂を身に移すという独自の演出が追加される。

『セイヴァー』(家庭版)のエンディングでは、般若は取り込んでいた魂をビシャモンによって全て解放され、蛻の殻となり要石に封印されている。
…また復活しそうな雰囲気も示唆されているが。

キャラクター性能

リーチの長さと火力の高さというヴァンパイア屈指の攻撃性能が強み。
特に「閻魔石」(十露盤板に正座させて上から重石を載せる技)後に「とが首さらし」(追い討ち専用1ゲージ技)を決めると3割減る。
しかし初代では唯一ガードキャンセルが一切不可能だったり、対空技がリバーサル時限定だったり(初代以降GCにも対応)と防御面に不安の残る性能。
『セイヴァー』では喰らい判定が大きい事から、近距離戦を挑まれると最終的に切り返す手段がGCしかなくなるという点と、「絡め魂」がしゃがまれると当たらないキャラに対して攻め手に欠けるといったところである。
加えて言うならば、連続技にしろ、不能ループ、ガードキャンセル、使い分けが必要な対空など、プレイヤーに負担をかける技が非常に多い。
よってその分強さに技量が如実に現れ、上級者が操るビシャモンはその圧倒的な攻撃力で一気に相手を屠る。
かのウメハラも『セイヴァー』ではビシャモンをメインキャラとして使用していた。
ゲーメスト主催の全国大会での優勝キャラのため当時は3強の一角であったが、現在のビシャモンの強さは当時の完成度の高いビシャモンとさほど変わらず、他のキャラの研究が進んだせいで当時ほど強さを発揮できずにいる。

DF(3ゲージ消費して一定時間性能変化)は「黄金帷子」。
発動中はスーパーアーマーとなり、「とが首さらし」が3ヒットするようになる。
DF中に「閻魔石」→「とが首さらし」と繋げると脅威の5割ダメージを叩き出す。

隠しキャラの朧ビシャモンは通常のビシャモンに比べるとステータス(攻撃力、防御力等)が高く、
その上高性能な新技が追加され元々高い攻撃能力が更に強化されている。
新技は「怒鬼炎斬」「鬼火束ね」「鬼嬲り」「鬼面砕き」(『セイヴァー2』のみ)という技が使用可能となり、元から有る「鬼炎斬」の性能は大幅上昇。
常時出せる上に出が早くなっている(通常のビシャモンは「絡め魂」からの派生、ガードキャンセル、リバーサルでしか「鬼炎斬」を出せない)。
ただし霊魂が無くなったことにより人魂を利用しての「絡め魂」「魂寄せ」「辻疾風」は使用不可となった。

凶悪な新規追加技の性能は以下の通り。
「怒鬼炎斬」は刀を振り回しながら突進し、最後に鬼炎斬を繰り出すという技。
近接戦闘に特化された朧ビシャモンには相性抜群。
「鬼火束ね」は腕から鬼の顔を象った炎を出しながら突進する技であり、技を出した際に出現する鬼の顔エフェクトには飛び道具をかき消す効果も。
「鬼火嬲り」はゲーム中の移動投げの中で最も前方への移動が速く、失敗しても自動的に打撃が繰り出されるという超高性能技。

CPU朧ビシャモンは各技の攻撃力がプレイヤー操作時よりも更に上昇しており、とりわけ「ES怒鬼炎斬」や「ES鬼嬲り」を喰らうと体力ゲージの3分の1は持っていかれる。
間合いを離すと高確率で「鬼火嬲り」か「怒鬼炎斬」を使用し、接近戦で隙を見せれば空かさず「ES切り捨て御免」によるラッシュを繰り出してくる。
更に飛び道具を掻き消す上に威力も高い「鬼火束ね」での突進など、隠しキャラだけあってゲームバランスを軽く超越しかけた強さを見せる。




「憤怒!
    鬼影!
        怒ッ声ィィィーッッ!!」


MUGENにおけるビシャモン

  • ビシャモン
+ 3㌶氏製作のビシャモン
+ E-FRY氏製作の真・ビシャモン
+ @猫さん氏製作の暴れビシャモン

  • 朧ビシャモン
+ E-FRY氏製作のプレイヤー仕様
+ E-FRY氏製作のボス仕様

他にもあまきち氏製作の朧ビシャモンが存在する。

+ 大会ネタバレ注意

出場大会

+ ...

出演ストーリー

+ ...

*1
『ハンター』までの時のビシャモンの体は「般若」に取り込まれており、青い肌の肉体は実体ではない。
ビシャモンの魂は甲冑の中に閉じ込められていたが、「般若」と会話することはできたらしい。

「ワシは人斬りが好きでのゥ! 三度のメシより好きでのォー!!」
「泣けィ! わめけィッ! もがけィッ! あがけィッ! 死ねィィィィィィッ!!」
「一太刀ィ! 二太刀ィ! 三太刀で昇天ンンン!!」
「刃ァーッ刃ッ刃ッ刃ッ刃ッ!! 冥土までまっぷたつじゃアー!!」