ミッフィー


「でも、へっちゃらよ。ミッフィーちゃんって、なんでもたのしくかんがえるてんさいなんです」

プロフィール

オランダのデザイナー、ディック・ブルーナが描いた絵本の主人公。
日本では、ミッフィーちゃんまたはうさこちゃんと呼ばれているが、本来の名前は「 ナインチェ・プラウス 」という。
プラウス家の一人娘で、両親とペットとの3人+1匹暮らしだったが、のちに第二子が生まれてお姉さんとなる。
寒がっていた小鳥のために小屋を作ってあげたり、転校生のダーンをたれみみくんと呼ばないように呼びかけたりするなど、正義感が強く、純真無垢で前向きである。
いたずら好きなところもあり、シーツでお化けごっこしたり、お店のキャラメルを盗んでしまったこともある。(結局こらえきれなくなってママにうち明けた)
宝物はおばあちゃんからもらったクマのぬいぐるみで、一時無くした時は、無表情なミッフィーには珍しく泣きながら一日中探しまわっていた。おばあちゃんが亡くなった後も大切にしているようだ。

口元が×(バッテン)で描かれており、これが元なのか昨今の他のウサギキャラの表情バリエーションとしてよく用いられるようになっているが、
これは鼻と口が合体したものである。簡単に描けるしウサギの顔の特徴をよく捉えたなかなか巧い表現だろう。
決して兎は黙れという意味ではない。口が四つにがぱっと開くわけでもない。

ブルーナの絵本は特徴的で、少ない色数でシンプルに描かれ、話も基本的に淡々と進んでいく。
そして何よりミッフィーをはじめとするキャラクター達は、常にこちらをまっすぐに見つめている。
これは、ミッフィーちゃんがカメラ慣れしているとかいうわけではなく、「キャラクターたちはいつも、本と向き合っているあなたのことを見ている」という、ブルーナの深い愛情のこもった意味があるからだそうだ。
なのでこっちみんなとか言わないであげていただきたい。




MUGENにおけるミッフィー

ミス氏の作成した手書きのミッフィーが存在する。
いわゆるチビキャラであり、しゃがんだりはできないようだが打点の高い攻撃は避けれるかもしれない。
らしく(?)蹴りでローキックを放ったり、3連続で攻撃する技や昇竜技も持っている。
現在は、infoseek無料HPサービス「iswebライト」終了とともにキャラ公開サイトが粛清され入手不可。


出場大会